山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

★山梨県で起業するときの落とし穴って何?★ 個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

★山梨県で起業するときの落とし穴って何?★

山梨県内で起業するときの落とし穴とは何でしょうか?★

これから起業を志す山梨県の起業家は、イメージをする才能に優れている人が多いはずです。成功する自分や、成功するビジネスについて強い臨場感をもっているはずです。でないと成功できません。


これらの『成功』とは、ビジネスを通した『成功』があって初めて成り立ちます。そして、そのビジネスが成功するか否かは何で決まりますか?


仕事は段取り8割と言いますが、起業も段取り8割です。ビジネスが成功するか否かは予め考えていたビジネスプランに大きく左右されます。


このビジネスプランはいつ考えるのかと言うと、起業の準備中です。では、ビジネスプランを考えるためには何を考えなければいけないのかというと、『具体的に何で起業するか?』という全体戦略を考えなければいけません。


『具体的に何で起業するか?』が定まって初めて、『さあ起業するぞ!!』と起業の準備を考え始めます。ですから『具体的に何で起業するか?』という全体戦略こそが起業後の全ての成功を支える重要なことです。


『具体的に何で起業するか』をイメージしている間は、イメージすることが楽しいはずです。このイメージは強烈にインプットされます。どんどん視界が広がり、今まで考えもしなかった名案が浮かぶこともあります。


考えている時間というのは、自分で意識的に考えている時間だけではありません。人間は毎日欠かさずに夢を見ます。寝ている間も、ほとんどの確立で夢を見続けています。『私は夢を見ない』と思う人は、試しに寝ている人に話しかけて下さい。『今どんな夢を見ていた?』と聞けば、ほとんどの人が夢の内容を明確に説明できます。つまり、起きてすぐの間は夢を覚えているのです。アナタも例外ではありません。


ちなみに私は毎日好きな夢を見ています。そして起きてすぐに夢を思い出して、考えをまとめます。私は夢を思い出しますが、夢は思い出さなくてもちゃんと潜在意識にインプットされています。そのくらい、起業家は十分な時間をかけてプランを練っているのです。


さて、タイトルは『起業の落とし穴』についてです。アナタが如何に自分の成功をイメージしても、ビジネスが成功しなければ何も成功しません。


このビジネスが成功するか否かは、ビジネスプランを練る前の段取り、『具体的に何で起業するか?』という全体戦略を考えている段階にあります。


『具体的に何で起業するか?』を考えているプロセスに『起業の落とし穴』があります。もちろん、起業家にとって、起業したい分野は概ね決まっているはずです。


甘いものが大好きでお菓子作りが得意な方が起業を志した場合、パン屋かケーキ屋が起業分野として候補に上がることはあっても、IT系や土建業界や韓国料理屋で起業しようとは思わないでしょう。もちろんパン屋かケーキ屋で起業するはずです。しかし、パン屋かケーキ屋で起業して成功できるでしょうか?


パン屋とケーキ屋だけが甘いもの好きでお菓子作りが得意の方の起業ジャンルだとは言えません。むしろ、その考え方には大きな落とし穴が潜んでいるのです。『起業の落とし穴』とは、『何で起業するかを考えている準備段階での致命的なミス』のことです。


この落とし穴とは、アナタの『頭の中で作られる落とし穴』であり、この穴は少しずつ大きくなり、のちに現実世界のアナタを落とす『現実世界の落とし穴』になります。


段取りの時間は十分にあります。(というか、脳が勝手に考えます)ですから、何で起業するかの方向性を間違えないことです。方向性を間違えてしまっては、その後に考える具体的なビジネスプランを練る時間や、起業、そして起業後ずっと考えてきた長い時間、これから考える長い時間が一瞬にして無駄になってしまうからです。


無駄どころか足かせになります。後戻りもできません。考える時間というのは無形の財産です。この財産が足かせにならないように、これから進むべき方向を再確認しましょう。先ほどのパン屋とケーキ屋を例に出して説明します。


