山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)第17話 個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)第17話

山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)


?第17話?食堂のオススメ料理を注文するお客さん


>「最初から読む」第1話はコチラから


噴子(ふきこ)です。


ウサギ皿に取組み初めてからは、しばらく忙しかった。 (*_*) 農家を回ったり、準備でしばらく手が回らなくなっちゃって、常時20種類以上あった定食類もだんだん種類が減ってきたの。だから、夜の定番メニューの数も事自然に減っていった。


今までのお客さんは、お酒を飲みながら、「うーん、とりあえず、マグロと、モツ煮。」って感じで具体的に注文してきたんだけど、最近来る新しいお客さんは、お酒を飲みながら、「今日は何がオススメ?適当にオススメの食べ物を持ってきてよ。」と注文されるようになりました。 (*_*) ハッキリ言って困る。


何でもイイって注文されるのは、最初は本当に困った。(´O`;)ふざけんな!! でも、考え方によっては、みんなに同じモノを出せばいいってこと。(^O^)bプラス思考でしょ!? 


在庫がグーンと減っって、管理が楽になって、賞味期限が切れたりして捨てるものがぜんぜん減った。まえみたいに、2人前のマグロを買いにスーパーに行くこともなくなったから、ずいぶん手間が省けた感じだ。 (^_^)よいぞよいぞ!!


お客さんは、他のお客さんが置いて行ったウサギのアルバムを読んだり、店長の噴ピョンにエサをやったり、お客さん同士でウサギ談義をしているので、いくら忙しい時間帯でも3人で十分に仕事が回るようになってきた。


まえから付き合い感覚で食堂に来てくれていた町内の人のうち、元々動物好きの人は自然にウサギ好きになっていった。


そういえば、噴男の世間話に付き合ってビールを飲んでいた人は、噴男の接待が無くても普通にビールを飲んで帰っていく。


以前は両親のうちのどちらか一人が必ずお客さんの接待をしていたんだけど、いつのまにかその必要もなくなった。(´ε`;)なんでだろう?


そんなこんなで、最近また噴男の元気がない。ちょっと心配だ。


>「続きを読む」第18話はコチラから。


>「最初から読む」第1話はコチラから
>「噴男お父さんの視点」「噴男が考えていること」はコチラから。
>「噴江お母さんの視点」「噴江が考えていること」はコチラから。
>「ウサギの噴ピョンの視点」「噴ピョンが考えていること」はコチラから。
>「モルモットの噴キュの視点」「噴キュが考えていること」はコチラから。
 ↑
各視点は順次アップされます。


スポンサーサイト

テーマ:経営改革 - ジャンル:ビジネス

  1. 2009/03/18(水) 12:37:38|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)第18話 | ホーム | 山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)第16話>>

コメント

噴男もねじれの納め時ですね

元気のない噴男・・・
よけいハゲ散らかってしまいますね☆
  1. 2009/03/18(水) 15:05:10 |
  2. URL |
  3. 甲府のエンジェル・キャスバル #-
  4. [ 編集]

先日山梨食堂にいきました。

こんにちは。

先日、山梨食堂に初めていきました。
私は、ウサギは飼っていません。
友人がウサギを飼っていて、よく山梨食堂でエサを購入しているようです。その友人から、山梨食堂でだしている野菜が美味しいという話を聞き、先日初めて、ご飯を食べにいきました。

お店がとても賑わっていて、ウサギさんがお客さんに可愛がられていたのがとても印象的でした。

話題のウサギ皿を注文したときに、店主のオジサンが運んできてくださいました。
オジサンは、ため息つきながら、『なんでも、かんでも簡単に変えて。歴史や伝統はどうなるんだ、なぁ噴ピョン』とぼやいていましたよ。

ウサギ皿は勿論、だされるお料理の野菜が新鮮でご機嫌でした。
オジサンが気になったので、またご飯食べにいきます。
  1. 2009/03/18(水) 16:23:18 |
  2. URL |
  3. 富士川桃子 #-
  4. [ 編集]

無意識層にある目的は飲食物ではない。

山梨県内の場末の居酒屋でよく聞く会話ですね。

悪い例:「とりあえず、マグロとモツ。」=『俺はお客様だぞ』

良い例:「今日は何がオススメ?適当にオススメの食べ物を持ってきてよ。」=『ここにいて飲んでもいいかな?』

噴子ちゃんを通した、食堂の個性と専門性を、お客さんが楽しんでいるみたいですね。
今から来るお客さんは、一見さんを除いて、目的を持って来店してくれるお客さんです。

これからのお客さんは、ますます、目的のない店には行かなくなります。無意識層にある目的は飲食物ではないんです。
目的は、創造された、個性的で専門的なサービスです。噴子ちゃん頑張ったね。
  1. 2009/03/20(金) 21:14:23 |
  2. URL |
  3. INA #-
  4. [ 編集]

コメントをありがとうございます!!

キャスバルさんへ
噴男は、今まで山梨食堂をやってきた自負があります。
辛いでしょうね。(´_`)



富士川桃子さんへ
「歴史とは、現在の歴史である。」という言葉があります。
事実、歴史とは、作られるものです。

噴男がこだわっている歴史とは、食堂の歴史です。
噴男のこだわりの理由は、後日、明らかになります。
噴子も、噴男も、互いのことを思い合っています。
思い合って、すれ違っています。
人間は、愛ゆえにすれ違います。



INAさんへ
>これからのお客さんは、ますます、目的のない店には行かなくなります。
 ↑
そうですね。不況時はとくにそうでしょう。



>無意識層にある目的は飲食物ではないんです。
 ↑
全くその通りです。お客さんが本当に欲しいものは、飲食物ではありません。



>目的は、創造された、個性的で専門的なサービスです。
 ↑
その通りですね。個人や、小さなお店、小さな会社が、目指すべき道はそこしかありません。
大資本に負けない、戦わずして勝つためのポジションはそこしかないからです。


みんなコメントありがとう!! \(^O^)/ドーン!!噴火~!!
  1. 2009/03/25(水) 12:54:06 |
  2. URL |
  3. 勇 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atamanowaruihito.blog63.fc2.com/tb.php/292-ce1768a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)