山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)?第2話 個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)?第2話

山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)

?第2話?昼の山梨食堂


>「最初から読む」第1話はコチラから


富士山噴子(ふじやまふきこ)です。


甲府市宝町の両親は夫婦で場末の定食屋『山梨食堂』を営んでいます。実家の父、噴男は56才。母の噴江は52才です。


『山梨食堂』のランチタイムは、近所の人が、平均3組、6人来ます。定食の価格は平均600円で、客単価は一人900円。お昼の時間の一日の売上の平均は、一日6人のお客さんで売上は5,400円です。


お客さんを大切にする父、噴男は、「商売とは、お客さんとの信用だ」とよく話します。両親のうちのどちらかがお客さんの接待をしていて、いつもお客さんと話し込んでいます。長居をするお客さんがいる場合は、お客さんに合わせて、お昼を過ぎても営業を続けています。定食のメニュー数はお客さんの要望に合わせて、焼き物、揚げ物、生モノを含めて20種類以上あります。


長居をするお客さんのうちの半数は1杯400円のコーヒーか、600円のビンビールか生ビールを飲んでくれます。


私は、お客さんと話し込む家族のいつもの光景を好きなのですが、5,400円から仕入値を引いて、光熱費を払うと利益が全く残りません。


「続きを読む」第3話はコチラから。


「最初から読む」第1話はコチラから
「噴男お父さんの視点」「噴男が考えていること」はコチラから。
>「お昼のお客さんの視点」「お昼のお客さんが考えていること」はコチラから。
 ↑ それぞれの視点は順次アップされます。


スポンサーサイト

テーマ:仕事の現場 - ジャンル:ビジネス

  1. 2009/03/02(月) 10:53:22|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)?第3話 | ホーム | 山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)?第1話 >>

コメント

ほうとうはいくらですか?
  1. 2009/03/03(火) 19:32:44 |
  2. URL |
  3. さすらいの匿名希望 #-
  4. [ 編集]

『山梨食堂』の定食安いですね。
大抵、ランチといえば800円はすると思います。
山にいるので、なかなか食べにいけませんが、
チャレンジしてみようと思います。

でもコーヒーとビールが高くないですか?
400円というと、コーヒーの美味しさを
楽しむ喫茶店価格ですね。

もしかしたら『山梨食堂』は、
知る人ぞ知る、
こだわりのコーヒー屋さんなのでしょうか。

いずれにせよ、
商売は信用第一ですね
  1. 2009/03/03(火) 21:03:57 |
  2. URL |
  3. テルマ #-
  4. [ 編集]

噴男さんは

お客さんに合わせてるつもりだけど、
実際はお客さんが噴男さんに合わせてるんだよね。
噴男さんが長居するのを容認するからお客さんは長居をするわけで・・・。
長居させて、コーヒーやらビールとかで利益を上げてるんだよね。
接待がなきゃコーヒーやビールの注文はないと思うな。
だってビール飲みたい人はビールが安い店に行くだろうし、
定食後にコーヒー飲みたい人はセットになってる店に行った方が得だからね。
悪く言うと、ビールやコーヒーを飲みたいくない人に長居をさせて、
付き合いで注文させてるんだよ。
でも噴男さんがこの付き合いを「信用」って呼んでるあたり、
噴男さん自身は本当にそう思ってるんだろうけど、
これは噴男さんにとってもお客さんにとっても不利益だよね。
  1. 2009/03/03(火) 23:43:01 |
  2. URL |
  3. INA #-
  4. [ 編集]

甲府市で言えば、

ひなたが個人店の成功事例の一つではないでしょうか。揚げ物の価値をあれだけ上げた個人店はないですし。ひなたはたしかに大盛りだけど、原価率は高いわけではない。ひなた成功の秘訣は、店内は汚くても、統一感のあるメニューで独自の世界観を出したこと。それとビジョン。学生を相手に、マンガ本を読みながら、無言でグダグダ過ごす定食屋の明確なビジョンをしめしたこと。成功しているお店は、必ずイメージに手間暇をかけていますよね。
噴男さんは目に見える商品にバッカリ目が行くから、本質のサービスが何なのか分からないのでしょう。
  1. 2009/03/04(水) 00:51:39 |
  2. URL |
  3. モリモリ #-
  4. [ 編集]

甲府市の食堂だったら若奴食堂じゃんね。1号店は原価率高すぎ。

バッフォンバi-274i-203ぶっ!!

甲府で商品数が多くて成功している定食屋は若奴食堂。

でも若奴食堂は管理が大変だろうね。

特に1号店。

1号店は2号店と比べてスタッフの人数が少ないけど、メニューも豊富で、なにより商品の原価率が高い。

2号店の方がはやっているけど、

真面目にやってきた1号店の七光り感があるね。

原価率が低い。

でもあのメニューの分かりやすさがいいんだろうね。

お客さんは原価率では動かないから。

若奴食堂は1号店も2号店も、

山梨食堂と同じ食堂形態だけど、

スタッフの人数も規模も大きいじゃんね。

管理に手が行き届くからできるんずれ。

山梨食堂は実質1人だから、

いろいろやっちゃダメ。

何かに特化しないとね。

特化したものを、

持ち帰りや

ネット注文でもさせてさ。

ネット取引はインセンティブで外注すればいいずれ。

なんか言いたい放題コンサルできてスッキリ。

架空の人物だと評論しやすいね。
  1. 2009/03/04(水) 13:15:57 |
  2. URL |
  3. キャスバル #-
  4. [ 編集]

個人店で切り盛りする場末の食堂は、定食のメニュー数が多くて、さらに値段が安いと、お客さんは、結局何を食べればよいのか分からない状態になります。近所付き合いでお客さんを呼んでいるのでしょう。これに気がつかないと、噴男さんはいつか疲れてしまいますね。
  1. 2009/03/04(水) 13:22:35 |
  2. URL |
  3. ダイスケ #-
  4. [ 編集]

みんな、ナイスエリアマーケティングでした。

さすらいの匿名希望ことよっしーさんへ
>ほうとうはいくらですか?
 ↑
そうですね~。噴男さんであれば、たぶん600円で出すでしょう。



みんな!!さすがです!!ナイスエリアマーケティングでした。
みんなの文章を読んだおかげでしっとっとしてきました。
これから問題が少しずつ難しくなるから、しっかりついてくるようにね~\(^O^)/噴火~!!

それと誰か各登場人物の視点を書いてくださ~い。リンクはります。本編がちょっと硬めなんで、物凄く下らない、本文と何の脈略もない奇抜なストーリー大歓迎~\(^O^)/噴火~!!
  1. 2009/03/04(水) 17:47:47 |
  2. URL |
  3. 勇 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atamanowaruihito.blog63.fc2.com/tb.php/277-69ba6ebf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)