アナタが山梨県内のパン業界で起業するとすると、店名は『パン屋』にしますか?それともクリームパン専門店、カレーパン専門店などの『専門店』で起業しますか?
>答えはコチラから。


アナタが山梨県内のケーキ業界で起業するとすると、店名は『ケーキ屋』にしますか?それとも『専門店』で起業しますか?
>答えはコチラから。

スポンサーサイト

テーマ:▲山梨県▲ - ジャンル:地域情報

  1. 2008/11/26(水) 18:00:29|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<小さな会社の広告宣伝費は掛け捨てにはできません。 | ホーム | なぜ、山梨県の小さなパン屋は『クリームパン専門店』にしなければいけないのか?>>

コメント

現在のところ、
起業する予定はありませんが、
ブログを拝見したところ、

山梨県ブロガー協会というところで
起業や小さな会社の
困りごとの解決策がみいだせそうですね。

私はブログを最近始めました。
どのような記事を書いたらよいのか、
継続させるためのコツなど
わからないことだらけです。

こういった困りごとにも
相談にのっていただけるのでしょうか。
  1. 2008/12/01(月) 12:32:53 |
  2. URL |
  3. しど #-
  4. [ 編集]

相談っていうか、むしろ私が相談したいみたいな。(^_^)

>しどさんへ

>山梨県ブロガー協会というところで
>起業や小さな会社の
>困りごとの解決策がみいだせそうですね。
 ↑
小さな会社や起業後の会社が最も苦戦することは伝えることです。
上手に伝えることができなければお客さんに何も伝わりません。
山梨県の小さな会社にとってはクチコミが最も重要です。
しかし、
クチコミで伝えられることは単語のみです。
内容は文章です。
イメージは動画です。
この3つを組み合わせて発信できるのがブログです。
これさえ作ってしまえば、
ケータイメールに貼り付けてURLを飛ばしあい、
効率的にクチコミを誘発させることができます。
雑誌のように単発で使い捨ての効果ではなく、
ブログの効果はずっと続きます。
コンテンツが財産になります。


ネット利用者は買い物をするつもりでネットを利用するのではありません。
情報を探すつもりでネットを利用します。
ですから、
ホームページは読まれません。
情報として読まれる媒体はブログです。
情報として読まれる媒体の筆者は第3者でなければいけません。
ですから、
窓口はブログであり、
必ず他者のブログでなければいけません。
山梨県の小さな会社がブログを自社管理するのはムダです。
ブログへの執筆は他者へ任せたほうが効率的です。


私たちは動画の作成も一緒にやってしまい、
URLの張り付け方などをネット初心者にも分かりやすく教えます。
山梨県の小さな会社は、
山梨県ブロガー協会へお問い合わせください。


ネット初心者にはブログ記事への安心感がなかなか伝わりません。
『炎上するんじゃないのか?』など、
いろいろな不安があるようなのですが、
ブログは炎上するものではありません。
この辺の基本的な説明をしっかりできる体制を作らなければいけませんね。
ブログはネット上でとても信頼されています。


>私はブログを最近始めました。
>どのような記事を書いたらよいのか、
>継続させるためのコツなど
>わからないことだらけです。
>こういった困りごとにも
>相談にのっていただけるのでしょうか。
 ↑
その気持ちすごくよく分かります。(^_^)
1つ分からないことがあると執筆がピタッと止まりますよね。
あなたがもし山梨県人ブロガーでしたら、
山梨県ブロガー協会への入会をお勧めします。
入会年会費ともに無料です。
ブロガー同士の勉強会へ参加できることと、
無料の会報誌が送られるメリットがあります。
その他に、
山梨県の小さな会社から執筆依頼があったら会員に連絡するので、
依頼内容を気に入れば参加してみて下さい。
ネットで情報を読む人は専門的で個性的な内容を求めています。
アナタの個性を開花させて、
自由に執筆して下さい。
  1. 2008/12/01(月) 18:06:19 |
  2. URL |
  3. 勇 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atamanowaruihito.blog63.fc2.com/tb.php/231-7c1bbba6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)