山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

アナタが求める答えのほとんどは、心と脳の奥にあります。 個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アナタが求める答えのほとんどは、心と脳の奥にあります。

アナタが求める答えのほとんどは、心と脳の奥にあります。


みんなは前向きに生きたいと考えた場合どうやって前向きになりますか?


成功者の話を聞いたり、前向きな勉強会に参加するなどして、モチベーションを上げることで、一瞬は誰でも元気になりますよね?


でも、それって、感覚的なことで一瞬だけモチベーションを上げて、一瞬だけ不要なことで悩まないようにしているだけなんです。


つまり、考えることから逃げている状態です。


でも、またあるときフッと不要なことを考え初めて悩んじゃうんです。(笑)
で、またモチベーションが一気に下がる。(笑)
この繰り返しです。(笑)


悩まない生き方をするためには『考え方』を変えなければいけません。
そのためには、
時間はミライから過去に向かって流れていると考えるようにすること。
そして、
常識の本当の意味を理解することが必要だと説明しました。


ここまで自然にできるようになると、
『自分と他を比較すること』が無くなります。
みんな比較で悩んでいますが、そもそも自分に絶対的な価値があることに気が付くからです。
そうすると、自然と考えることから逃げなくなります。仮に判断を人に委ねることがあっても、委ねたのは自分自身だから自分で決めていることに納得できます。つまり、全ての『主体が一人称の自分に戻る』ようになります。


この一連の考え方を身につけることによって、悩まなくていい『悩みから解放』されます。
そして、自然と『哲学』をできるようになります。
そして、人との適切な距離感をつかめるようになるので、人に対して、愛をもって『待つこと』ができるようになります。
良いことを知ることはなるべく早いほうがよいでしょう。


ここまでできたら、
もの凄い成長になります。
でも、
自分自身では効果を感じられないですけどね?。(笑)
美容品や健康食品なんかのキャッチコピーで、
『今までの自分がウソのようです!!』みたいな(笑)
そういう実感はわかないんです。
だって、
自覚できないんですから。
今まで悩まなくてよいことで悩んでいた自分が出てこなくなるので、
一気に良くなるんです。
一気に良くなりすぎると、
分からなくなるんですよ。
例えば、そうですね。効果を実感する一例として、
『後悔すること』が無くなります。
『悩む』→『後悔する』のパターンが完全になくなったら、
効果があったということで納得してください(笑)
だから、
もちろん僕も後悔しませんよ。
いつからそうなったのか?
ん?…、
元々?みたいな(笑)
ほらね?
分からないんですよ。
つまり、
そう考えることが自然になったときは、
もう全く自覚できないんです。(笑)
これが脳の仕組みです。


この段階になると、
もうアナタは放っておいても哲学を始めているはずです。
(哲学している意識はなくても脳が勝手に哲学を始めてくれています。)
じっくり哲学ができるようになれば、
初めて読む本を読んでも、
自分の知っていることが本に書いてある状態になります。
歴史の偉人達が書き記したことや、
難しいマーケティング本の最新作が、
アナタの考えと一致するんです。
そりゃあもう、毎日デジャブですよ(笑)(厳密には、迷いが無い状態はデジャブを見ません。『すでに知っている』という状態になります。)
驚きや、
迷いはなくなります。
偉人達がアナタの背中を支えてくれているのですから。


次は、
自分をもっと深く知るために、
睡眠時の夢の内容を思い出すクセをつけましょう。


人間は睡眠時に毎日好きな夢を見ることができます。(たぶん)
少なくとも、私は毎日好きな夢を見ています。
夢の中でも大好きな仕事の夢を見ます。
そして、毎日夢を思い出します。
なぜわざわざ思い出すかというと、
夢は、必要な情報やヒントを取って来てくれるからです。
多くの人は、せっかく見た夢を思い出す努力をしないようです。
これはとてももったいないことです。


夢を整理することは、より良く生きるためにとても役立ちます。
普段私たちが使っている脳はほんの数パーセントです。
普段は意識して使うことができない脳の何十パーセントを使うことで、
自分自身に関する沢山のことを学べます。
普通に考えては全く気がつかない深?いところで、本当の自分はどうしたいのか?本当の自分が現実世界の自分に何を警告しているのかが分かります。
睡眠時の夢を思い出すことで、現実世界の夢(目標)を達成する方法を知ることができます。
もう少し具体的に言うと、
現実世界の夢の障害は何なのか?
その障害を乗り越えるために何が必要かを教えてくれます。
つまり、
求める答えのほとんどは、
自分の心と脳の奥にあるんです。


