山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

今からを生きる俺ら世代流 花火のたしなみ方 夢を実現させる花火 個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今からを生きる俺ら世代流 花火のたしなみ方 夢を実現させる花火

甲府市の事務所で仕事中に、思い立って花火大会へ途中参加!!
お隣の石和温泉の花火大会へ行ってきました?♪

続きを読むにはこちらから
 ↓

大通りが渋滞していたので地元民しか知らなそうな細い下道へ適当に入って花火大会の会場へ向けて進みました。
混み行った路地で運よく小さな神社を見つけてそこへ停車。
特に急いでいたわけでもなかったので最後まで花火を観ました。
素晴らしく良い花火でした。
花火がこんなに良いものだとは思っていなかった。
あんまり感動したもんでついつい花火を全部観て、近くの神社へ停めた車に乗って出発!!
帰りながら車の運転席から歩道を見渡すと、歩く人の列が延々と続いていた。車を停めた駐車場へ向かって帰っている人達の群れだ。
彼らは花火会場を終了より30分以上早めに出て歩いているはずです。
それでも彼らは今から渋滞にはまります。
まだ食事を済ませていなければその辺で食事を済ませながらゆっくりして渋滞をやりすごした方が利口。
でも、
こういうキッチリしている人たちに限ってキッチリ渋滞に巻き込まれながら帰る。
細い下道へ入ってチャレンジすることを怠った彼らは同じ様に知らない店へ飛び込むこともしないものです。
僕と同じくらいの年ごろの男女もたくさんいました。
心から「おまえらもっと冒険しろよっ!!」って思った。


僕は人生において大いに夢もあるが、
どちらでもよい日々の小さなコトには全く計画を立てません。
どちらでもよいことばかりだからです。
毎日を生きて過ぎゆく日々のほとんどはどちらでもよい小さなコトばかり。
もちろん花火を見ることも小さなコトです。
極めて小さい。
だから計画を立てない。
海外へ行っても現地で人力車を引く運転手へニコニコしながらついて行って昼食の食堂を一緒に入って食事代金をおごってもらったりする。
凄く感謝するくせに食べられないモノが出てくるとニコニコしながら平気で残す(笑)
手に負えない自由人なだだっ子だ。
僕にとっては海外旅行も小さなコト。
出たとこ勝負でベストを尽くす。
失敗したっていい。
失敗したって楽しめる。


計画を立てないと不安を感じる人が多すぎる。
いや、
世代的にその考え方で良い世代もあるんだけど、
今を生きる俺達の世代から普通に「計画を考えて指示を出してよ」
とか平気な顔して言われても、
俺に言わせれば考えるほどのコトじゃない。
本当に考える必要がある場合のみ俺は真剣に考える。
だから「まあ、なるようになるじゃんか」って言うと
不安になって周りの人がどうしているのか聞き始める。
聞いて集めた情報は劣等感と閉塞感に満ちた大衆感情のオンパレード♪
それ集めて何か意味あんのか?(笑)
つまり学んでも考えない。
集めた情報を鵜呑みにする。
学ぶことの価値はもう今の時代には無いんだよね。


僕の視点で考えると、
花火会場で花火を最後まで観ない上に渋滞に巻き込まれた彼らの多くは“失敗者”なのだが、
同じような失敗者が周りに沢山居れば彼らにとってその失敗は失敗ではないのかもしれない。
だとすると、
彼らにとって計画を立てることとは失敗しないための手段の一つであるばかりか、
周りの人の足元を注視して合わせることに他ならない。
てことは“計画”とは“周囲の足並みに合わせる”ってことだ。
いや、それ計画って言わないだろ?


僕にとっての計画とは、え?っと…、、、
予め考えて予知した未来へどのように良く関わって行くかという目的を実現させるための手段の集合かな?(概ねそんなニュアンスだと思う)
計画を立てれば計画に近く未来の物事が進むかもしれないが、
自分が思う現実でなく自分が思う夢を基軸に計画を立てれば良い。
自分が思う現実を軸に計画を立てれば夢なんて達成できないぞ。
達成できないから夢が語れない。
夢を語ることを“みっともない”とか“身分相応に”とかすました顔で言ってそれがクールでカッコイイとか勘違いしている俺ら世代が多すぎる。
いいじゃんか。
もっとワガママで極上のイメージを持ってみれば。
無計画で途中参加しても花火をなるべく全部見て、渋滞にも巻き込まれない!!仮に失敗しても一連のプロセスを楽しんで帰る。
それでいいじゃねえか。
考えて予知できない範囲は全部出たとこ勝負だろ。
しょうもないくだらないこと気にすんな。


