山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)第23話 個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)第23話

山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)


?第23話?お客をリピーターにして新しいお客を同時に獲得する方法


>「最初から読む」第1話はコチラから。


噴火オーライ!! \(^▽^)/ 噴子です。


噴子 「それにしても、INAさんはいろんなことを知ってるんだね。(^▽^*)」


INA 「ワシだけと違うで。(^o^)山梨県ブロガー協会の連中は、みんなこの手の研究が好きやからな。マーケティングのオタクみたいなもんや。(^o^)」


噴子 「へー、引き籠りなんだ?(^▽^;)」


INA 「いやいや、引き籠りではないで。(^__^;) 個性的な専門家の集まりや。まあ、エエんちゃうの。みんな個性的で。我が道を行くような人でないと、ブロブって続けられんへんからな。」


噴子 「山梨県ブロガー協会ってどんなことをする集まりなの?(・_・)」


INA 「そうやな、会員のみんなの個性や専門性で、噴子ちゃんみたいな小さな事業主を応援する集まりや。(^o^)」


噴子 「ふーん。(^▽^*)」


INA 「噴子ちゃんのサービスは、少しずつ浸透しているけどな、小っちゃな事業主のサービスのほとんどは分かりづらくてみんな分からんのよ。(^o^)」


噴子 「うん。お客さんに提供するサービスを絞り込まないことも、分かりづらさなんだもんね?INAさん?(^▽^*)」


INA 「そういうこっちゃ。小さなお店や小さな会社のサービスには、いいサービスっていうんは沢山あるんよ。それをもっと沢山の人に知ってもらいたいんや。(^o^)」


噴子 「うんうん。(^▽^*)」


INA 「そのためには、“自社の広告宣伝”やなしに、“他者の広報活動”でお客さんへ伝えんきゃいけん。(^o^)他者の広報として伝える媒体は、個人のブログしかないんよ。」


噴子 「会社の名刺をもって営業回りをしても効果がないもんね。(ー_ー;)辛かったなー務めてたときの営業回り…。」


INA 「そういうこっちゃ。個人ブログのブロガーを集めたんが、山梨県ブロガー協会なんや。(^o^)」


噴子 「うんうん。(^▽^*)」


INA 「一言で言うと、小さな事業主の、新規のお客さんを増やすお手伝いをしてるんや。(^o^)」


噴子 「すごいね!!(*_*)」


INA 「そうか?まだまだすごいで。ネット上の情報ってのは、掛け捨ての紙媒体広告と違って、ずっと残るから、効果が続くやろ。(^o^)」


噴子 「うんうん。(^▽^*)掛け捨てはもったいないよ。」


INA 「効果は、ホームページがあるところは、アクセス数があがって、効果が続く。(^o^)」


噴子 「ホームページがないところは?」


INA 「ホームページが無いところでも、直接問い合わせが行ったり、直接お店に行くくようになるんや。(^o^)」


噴子 「うんうん。ウチがそうだったもんね。(^▽^*)その節はどうも。」


INA 「ブログもそうやけど、噴子ちゃんところは、携帯電話ダイレクトマーケティングを使うとエエな。(^o^)」


噴子 「携帯電話ダイレクトマーケティングって?(^_^;)」


INA 「携帯電話のメールアドレスを集めてな、ダイレクトにメールを送るんよ。(^o^)」


噴子 「まだホームページもないのに?(´Σ`;)順番が逆じゃない?」


INA 「そりゃいつの時代の順番よ?ホームページなんて作ってどうすんのよ?誰にもみてもらえんぞ。見てもらえるホームページは大企業のホームページだけなんや。小っちゃな事業主にとって、見せたいお客さんだけに、見せたい情報だけを届けることが大切なんや。(^o^)」


噴子 「うんうん…。(´o`;)どうやって?」


INA 「お昼の少し前に、、お客さんの携帯電話にメールで直接送るんよ。さっき話した週変わりのオカズを、写真付き、できれば動画付きで。(^o^)」


噴子 「…。効果はあるの?(´o`;)」


INA 「あるで。(^o^)例えばな、給食でカレーが出るときあったやんか。」


噴子 「うん。(´_`;)」


INA 「『今日はカレーですよ』って言われると、カレーを食べたい気持ちになってくるんよ。心と脳は、もうすっかりカレーを食べるつもりで待っとたところを、ソバを出されるとガッカリするもんやぞ。(^o^)」