歴史上のどんな偉人が書き記した有名な書物よりも、個々人の脳の方が、はるかに沢山の情報が詰まっているんです。
そして、その脳は、私もアナタも、みんな持っているんです。
いますぐ本を読むことをやめて、考えることを始めましょう。
学ぶことより、考えることの方が、よっぽど大切です。


人間ってすごいです。(^_^)


ド?ン!! \(^O^)/ 噴火?!!


私は、これからの専門性と個性の時代に、あるがままの自分たちを認めあえる社会を創造します。
そんな社会を創ること、それが私の夢です。


山梨県ブロガー協会のホームページに、『私たちには夢があります。』のページが追加されました!!
 ↓
http://www.jba.vc/dream.html


最後まで読んでいただいた方、
凄いガッツですね。(笑)
ありがとうございます。(^o^)つ
あなたが幸せでありますように。
あなたの周りに悩んでいる友人がいれば、
この記事を教えてあげてください。

スポンサーサイト

テーマ:科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/07/04(土) 16:40:00|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<鬱ウツの治し方。?毎日を楽しみながら過ごす方法。 | ホーム | 常識とは何か?>>

コメント

ご無沙汰しています。m(_ _)m


勇さんのブログは、スゴイ!   ですね。

難しい事、いっぱい書いてありますね。


そういえば、最近、イヤな夢を見ました。

仕事で失敗して解雇される夢…

で、

起きたら、違う会社に就職していて、

ビックリしました!


また…

仕事で失敗して解雇される夢を見るのかなぁ…


僕の才能と能力を買ってくれる会社、

どこかにあるのだろうか…


あと40年くらい、生きていかなければいけないんですよね、

どうやって生きていくか、考えているところです。
  1. 2009/07/06(月) 07:46:58 |
  2. URL |
  3. 森の木1964 #-
  4. [ 編集]

才能と能力を買ってくれる会社は必ずあります。しかし、見せ方に工夫が必要です。

>また…
>仕事で失敗して解雇される夢を見るのかなぁ…
 ↑
解雇を心配している状態が続くようであれば、
解雇される夢を見ます。

不安を感じ続ける限り、
不安を感じる対象の夢を見続けるでしょう。

不安が恐怖に変わったとき、
何について恐れているのか明確になります。

そうすれば、それについての心構えができるでしょう。
ここまで分かればもう対策が済んだようなものです。



>僕の才能と能力を買ってくれる会社、
>どこかにあるのだろうか…
 ↑
必ずあります。
沢山あるでしょう。
森の木1964 さんの能力は、
森の木1964さんの専門性と個性です。
森の木1964さんそのものが財産です。
その財産を就職先の職場へどのように評価されるかは、
森の木1964 さんの説明次第です。

履歴書1枚で評価してほしいなら資格を取ればよいでしょう。
文字を読めばその資格がどのような資格か理解してもらえるからです。
でも、
資格ってみんなが思っているほど本当に必要ですかね(笑)?
資格が明確な判断材料になるのはシステマティックに選考する大きなの会社です。

県内のほとんどは小さな会社です。
この小さな会社に、
どのように森の木1964さんの財産を生かすかです。
小さな会社自身にとっても、
人を一人とるのは大変です。
ですから、
失敗しないように採用したいと考えています。

ここで提案があります。
小さな会社の良いところ、長所は、
スピードと小回りです。
これを逆手にとって、
こちらから提案してみればよいのです。

つまり、
こんな感じです。
『求人を見てお電話いたしました。森の木と申します。~
~ところで、面接時間なのですが、面接時間を延長することはできますでしょうか?
と、いうのにも、理由があります。
御社のことを知るために、資料を探しました。ホームページは拝見させていただいたのですが、
そこだけでは業務内容の詳しい部分で、分からないところがありましたので、面接の際に業務内容や現在抱えている問題等、なるべく細かくお伺いさせていただきたいと思いました。御社で現在抱えている問題点を知ることができれば、私のスキルをどのように活かせばよいかということを判断できると思うのです。そこで、面接時間の延長をお願いできればと思いました。』
これで掴みはバッチリだと思いますよ。
まず、先方に喋ってもらう。それをじっくり聞く。
その改善策を、自分のノウハウやスキルをやんわりアピールしながら、
結果として会社の改善策を一緒に考える。
従来の面接と逆でしょ(笑)?
面接中に社長から『先生』とか呼ばれるようになるかもしれませんよ。(笑)
あれ、なんだか私も面接を受けてみたくなってきました。自信ありますよ。(笑)
実際に森の木さんはITに強いですから、
この辺の話をアピールできますよね。
『あ、だからホームページでは伝わらなかったんだ。社長、ホームページをこうすると、このような効果がありますよ。』
って感じです。


