山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

商工会のseoセミナ?に一眼レフを持って通う社長の心境 個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

商工会のseoセミナ?に一眼レフを持って通う社長の心境

最近、会社の社長さんたちが、一眼レフのカメラを持ち寄って地元の商工会が主宰するseoのセミナーに通っては、新しい勉強会の集まりを次々と作っています。そして、ホームページで新しいお客さんを集めようとしています。


ホームページで集客するためにseoを強化してホームページを上位表示させることや、奇麗な写真を撮ってホームページの見栄えを良くするための勉強をしています。

IMG_4314.jpg

経営者たちが共通して抱えている問題があります。不況により客単価とリピート率が落ちたことです。見渡す限りどこも不況なのにアナログの営業活動では限界があると。だから、ホームページを使って効率的に新規顧客を開拓したいということでしょう。


集客に関する悩みは、日本中のどの地域でもどんな業種でも共通の悩みです。ですから、どこの地域の商工会でも社長さんたちがまとまりやすいのでしょう。


IT初心者にとって、seoの効果はとても分かりやすいので安心できます。検索結果の順位が1件変わることに一喜一憂できるからです。検索結果が上下することは視覚的にとても分かりやすいし、一眼レフで奇麗な写真をとってホームページの見栄えを良くすることも視覚的にとても分かりやすい。目で見て分かればなんとなくやった気になれるからです。(笑)


つまり、手の込んだ見栄えの良いホームページを上位表示させることができれば、集客できると考えているようです。


なるほど。たしかに分かりやすいですね。上位表示させられれば多くの人に見られて沢山売れるというのは、説明がし易いし分かりやすいから多くの賛同者が集まるでしょう。


でもこのやり方はハッキリ言って間違いです。このやり方で成果がでる会社は大きな会社だけでしょう。小さな会社は、このやり方ではいつまで経っても直販できるホームページは作れません。仮に1位表示させることができても、クリックされることがないからです。小さな会社のホームページはいくら上位表示させても読まれません。仮に読まれたとしても買われません。肝心の中身を変えないと買われません。


まず、ネット利用者は“情報”を探してネットを使います。最初から買い物目的で検索する人はいません。ですからそもそも企業のホームページなんて目もくれません。買い物目的のお客さんは、最初からwebにあるショッピングモールへ行きます。モールはポイントやキャンペーンやら、買い物するための動機作りのシステムが出来上がっているからです。ですから、ネットで売りたい事業主は最初からモールへ出店すべきです。こうすればSEO強化も必要ではありません。


小さな会社が自社のホームページから直販・集客したいのであれば、1ページ1アイテムに絞り、上下のスクロールだけで全ての情報が伝わるように作らなければいけません。お客さんに迷いを与えてはいけません。『どこのボタンをクリックしたらよいのかな?』と考えさせてもダメです。徹底してお客さん視点のページを作る。奇麗な写真も必要ありません。SEOはホームページ外にコンテンツを作ってそこからつなげる。仮に小さな会社が自社のホームページに手を加えるのであれば、SEOではなくLPOでしょう。


そもそもの目的は集客だったはずです。手段の中のたった一つとして、SEOがあるだけです。


小さな会社・小さなお店がネットで新しいお客さんを集客するための簡単な方法をご紹介します。
 ↓
【新しいお客さんを沢山集める方法】

スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2009/10/18(日) 23:10:02|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ネットを通して新しいお客さんを沢山集める方法 | ホーム | 長野市内の方で誰か長野市ブロガー協会を作ってくれないかなぁ?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atamanowaruihito.blog63.fc2.com/tb.php/359-3db584b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)