山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

人が集まる。楽しいNPOの総会ってどんな会議か考えてみた。 個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

人が集まる。楽しいNPOの総会ってどんな会議か考えてみた。

人が集まる楽しいNPO(特定非営利活動法人)の総会ってどんな会議か考えてみました。


まず、多くの人は会議が嫌いです。もっと言うと、仕事の会議が嫌いです。みんなが楽しんで参加している仕事の会議などまずありません。(あ、ちなみに、僕は仕事を超大好きですっ!!)


多くの人は趣味に夢中になることはあっても仕事に夢中になることは少ないものです。
しかし、人が夢中になるか否かという問題の本質的な違いは、趣味と仕事の間に生じる問題ではありません。


仕事は他者から結果を求められます。しかし、趣味は自己のみでプロセスを楽しむことができます。だから人は、趣味は決めても仕事は決めません。つまり、対外的に良い結果が出なかった場合の保険として、決定をしません。


決定をするつもりもないのだから、決定するために必要なことを考えることもありません。そもそも考えていないんです。


より多くの人を集めて会議をする場合は、その場で決定させない。決定しないことです。発言の内容に質や原則を重視せずに、発言の数を重視することです。


そして、発現の数を集めるために最も簡単で効率的な手段は、褒め合わせることです。笑顔で褒めて、笑顔でオウム返しをすると良いでしょう。こうすることで、みな、自分が認められていると感じるので、雰囲気が良くなります。自分が認められている場所には自分の友人を連れてきたいと感じるようになります。


運営者側、理事会側は、こんな感じで井戸端会議に近い総会の内容を、雑談を筆記や録音などして、誰が何を得意なのか分析して、総会のメンバーに業務を決めさせるのではなくてあらかじめ定めた役割を頼る姿勢が好ましいです。


総会の中から進行役を決めて、あらかじめ用意した役割をその人に割り振ってもらいましょう。こうすることによって、お互いの得意分野や長所を確認しあい褒めながら人を選ぶので、選ばれた人の気分を高揚させることができます。仕事としてよりは趣味として取り組みことができます。より多くの人を集めた会議は多数決も有効に機能します。多くの意見を簡単に収束する方法は多数決であり、多くの人は多数決を正義だと考えるからです。


より多くの人が集まる総会は、決定もできないどころか、そもそも考えさせることすらもできないのです。総会とは入口です。多くの会員にとってもっとも居心地のよい場所にしましょう。このような総会は、プロセスを楽しみながら活動できるので、多くの会員にとって能力を発揮しやすい場所になるでしょう。自然に人が増えます。そして、総会に人を連れてくる人、総会を主導する人、集金する人の役割を分担することです。会員を増やしたいのであれば、こうような総会をすると良いでしょう。


スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2009/08/18(火) 16:02:50|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<人が集まる総会を、理事会で主導し続けるための準備とは。 | ホーム | 山梨県北杜市の遠州流茶道教室、天之原泰洸さん。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atamanowaruihito.blog63.fc2.com/tb.php/335-5f04e355
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)