山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)?第4話 個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)?第4話

山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマフキコ)


?第4話?噴子の趣味


>「最初から読む」第1話はコチラから


富士山噴子(ふじやまふきこ)です。


ところで、私には趣味があります。子供のころから動物が大好きでした。昔実家で飼っていた犬が死んでしまって、悲しくてもうしばらく動物はいいかなって思っていたんですが、東京で就職してからは寂しくってアパートでこっそり飼い始めました。ウサギとモルモットです。
ウサギの噴ピョン
ウサギの噴ピョン
モルモットの噴キュ
モルモットの噴キュ

そのうち大家さんにばれましたが、次第に公認になりました(^_^)v大家さん、ご迷惑をおかけしました。敷金は戻ってこなかったけど(笑)。


ウサギの名前は『噴ピョン』で、モルモットは『噴キュ』です。山梨に帰ってくると、環境の変化にしばらく動揺していましたが、自然溢れる山梨にすぐ慣れました。(^_^)v 安心しました。


動物が大好きなので、ペットショップの店員に憧れた時期もありました。高校時代はペットトリマーの専門学校を目指そうかと悩んだ時期もありましたが、両親からすると、専門学校は不満でしたし、ペットを仕事にすることには理解がありませんでした。特に噴男ね。(^o^)ハゲ!! でも仕方なかったかな。なぜなら、当時、ペットを売り買いする風潮はなかったからです。


ところが今は空前のペットブームで、ペットにお金をかけることが当たり前になってきました。あの時、ペットの専門学校を出ていれば、今頃私は幸せに過ごせていたかな?


山梨へ戻ってみて、家業の定食屋を手伝いながら現状を確認して、噴男のハゲちらかした毛をガムテープで片づけながら、昔の夢がフツフツとよみがえり始めました。


やっぱり、もし表で働くんだったら、動物と関わる仕事がしたいな。 明日、ペットショップへ行ってこようっと。(*^o^*)


>「続きを読む」第5話はコチラから。


>「最初から読む」第1話はコチラから
>「噴男お父さんの視点」「噴男が考えていること」はコチラから。
>「噴江お母さんの視点」「噴江が考えていること」はコチラから。
>「ウサギの噴ピョンの視点」「噴ピョンが考えていること」はコチラから。
>「モルモットの噴キュの視点」「噴キュが考えていること」はコチラから。
スポンサーサイト

テーマ:ブログ開始ヽ(^o^)丿 - ジャンル:ブログ

  1. 2009/03/04(水) 01:02:13|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマフキコ) 第5話 | ホーム | 山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)?第3話>>

コメント

その気持ち分かる。

うちのちゃみも可愛かったな。

犬は可愛くて、可愛いぶん辛い。
  1. 2009/03/04(水) 23:33:34 |
  2. URL |
  3. まー #-
  4. [ 編集]

私もわかります。愛犬の死は辛いですね。

私は看取ってやれませんでした。私の犬はスピッツでした。スピッツはバカ犬で有名です。うちの犬も本当にバカでした。うちのシツケがなってなかったんだと思いおます。

そんなおバカさんでも、本当に可愛かったです。私は、この犬のあまりの可愛さに、町内のみなさまは羨望の眼差しで見ていると勘違いしていました。

最近は私もずいぶんと大人になりまして、自分が大好きなモノは相対視できずに、絶対的なモノであるということが分かってきました。(笑)

さて、定食屋の娘、噴子も、これから絶対的な価値を作っていきます。

そして、この価値は、誰でも作ることが可能です。資格も、学歴も関係がありません。

ただ一つ、自分の魅力や才能に気が付くことさえできれば。

魅力や才能が無い人間はいません。

意味なく生きる人はいません。その意味こそが、魅了や才能でしょう。

お楽しみに!!



ちゃみは賢い犬だったようですね。賢いことはもちろん良いことですが、賢い犬だから好きになったわけではないでしょう。飼った犬が賢く育っただけです。どのような犬でも、飼えばかわいくなるものです。




  1. 2009/03/06(金) 13:20:53 |
  2. URL |
  3. 勇 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atamanowaruihito.blog63.fc2.com/tb.php/279-4a817809
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)