山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)第19話 個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)第19話

山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)


?第19話?小さなお店のコンテンツ


>「最初から読む」第1話はコチラから。


噴子(ふきこ)です。


噴子 「で、何から聞いたらイイのかなー?(‐_‐;)」


INA 「みのさんに聞け。(^o^)」


INA 「まあええ、ちょっと総論っぽい話から入ってもうて悪いけ、我慢して聞うてやぁ。まず、モノとか量で勝負する時代やなくなったんよ。個性とか専門性で勝負せなアカンようになったんや。(^o^)」


INA 「んで、不況の時に個人と取引をしたいんやったら、会社としてやなしに、個人として活躍せなアカンねん。(^o^)」


噴子 「うん。それ分かる!! 昔、会社で飛び込み営業とか大変だった。やっとこさ名刺を渡せても、“あ、業者さんね”って感じで、商品やサービスの説明を聞いてもらえなかったもん。(‐_‐;)」


INA 「せやろ? そういうこっちゃな。そして、これからの小っちゃいビジネスはコンテンツビジネスを目指さなアカン。(^o^)」


噴子 「コンテンツ…?(‐_‐;)」


INA 「そや。コンテンツ。山梨食堂のコンテンツは何やと思う?(^o^)」


噴子 「ウサギ?野菜?(‐_‐;)」


INA 「ここのコンテンツは、噴子ちゃん自身や。(^o^)」


噴子 「は…? (´o`;)」


INA 「噴子ちゃんが今進めてることは、不況に強いセルフブランディングっちゅうやつなんや。噴子ちゃん自身がコンテンツになってるから、噴子ちゃん以外の人に需要が逃げへんのよ。小っちゃいお店にとって、コンテンツを保護して育てていくことが大切なんよね。(^o^)」


噴子 「そんなことをしたつもりはないんだけどな。(‐_‐;)」


INA 「噴子ちゃんは、ウサギの専門家として、いち早く手を上げて、活動を始めたやん?(^o^)」


噴子 「うん。専門家と言えるほどではないんだけど。お客さんから教わることも多いし…。(‐_‐;)」


INA 「プチ専門家くらいでちょうどええねんて。誰も、学者や医者を気軽に呼ぼうなんて考えてへんもん。(^o^)」


噴子 「うん。それは分かってた。でも、不安だったな。私より詳しい人は沢山いるし…。(‐_‐;)」


INA 「そりゃ、どの業界も上を目指せばキリないよ。でも、始めな始まらんやろ?一番大事なんは経験なんやから。資格持っとっても、始めな“経験がないから始められへん”って考えてんのと同じや。(^o^)」


噴子 「うん。だから踏み切った…。(‐_‐;)かろうじて…。」


INA 「たとえば、お答マンはどんな人なん?(^o^)」


噴子 「あの人はウサギについてとての詳しいわ。私よりも、ウサギについてぜんぜんくわしい…。(‐_‐;)」


INA 「そやな。めっちゃ詳しいよな。そのお答マンは山梨食堂にきてるやん?(^o^)」


噴子 「うん。(‐_‐;)」


INA 「でも、お答マンてどこにおるんよ?どんなことしてる、どういう人よ?(^o^)」


噴子 「全く知らない。名前すら、知らないもん。(‐_‐;)」


INA 「やろ?せやから、お答マンのことを知りようがないような。つまり、お答えマンは自分自身の情報を何も発信してへんから、お客さんが知りたいときに、何も知ってもらえへんよな?(^o^)」


INA 「そのてん、噴子ちゃんは、ウェブ上に個人の情報を上げてるやろ?携帯電話のインターネットで見れれば、場所も時間も関係なくいろんな人に見てもらえる。」


噴子 「あ、そういうことか!!(‐o‐;)ちょっとだけ分かってきたっ!! 」


INA 「それと、仕事が終わったアフターファイブに活躍するのもエエな。この時間は、仕事を終えたお客さんが、友人と会ったり電話したりして、一番リラックスしてる時間帯なんや。この時間は最も消費の欲求が大きくて、なおかつクチコミされる時間なんや。」


噴子 「いや、それに関しては、ただ、空いた時間に副業感覚で始められるかなと思いまして…(‐o‐;)惰性といいますか、何と言いますか…。マーケティング的にどうのと、難しいことを考えた訳ではないんです…。 」


INA 「ええねんて。それで。結果オーライや!!(^o^)」


INA 「そう。噴子ちゃんは、みんなによかれと思って、里親を探したり、エサの世話や、食堂で人と人をつなげたりしたんよね。これは、誰繋がりやと思う?(^o^)」


噴子 「そうだ。私だ。(´o`;)」


INA 「そういうこっちゃ。ココは全部、噴子ちゃん繋がりなんよ。甲府で個人の専門家として最初に手を上げた、噴子ちゃん繋がりなんよ。結局、人は人で動くんや。今までの企業と個人の取引は無くなっていく。企業と個人の取引をBtoC取引って言うんや。これからは、個人と個人の取引になっていく。個人間取引は、CtoCや。これからは、“人to人のCtoC取引”になって行く。ここ数年で急激に変わるで。陣取り合戦や。先に動いたもん勝ちや。(^o^)」


INA 「噴子ちゃんは、先に動いて、勝つための土俵に上ったんや。土俵に上がらな、勝つも負けるもあれへんからな。(^o^)」


>「続きを読む」第20話はコチラから。


>「最初から読む」第1話はコチラから
>「噴男お父さんの視点」「噴男が考えていること」はコチラから。
>「噴江お母さんの視点」「噴江が考えていること」はコチラから。
>「ウサギの噴ピョンの視点」「噴ピョンが考えていること」はコチラから。
>「モルモットの噴キュの視点」「噴キュが考えていること」はコチラから。
 ↑
各視点は順次アップされます。


スポンサーサイト

テーマ:オリジナル小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2009/03/20(金) 15:17:33|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)第20話 | ホーム | 山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)第18話>>

コメント

INAもんた

マダムキラーのINAさん(^o^)/
大好き
  1. 2009/03/21(土) 18:52:00 |
  2. URL |
  3. キャスバル #-
  4. [ 編集]

INAもんた

INAもんたはマダムキラーかなー?(^_^;)ヤツはあんまり、興味無さそうじゃない?
  1. 2009/03/25(水) 13:00:05 |
  2. URL |
  3. 勇 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atamanowaruihito.blog63.fc2.com/tb.php/294-7fce5016
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)