山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

土橋克己講演会中小企業団体青年中央会工業協会青年部青年工業会 個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

土橋克己講演会中小企業団体青年中央会工業協会青年部青年工業会

中小企業団体青年中央会工業協会青年部青年工業会合同企画!土橋克己氏の講演会へ行ってきました。

土橋克己氏はB1B級グルメグランプリで甲府とりもつ煮を優勝させた"みなさまの縁をとりもつ隊"の創設者で代表です。
中小企業団体青年中央会、工業協会青年部、青年工業会合同土橋克己講演会

ちなみに僕は中小企業団体青年中央会にも工業協会青年部にも青年工業会にもどこにも属していないのですが、土橋さんと一緒にコッソリ参加してみました。

土橋克己こと通称ドバリン
当たり障りないことをテキトーに話していました。(爆笑)

ちなみに普段はこんな人です。
 ↓ ↓ ↓

この動画は鳥もつ隊優勝の2年前の動画です。
なんとこの時期の土橋さんは宿舎から市場へ左遷された直後でした。
民間からは絶大な信頼を受けている土橋克己さんも、
自身の職場である役所内では妬みの対象でした。
動画の中で土橋克己さんはこう言っています「俺みたいな市役所職員がいる甲府へ住んだほうがいい。今に見てろ。必ずそう実感させられる時期が来る」
2年後、土橋克己は鳥もつ隊を優勝へ導き、膨大な経済効果を甲府へ導きました。

凡人は過去の名誉で威張ります。英雄は未来の夢で威張ります。
障害を一身に受け、社会から名誉を求めずに夢だけを追った結果、
名誉も夢も富も産み出し、それらを多くの人や甲府という社会へ与えることに成功しました。
今まで正味肉を取るためだけに殺されてきた鳥の贓物に新しい価値が付き内需が拡大しました。
この産み出された富は甲府のみならず山梨を超え日本を超え世界へも広がる富です。

左奥から甲府のken、僕、土橋克己
奥から甲府のken、新田勇介、土橋克己

僕は社長さんが好きです。
個性的で夢があり突破力がある人が多いからです。
でも団体でまとまってしまうと社長さん個人の個性が出せなくなってしまうと思うんです。
だから、
多数派が支持する広義の正義へボランティアする集まりっていうのはあまり好きじゃありません。
好きじゃないというか僕にとっては優先順位が低い。
「それ役所にやらせとけば」って思います。
社長の会社の事業って結局は社長の人生そのものだから、
1つの事業が一人の人の人生だから応援したくなるんです。
これが団体でまとまっちゃうと相対的な数の大小とか"物"ばかりの話になってしまう。
これだと僕はすぐにつまらなくなってしまうんです。
始めは周囲へ少々迷惑をかけてでも個性的な事業で突破口を開けることができればいずれ必ず周囲の人のためになり、ひいては世のため人のためになるんです。
順序が逆だと思うんです。
本当の話をすればするほどウソだと思われてしまう。
説明責任など僕にはありません。
かくなる上は、
突破のみです。
土橋克己がそうしたように。
僕の周りはそんなに人数はいないけど、
それにしても凄いヤツらばかりだ。

ちなみにB1B級グルメグランプリ当日、
ブロガー協会はこんなことをして集客のサポートをしました。

スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2011/02/28(月) 17:25:33|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<新しい公共大学 ヒキオタニートDQNへ伝えたい | ホーム | 山梨の地元で人気。有名な山中湖三楽園の名物"豆乳ほうとう">>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atamanowaruihito.blog63.fc2.com/tb.php/473-c20b16f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2011年を振り返ると。新田勇介×稲田兼一郎×平島賢一アジトに集まる同級生3人組の熱い夜

2011年を振り返ると。新田勇介×稲田兼一郎×平島賢一アジトに集まる同級生3人組の熱い夜 2011年ももうあと15日ほど。 あっという間の1年でした この1年も沢山の場所に家出してまわった sorakooです 今年も様々な 初体験といろいろな人との出逢いが 家出をより...
  1. 2011/12/14(水) 01:09:26 |
  2. 家出ノート-sorakooの気ままに山梨家出、時々外泊-