実際に僕も社長ですが、
専門性と個性を前向きにアピールできる人かどうか、自分でやるべき仕事を見つけることができたり、価値を創造できるかどうか、即戦力になるかで判断すると思います。
実際、僕も資格とか何も持っていないですし。
あ、学位と称号が法学士ってだけです。
取得資格とか一生懸命羅列されても、『資格ビンボーだな。』って思うくらいですよ。こういう人は、独創性がないですから、提案してこないと思うんですよ。『俺はこれとこれの資格をもっているから、これにあった仕事を持ってきて下さい。』って言われてもね(笑)
年齢も学歴も関係ありませんよ。
キャリアだろうが、族上がりだろうが、どっちでもいいですよ。


森の木さん、いきなり本業はムリですが、まずはこっちを試してみませんか?
何か提案してくれれば嬉しいです。
 ↓
http://jba.vc/partner.html

  1. 2009/07/06(月) 13:35:59 |
  2. URL |
  3. 勇 #-
  4. [ 編集]

面接では、採用を迫らずに、仕事の話を通して大好きを共有しよう。

もう少し補足しますね。

森の木さんが新しく面接を受ける会社の仕事に興味を持てば、
担当の先方も森の木さんに興味を持ちますよ。
担当の役員や社長が大好きなことって仕事だからです。
大好きなことを共有している状態です。

『御社の業務内容を知って、現在抱えている問題点を知ることができれば、私のスキルをどのように活かせばよいか分かります。』とでも言って、
面接時間の延長をお願いできないのであれば、
仕事を見学させてもらえばいいんです。
何も、
面接室での面接に拘る必要はないんです。

丸1日より、もっと長くて良いでしょう。『楽しいですね。何か良いプランを考えられそうです。』また明日も付き添って見学させていただいても良いでしょうか?
というかんじで、3日位行けると良いですね。

既成概念や常識に捉われる必要はありませんよ。
小さな会社にとって、
今までの経験ややり方がもう通用しなくなってしまったんです。
それが問題なんです。
ですから、
どんどん自分らしく、でも必ず楽しみながらチャレンジしましょう!!

まとめると、
採用を迫るのではなく、
提案しに行くつもりで接しましょう。
もちろん、
最終的には採用してもらわなければいけないので、
常に何社かを回ると良いでしょう。
回っていることを各会社に広言すれば良いのです。
つまり、
リミットがありますよと。
僕が何処かに取られてしまいますよということを暗に伝えられれば十分でしょう。
だって、森の木さん、アナタの代えは、世界中どこを探してもいないんですよ。

大きな会社に行っても、
どの業界に行っても、
景気の波によって枝から切られます。
必然的にそうなります。
切られないようにするためには、
枝にならず幹になることです。
もしくは、
枝を産む枝になることです。
つまり、
労働力ではなく、
創造力になるということです。
創造力になるチャンスは小さな会社にしかありません。
ほら、森の木さんの目前にも、チャンスは無限に広がっていますよ!!

世間では、多くの人が安定志向です。
で、その安定を求める先が一流大企業だったりします。
でもね、それってウソなんですよ。
既成概念によるただの思い違いです(笑)
ちゃんと切られるんですよ。
枝にしがみついて、安定なんてありっこないんですよ。
安定志向の意味の解釈が恐ろしいほど間違えています。

まとめ。
・面接では、採用を迫らずに、仕事の話を通して大好きを共有しよう。そして、自分の個性を活かした提案をしよう!!
・入社後は、新しい幹になろう!!

森の木さんなら、絶対にできる!!

  1. 2009/07/06(月) 16:02:49 |
  2. URL |
  3. 勇 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atamanowaruihito.blog63.fc2.com/tb.php/326-5a41b26c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)