山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマフキコ)第11話 個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマフキコ)第11話

山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマフキコ)


?第11話?お客さんの共通点


>「最初から読む」第1話はコチラから


富士山噴子(ふじやまふきこ)です。


専門家サイトから私を呼んでくれるお客さんは、ただたんにウサギの世間話をしたい人。ウサギの噴ピョンそれと、ウサギを飼おうかどうか迷っている人が多い。迷ってる人が、友人を一緒に連れて、仕事が終わった夕方にファミレスへ私を呼んでくれる。


お客さんの2人は私服で、私も私服で行ってる。私は、お客さんと友人との会話に入っていかなければいけないんだけど、最初はどう入っていったらいいか分からなかったから、とりあえずアイヅチを打ってみる…『そうですよね。ウンウン…。』こんな感じから始まる。


そんな感じで、お客さんはほとんど2名。どっちも初対面なので私はちょっとキンキョーしているんだけど、お客さんは完全にリラックスしている。そりゃそうかお客さんの二人は友人同士だもんね。


あんまり温かく迎えてくれるもんだから、最初はちょっと引く。 お客さんは友人同士だからかな。笑いが絶えない。プライベートな友人同士の雰囲気だから、とても歓迎される。


私を呼んでくれるお客さんがペットショップへ行かない理由は、ウサギの担当者が不在だったり、電話番号を聞かれて営業電話がきたり、『売り切れますから予約を』なんてせかされることがイヤだということだった。


そういえば、私もペットショップで『営業員募集』の欄を見た時にちょっとイヤな感じがしたことを思い出した。もちろん、売らなきゃいけない店員さんはペットショップの従業員だから、売らなきゃいけないコトは分かるけど、お客さんの気持ちもわかる。


『ペットを売るために作るなっ!!だから余るんじゃないっ!!(`皿´)クワッ!!』って思う。余ったら殺されてしまう。ペット好きのお客さんとは、だいたいこの話で盛り上がる。


だから、私は、ウサギを飼いたいと考えている人に、飼った後の苦労を包み隠さず全部話す。捨てられるウサギを増やしたくない。お客さんには、十分な準備をして飼ってもらいたい。私が包み隠さず全部話すから、お客さんも安心してくれるし、信用してくれる。私に相談にきたお客さんは、だいたいの人がウサギを飼う。お客さんは、知っている人がそばにいないことが不安だったんだと思う。


ウサギを飼った人は、また私を呼んでくれる。時期によって、必要な知識は増えてくるからだ。エサのことや、ウサギの結婚からお葬式、ウサギと同じげっし類のモルモットの相談も出てきた。


そんな流れで、いつの間にか、ウサギの冠婚葬祭をトータルプロデュースするようになってきた。 (^_^*)


>「続きを読む」第12話はコチラから。


>「最初から読む」第1話はコチラから
>「噴男お父さんの視点」「噴男が考えていること」はコチラから。
>「噴江お母さんの視点」「噴江が考えていること」はコチラから。
>「ウサギの噴ピョンの視点」「噴ピョンが考えていること」はコチラから。
>「モルモットの噴キュの視点」「噴キュが考えていること」はコチラから。
 ↑
各視点は順次アップされます。




スポンサーサイト

テーマ:うさぎ - ジャンル:ペット

  1. 2009/03/11(水) 12:54:57|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)第12話 | ホーム | 山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマフキコ) 第10話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atamanowaruihito.blog63.fc2.com/tb.php/286-e1deb7d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)