山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

なぜ、山梨県の小さなケーキ屋は『クリームパン専門店』にしなければいけないのか? 個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なぜ、山梨県の小さなケーキ屋は『クリームパン専門店』にしなければいけないのか?

なぜ、山梨県の小さなケーキ屋は『クリームパン専門店』にしなければいけないのでしょうか?


笛吹市にある『ミサワ』のような大きなケーキ屋を除き、山梨県の小さなケーキ屋はとても苦労しています。 設備や金型を揃えて多くの材料を用意して、 多くの材料を品質管理しなければいけません。


作りたてにこだわるのであれば消費期限が短いケーキを品数多く扱うと販売数量が少ないので流通コストが割高になってしまいます。


ケーキを作ることに拘るのであれば、 専門的で個性的な商品を2,3種類だけ作ることに特化して、 小売の窓口を他社に任せなければいけません。 ケーキを小売することに拘るのであれば、 ケーキとケーキ以外のサービスに付加価値を付けて客単価を極端に上げる必要があります。


山梨県の小さなケーキ屋が今まで通り複数のケーキを作ってお客さんへ直接提供することは、 もはや不可能です。


ケーキ業界はすでに『シャトレーゼ』のような企業の仕事になっています。


小さなケーキ屋はどのように生き残ればよいのでようか?


もちろん、ケーキの需要がなくなることはありません。大多数の人はケーキが好きです。


では、ケーキを毎日食べたい人はどのお店にケーキを買いに行くのでしょうか? シャトレーゼのように吹き抜けや鏡張りの店舗であれば、『とりあえず入店しよう』と考えるでしょう。商品の品数が多く、店員のよけいな接客もないので『ユックリ商品を吟味しよう』と考えるでしょう。


しかし、 山梨県のような田舎の近所の小さなケーキ屋には、まず入店すらもしないはずです。 自分用のケーキを毎日買って帰ることなど考えもしないでしょう。山梨県民にとって、近所の小さなケーキ屋は、普段買いのケーキを買う場所では無くなってしまったのです。ケーキはデザートであって特別な日に食べるものだというイメージも山梨県の小さなケーキ屋にとって痛手です。


そこで、 小さなケーキ屋はケーキ屋を売ることを目的とせずに、 甘いものを好きなお客さんに喜んでもらうことを目的にしたらどうでしょうか? 甘いものを好きな人はた?くさんいます。 パンならどうでしょうか? パンは食事の時間に堂々と食べられます。 片手で、車内でも気軽に食べられます。 一言で『パン』と言っても、クリームを生地で包んで携帯性と品質保持期限を向上させることが目的なので、パイ生地であってもしっとりしたケーキ風の生地であっても問題はありません。しかし、屋号は『クリームパン専門店』を強調することがよいでしょう。甘いものが好きな人にとって、 『クリームパン』は単語一つで万人に同じクリームを想像させることができます。 パンに染みない、 『トロッとした濃いクリーム』を連想できます。


この『トロッとした濃いクリーム』は、 甘いもの好きな多くの人に共通する強烈なイメージを訴えかけます。 誰とでも簡単にイメージを共有でき、 クチコミされます。 甘いものが好きな人は『クリームパン専門店』に大いに興味を駆り立てられ、 どんな種類のクリームがあるのか気になるからです。 毎月の決まった日に1種類づつ新作クリームを作って新商品にして人気が下火になったクリームや季節物のクリームを1種類づつ外していけばクチコミをコントロールできます。


クリームパンであれば、 各段に品質管理が楽になり、 ロスも出ません。 ケーキを作る手間と比べたらクリームを開発する手間などどうということではないはずです。 甘いものが嫌いな人などそういません。 ほとんどの人は興味のある専門店ができればクチコします。 田舎町であればあるほど、 何も無いがゆえに専門店はクチコミされます。 放っておいても、無料でみんなが宣伝してくれて、取材のオファーが来ます。


パンであることは他にも理由があります。 キーワードとなる『トロッとした濃いクリーム』は、 『ケーキ』ではイメージさせることができないのです。 『パン』と『クリーム』を合わせた『クリームパン』だからこそ、 みんなが共通して『トロッとした濃いクリーム』をイメージできたのです。


小さなケーキ屋を営むよりはクリームパン専門店を営むほうがよいでしょう。 新規顧客とリピート率が上がることは想像できると思うのですが、客単価が下がるのではないか?と考える方もいるでしょう。ご心配なく。客単価も落ちません。クリームパンはケーキと比べて日持ちすることと、専門店化することによってまとめ買いが増えるからです。御土産用になるからです。御土産になる商品の共通点とは、専門的な店の専門的な商品であることです。


このブログ記事のタイトルを一読したときには、 ほとんどの方がこう考えたはずです。 『そんなことをしたらお客さんが減るだろ!!』と。 でも実際は、 どう考えてもお客さんが減ることなどないのです。 むしろ、 お客さんは増えます。


私はちまたで『クリームパン専門店』を見たことがありませんが、 ちまたでは驚くほど『ケーキ屋』があります。 『ケーキ屋』で営業する限り、 自ら首をしめているようなものです。 『分かりやすいこと』だけでは結果として何も伝わらず、 何のメリットもないんです。 しかし、 『専門的で個性的なサービズを分かりやすく伝えること』は大変なメリットです。


既存のケーキ屋が今から『クリームパン専門店』を目指しても全く遅くありません。 前述したとおり、 まだ前例がないのですから。 ここまでリスクが無いことは理解できても、 一緒に働く家族やお客様を説得させるることは難しいかもしれません。 今までの社風や雇用形態などもあるかもしれません。 そこで、 次の記事では、 今までの経営方法を全く変えず『クリームパン専門店』に衣替えする方法を☆勇ブログ☆読者にコッソリ教えちゃいます。


■山梨県のパン屋とケーキ屋をノーリスクで『クリームパン専門店』に衣替えさせる方法■はこちたから。


『ケーキ屋の例』を 『パン屋の例』におきかえた記事、
■なぜ、山梨県の小さなパン屋は『クリームパン専門店』にしなければいけないのか?■はこちらから。

スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/11/22(土) 09:14:00|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<なぜ、山梨県の小さなパン屋は『クリームパン専門店』にしなければいけないのか? | ホーム | 山梨県のパン屋とケーキ屋をノーリスクで『クリームパン専門店』に衣替えさせる方法>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atamanowaruihito.blog63.fc2.com/tb.php/229-fb7fae58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)