噴子 「わかる。わかる。(^O^)それはガッカリだね。」


INA 「せやろ?(^o^)」


噴子 「生徒も教師も愕然とするよ。(^д^;)みんなが暴徒と化して学級崩壊を招きかねないよ!!」


INA 「言いすぎやで自分。(笑)なんで急にそんな難しい言葉を使うねんて。(笑)(^o^)」


噴子 「テヘッ。(^_^)言いすぎちゃった。」


INA 「まあ、そんなこんなでな、噴子ちゃん、カレーは好きで、ソバは嫌いなん?(^o^)」


噴子 「どっちも好き。(^O^)」


INA 「やろ? せやったら、本当はガッカリじゃないはずやよな?どっちも好きなんだから、どっちでも喜べたはずなんや。でも、最初にカレーを提案されておいてソバを出されたことがイヤやんよ(^o^)」


噴子 「なるほどねー。(^_^;)ここでも『提案』がキーワードになってくるんだね。」


INA 「そや。だから、お昼のちょっと前に、こっちのオススメを提案してあげるんや。(^o^)」


噴子 「うんうん。(^▽^*)」


INA 「会社で、お昼前にな、みんなおなか空かせてるところに、写真や、動画で訴えかけられたらな、コロッと行ってまうで。会社の同僚へ見せたくなるやろ?(^o^)」


噴子 「うんうん。(^▽^*)そりゃそうだ。」


INA 「この方法は、携帯電話ダイレクトマーケティングって言ってな、新規客をリピーターにすることと、新しい新規客を同時に獲得する方法なんよね。(^o^)」


噴子 「…?(ー_ー;)」


INA 「今は、甲府市の動物好き、野菜好き、ロハスな人みたいな、幅広いお客さんが来てるやろ?この不況時の今なんかは、新しいお客を求めてみんな苦労してるのに、山梨食堂には、毎日新規客が来てるんや。(^o^)」


噴子 「あっ!!ヒラメイタ!!続きの話が分かった!!(^0^)/」


INA 「だから…、(^o^)」


噴子 「私が喋る?!! (^0^)/ こんどはー!! この新規客をリピーターにすることと、リピーターになった新規客に新しい新規客を連れてきてもらうことなんでしょ!?」


INA 「凄いやん。(^o^;)噴子ちゃんもう噴火寸前やな。エエやないか。な。ええやろ?ほな、明日から新しい弁当を作りながら、同時にお客さんのアドレスを集めていくんやで。」


噴子 「はーい!!(^0^)/」


>「続きを読む」第24話は明日アップ予定です。


>「最初から読む」第1話はコチラから
>「噴男お父さんの視点」「噴男が考えていること」はコチラから。
>「噴江お母さんの視点」「噴江が考えていること」はコチラから。
>「ウサギの噴ピョンの視点」「噴ピョンが考えていること」はコチラから。
>「モルモットの噴キュの視点」「噴キュが考えていること」はコチラから。
 ↑
各視点は順次アップされます。



スポンサーサイト

テーマ:初心者でもやればできる! - ジャンル:ビジネス

  1. 2009/03/31(火) 18:02:53|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)第24話 | ホーム | 山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)第22話>>

コメント

間違った方法に・・・

ホームページを作って満足。
さぁ~お客さんくるかなっって事業主さんほんと多そう。
それでいて、ホームページって委託してるのがほとんどだし、作れば集客につながるって勘違い。
いい商品・サービスを提供すのはもちろんだけど、いかに効率のいい宣伝をするかがカギになってくるね。


  1. 2009/04/01(水) 00:37:22 |
  2. URL |
  3. キャス #-
  4. [ 編集]

小さな事業主にとっては、ホームページもフリーペーパーもムダ。

キャスバルさんへ
>いかに効率のいい宣伝をするかがカギになってくるね

そうですね。(^_^)
不況時に最も効果的な宣伝が、
“他者の広報活動”です。
ネットで言えば、
ブログがこれにあたりますね。


噴子ちゃんは、
ニッチな分野で、
個人の専門家として認知されています。
つまり、
“他者の広報活動”を結果的に成功させていますから、
次のステップに進みます。
次のステップとは、
お客さんから派生する新しいお客さんを増やすことです。
アナログで既存客から引率される新しいお客さんは他店へ浮気をしません。
効果絶大です。


そして、リピーターを同時に増やします。


ハッキリ言って、
ここまでくれば半ば成功したようなものです。(^~^)つ
山梨食堂は競合他社のどことも競っていないですからね。
勝つべくして勝ったのです。


そのてん、
フリーペーパーなどの広告紙は、
自分の宣伝が掲載されるページに、
競合他社がいっぱいつまってますからね。
それなのに、
みな、
なぜ、
自ら進んで紙媒体広告を使うのか…。


みな、
『今までの方法を変えることが不安』であることと、
従来の『紙媒体広告が分かりやすい』ことが理由でしょう。
  1. 2009/04/02(木) 18:59:02 |
  2. URL |
  3. 勇 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atamanowaruihito.blog63.fc2.com/tb.php/298-6639333f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)