山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

■山梨県の小さなビジネスはサービスを伝えるために苦労しています■ ★山梨県ブロガー協会★ 個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

■山梨県の小さなビジネスはサービスを伝えるために苦労しています■ ★山梨県ブロガー協会★

★山梨県ブロガー協会★ 

第1話■山梨県の小さなビジネスはサービスを伝えるために苦労しています■





小さなビジネスにとって、

伝えたいサービスは専門性のある個性的なサービスです。

しかし、

田舎では、

小さなビジネスが提供するサービスは専門性を持たせることが難しいのが現状です。

山梨県は東京都の隣に位置しながら、

県民の総人口は89万人の田舎県です。

山梨県の企業の90%以上の会社は従業員10人以下の小さなビジネスであるはずです。

個人ビジネスが50%以上でしょう。

そんな山梨県の小さなビジネスはお客様にどのようにしてサービスを伝えているのでしょうか?





山梨の小さなビジネスも従来のやり方では身をけずる防戦一方で資本を削るばかり…。

このままではまずいとホームページを作ろうにも、

ホームページの外注は高額だし他人任せにできませんから労力もかかります。

自分で一から作ろうにも、

それこそ労力が大変です。

さらに、

管理しなければなりません。

山梨県のビジネスのほとんどは小さなビジネスですから、

ホームページを維持管理するための労力を別に割くことは現実として難しいのです。





ホームページがある山梨県の小さなビジネスは、

専門性をもたせるためにホームページを作っても、

客層を絞ることへの恐れから、

いつの間にやら当たり障りのない内容になってしまい、

結果として何も変わっていないケースもあります。

他にも、

専門性を持たせたホームページを作っても、

全く見られていないケースもあります。

ホームページは時間や手間がかかり遅く、

検索で上位にこないことと、

山梨県の小さなビジネスにとって専門性や個性を出しづらいことが要因です。

これでは口コミにも繋がりません。

今日の情報化社会においては、

ホームページは窓口のみでしか使用できないのです。

ですから、

ホームページはサービスを知ってもらうための媒体としては使えません。

山梨県の小さなビジネスはサービスを伝えるために苦労しています。

では、

山梨県の小さなビジネスにとって、

サービスを知ってもらうための広告宣伝
はどのようなものがあるのでしょうか?





★山梨県ブロガー協会★の記事は全8話構成です。

『目次』はコチラへ。

スポンサーサイト

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/11/07(金) 22:31:37|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<■山梨県の小さなビジネスの広告宣伝■ ★山梨県ブロガー協会★ | ホーム | レッドクリフでは兵士が戦いながら笑っていました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atamanowaruihito.blog63.fc2.com/tb.php/217-30a0cc6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)