山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

猫が死にました。 個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

猫が死にました。

今日は朝から忙しくしていると、

客間のウンコに気が付きました。

客のベッドにウンコ。


かなり急ぎだったんでほうっておいて帰宅後に片付けようかとも考えたんですが、

 「 世界のほっとけない貧しさ。 」 

ならぬ

 「 ほっとけない臭さ。 」 

で急いで掃除。



家の猫、

風呂に入れる際に驚いてウンコを漏らす以外はおそそは無いんですが、

今日は新入りのちび猫がトイレにいるんで気を使ったのでしょう。

まだまだそんな遊びは覚えない産まれたての猫です。(深)

やむを得ずここで漏らしたのでしょう。

仕方の無いことです。

むしろ、私の配慮が遅かったことが一番大きな要因です。




男女総合参画センターぴゅあ総合にスタッフを降ろして私は別の現場へお仕事に。

甲府市 男女共同企画参画センター ぴゅあ総合 2006/10/1

甲府市 男女共同企画参画センター ぴゅあ総合 2006/10/1 プログラム




16:00頃帰宅。

捨て猫用にと、

帰りに100円ショップで新しい容器を買って来て、

タオル、水、エサの容器を沿えて、

猫のお家を作りました。

エサを与えても、口は動いているが喉は動いていない 「うらちん」


あれ!?

あまり動かないし、泣きません。

困ったぞ…。

柔らかいタイプのエサをさらにお湯に浸して与えていたのですが、

もしやこれすら食べられないのかも…。



とりあえず水や野菜ジュースにマルチビタミン&ミネラルの錠剤を砕いたものを混ぜて飲ませようと試みました。

少しは飲むのですが、

だんだん動かなくなっていきます。

15分後動きが止まりました。

…、

でもまだ体はあったかい。

…、

ダメだ。

何をしていいか解らない。

とりあえず動物病院へ行くしかないと思い、

「うらちん」と一緒に動物病院へ 車内にて


大里のながさわクリニックへ

大里の動物病院の名医と名高いながさわさん


ダメだ。やってない。

大里の動物病院の名医と名高いながさわさん


そおいや日曜日だった…。
(私には曜日の感覚がありません。)

他の病院は、、、

昭和町のイトーヨーカドー近くの笠松病院へ

昭和町の名医と名高い笠松さん


だめだ、

ここも、、。

おそらくもう、

うちを出る頃には死んでいました。

そんなこと解ってたんですが、

今の医学の力で、

もしかしたら何とかなるかもって!?って思うと、

出ずにいられませんでした。

でも、

もう諦めが付きました。

死んで暫く経ってます。

おやすみ。 さようなら。 うらちん。


おやすみ。「 うらちん (前号参照)」

そして ごめんね。

おやすみ。さようなら。うらちん。



ちょっとだけ男泣きしそうになりましたがぐっと気持ちを持ち直して我慢。

男の根っこはやせ我慢です。

そのすぐあと、

2日前こいつを拾った自治会館で組長会議に出席。

5分遅刻しました。

ホントはぎりぎり間に合ったんですが、

あいつが捨ててあった入り口を通れなかったのです…。(前号参照

「 お゛ーーーー !!! 」

声に出さないように目一杯、

自分だけに聞こえる大きい声。

ダメだ、

やせ我慢は続きません。

もし私が拾わず別の方が拾っていれば…、

今頃あいつは…

とか、

過ぎたことを後悔してしまいます。

私の思う、

凄くダメな思考パターンです。



おっと、

いけねえっ!!

と考え、

逆に、

誰にも拾われず死んだあいつを想像。

どっちが不幸って、

どっちも不幸ですが、

少なくとも、

あいつは、

あいつを想う私の腕の中で死んだのです。

 「 考えようによっては良かったのかもしれないぞっ!! 」

と、

自分に言い聞かせて、

 「 すみません、遅れました!! 」

ちょっと作り笑いで会議に参加しました。

2006/10/1 甲府市 清和自治会 組長会議























スポンサーサイト

テーマ:山梨 - ジャンル:地域情報

  1. 2006/10/02(月) 01:31:13|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<田中玄太郎さん。 | ホーム | 彫師の仙崎正治君>>

コメント

総帥に拾われて、きっと仕合わせだったよ。
道端で独りひっしりと死に逝くよりは。
総帥の心に触れて、記憶に残ってるんだもの。
忘れないで居てあげてね。

去った小さな命、冥福を祈ります。
  1. 2006/12/08(金) 01:15:56 |
  2. URL |
  3. MIHO #-
  4. [ 編集]

ううう…。
ミホ、ありがとう。
(T_T)
  1. 2006/12/08(金) 10:21:37 |
  2. URL |
  3. 勇介 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atamanowaruihito.blog63.fc2.com/tb.php/72-e063fda7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)