セオリー道りの行動をして失敗した者には目も当てられない。ただし他人から攻められない。
セオリー通りに行動して成功した者は凡人である。そして他人から評価される。
挑戦して失敗した者は成功する可能性がある勇ましい挑戦者である。ただし他人から攻められる。
挑戦して成功した者のみが成功者だ。これからの時代を牽引する英雄となる。
ほとんどの人は挑戦すらしない。
何故か?
周りを気にしすぎて失敗したくないからだ。
失敗しないから成功しない。


先日ある保険屋さんが、
今の収入を当てはめていけば一生涯の収入が分かり老後に必要な費用が分かって必要な保険金が分かると勧めてきた。
それを知ることで失敗しないので僕の“ため”になるらしい。(笑)
いやいや、それは毎月の保険の掛金を提案したいあなたの“ため”だ。(爆笑)
人生はリスク(失敗)を回避すれば計画通りに進むらしい。
そんなはずないだろう(笑)
いつの時代の話だ(爆笑)
まあでも1世代前までは通った理論ではある。
1世代前に限らず過去のほとんどの時代はその理屈で通った。
でも今は全く違う。
今までの仕組みが崩壊して前例では図れなくなった。
俺は図れなくなって良かったと思う。
人はそれぞれ唯一無二のかけがえのないたった一度の人生を生きるんだから、
尺度の基準が無くなって図れなくなった今こそが本当だよ俺に言わせてみれば。
脱線したけどただ一つ言えることは、
今の現実を基に計画を立てれば未来が計画以上には良くはならないということだけだ。

だからほとんどの計画には意味がないんだ。
現実を見るんじゃなくて夢を見るんだ。
夢を見るから夢が現実になるんだ。


それでね!!
話しを花火大会へ戻すと、
セオリー道りに行動してみんなと一緒に失敗してる俺と同じような世代の連中を見て、
心から「おまえらもっと冒険しろよっ!!」って思った理由なんだけど、
俺の世代がもっともっと夢を見て挑戦して行かないと、
これからの若い連中とかこれからもっともっと大変になるの。
これからの若いヤツは相対的に数が少ないから俺達の世代も含めた上の世代の連中から攻められやすいんだよね。
いつの時代も「今の若いヤツときたら…」ってねたむ風潮があるけど、
やっとこさ解読したエジプトのピラミッドの壁画にも同じこと書いてあるぞ。
若さを妬んでもしょうがねえじゃんか。
若いヤツらの責任じゃねえじゃんか。
これからを生きる俺らはこれからもっともっと若いヤツから学ばせてもらって認めて伸ばしてやれる大人になっていかないと。
そうしないとどうなるんだよ俺らの地域の未来は。
しいては日本の未来は。


どうせ見るなら花火を通してでっかい夢を見よう。


でかい夢を持つ友人が花火会社をやっています。
小予算で花火を上げられます。


小予算ウエディング花火の様子
 ↓


さらにこんなこともやってます。
山梨活性化推進協会


これからを生きる俺達世代必読!!話の続きはこちらから
 ↓
2010?2020年を生きる日本人の成功哲学=“英雄的考え方”のススメ。

スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2010/08/23(月) 16:04:37|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Log cabin of Mt. Fuji 富士山近くのログハウスの新築やリフォームの現場の裏側をみてきました。 | ホーム | 全国ブロガー協会の取材の様子を地元のテレビ局が放送してくれました。>>

コメント

あら^^
宣伝してもらっちゃって有難う御座いますv-16
  1. 2010/08/23(月) 19:14:14 |
  2. URL |
  3. TOMO #-
  4. [ 編集]

今からを生きる俺ら世代流 花火のたしなみ方 夢を実現させる花火

あら^^
ちゃんと見られていたとは嬉しいです。v-355v-356ビュッ!!
おっと失礼。
TOMOさんにぶっかけちゃいました。(^_^*)
夏の一噴きは格別ですね。
一句詠みます。
いとおくゆかし。
  1. 2010/08/24(火) 01:07:36 |
  2. URL |
  3. 勇 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atamanowaruihito.blog63.fc2.com/tb.php/426-2c88e630
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)