山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

■山梨県の小さなビジネスがブログを小予算で有効に活用する方法■ ★山梨県ブロガー協会★  個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■山梨県の小さなビジネスがブログを小予算で有効に活用する方法■ ★山梨県ブロガー協会★

★山梨県ブロガー協会★

第4話■山梨県の小さなビジネスがブログマーケティングを小予算で最も有効に活用する方法■





ブログマーケティングには『記事報酬型』と『体験型』があります。

『記事報酬型』はブロガー自身にサービスを体験させなくても記事を作成してもらえます。

ブロガーはインターネットを通してビジネスが指定する通りのキーワードを使って記事を書きます。

同じような記事を大量にかかせることに向いています。

対象は全国になります。

記事の説明に臨場感を持たせるには大きな物販業が向いているでしょう。

例えばチョコレート菓子の『ポッキー』についての記事をブロガーが記事報酬型で執筆することは可能です。

『ポッキー』は全国どこでも販売されている商品だから説明がしやすいからです。

しかし、

山梨の小さなビジネスの多くはサービス業なので記事報酬型は不向きかもしれません。

ブロガーがサービスをさも体験したかのような記事を書くことは不自然です。

狭い山梨でヤラセの情報はデメリットでしょう。





山梨の小さなサービスはブロガーに『体験型』で直接商品を体験してもらい、

各ブロガーの個性を活かした記事で専門的な読者へ伝えることで効果がジワジワと続くでしょう。

mixi等のSNSを利用している人は、

ブログのコメントの少なさを心配する傾向にあります。

実際に、

SNSの方が盛り上がっているように見えます。

何故盛り上がって見えるかというと、

書き込みが活発だからです。

携帯電話専用のSNSであるモバゲータウンは、

さらに書き込みが多いのですが、

コメントの多くはあいさつの一文程度です。

これでは記事として伝わらないので小さなビジネスを伝えることはできません。

SNSは『コメントを書かせる』ことが目的であり、

ブログは『記事を読ませる』ことが目的なので、

用途と目的は全く別物です。

たとえSNSが起爆剤であっても、

起爆剤には火をつける導火線がありません。

導火線はブログであり、

この導火線は複数必要です。

第3話■山梨県の小さなビジネスはサービスをどのように伝えたいか■の答えは、

『臨場感のある専門的で個性的な複数の情報を一気に広める』ことだからです。

ブロガーは世間で言われているほど多くはありません。

桁違いに少ないでしょう。

ブログのほとんどは休眠ブログであり、

開設後間もなく休眠するケースが多いのが理由です。

私の周りのブロガーはみなブログを続けて数年経過しています。

どういうことかというと、

ブログを書く人はブログを書くことが好きであり、

得意であるはずです。

考えてみて下さい、

数年以上書き物をしている人はどのような職種の方でしょうか?

作家か編集者くらいなものです。

ブログは紙媒体ではないので文字以外の伝え方も可能です。

ですから、

ブロガーは伝えるプロであって伝えることが好きな人であるはずです。

ブロガーにとって、

小さなビジネスを取材してそれを独自の視点で専門性や個性をもって伝えることは、

ブロガーにとって好きなことであり楽しいことです。

だからこそブログを続けられているのです。

山梨県の小さなビジネスがブログを上手に伝える最も効率的な方法は、

ブロガーと同じようにアナタ自身が取材を楽しむことです。

『俺はこういう人間だ!!これが俺の趣味なんだ!!俺はこのビジネスをこうしたいんだ!!』と伝えることです。

ブロガーにとって、

小さなリーダーの趣味や好きなこと、考え方を知ることは何より大切な情報源です。

何故かと言うと、

ブロガー自身が好きなことをしている人だからです。

ブロガーには、

小さなリーダーが好きなことを、

小さなビジネスに繋げる才能があります。

趣味を仕事にできたらステキです。

誰と争う必要がなく、

毎日を楽しく仕事できるのですから。

第4話■山梨県の小さなビジネスがブログマーケティングを小予算で最も有効に活用する方法■ の答えは、

アナタ自身が楽しむことです。

実際に取材を受ければ楽しくなってきます。

そのまま楽しんでしまうことです。





ブログ一本に係る費用は安い掲載料金の雑誌よりもずっと低価格です。

山梨県の小さなビジネスは、

10の予算を使って11の結果を出すことにみんな必死です。

今までのやり方をちょっと変えて、

10の予算のうち、

1を全く別の使い方をすることで、

結果が2乗3乗になる場合もあります。

つまり、

10が20になったり30になったりすることもあるのです。

次号の第5話では■各都道府県のブロガー協会の現状■についてご説明します。





★山梨県ブロガー協会★の記事は全8話構成です。

『目次』はコチラへ。


スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/11/09(日) 08:15:28|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<■各都道府県のブロガー協会の現状■ ★山梨県ブロガ?協会★ | ホーム | ■山梨県の小さなビジネスはサービスをどのように伝えたいか■ ★山梨県ブロガー協会★>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atamanowaruihito.blog63.fc2.com/tb.php/220-ad7b49af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)