山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

★浮気調査の裏話in山梨★ ?男のウワキの真実編 ●第7話▼浮気を止めさせるために。 個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

★浮気調査の裏話in山梨★ ?男のウワキの真実編 ●第7話▼浮気を止めさせるために。

★本文中に使われる用語の補足説明★

私=山梨県甲府市の非営利探偵社=特定非営利活動法人 NPO CRISIS MANAGEMENT (クライシスマネジメント)

アナタ=お客様=クライアント(30代?50代女性であることが多い)

相手=調査対象者=ターゲット





●第7話▼浮気を止めさせるために。

浮気をする人は理由を歪曲させててでも自己正当化して浮気をします。

人は皆、

環境を変えないことに執着します。

浮気をすることは浮気をする男性にとって自然なことであり、

望む環境ですから、

その環境への執着はなおのことでしょう。

ですから、

「浮気を止めて」と言って止めさせられるものではありませんし、

まして急に止めさせることなどできるはずがありません。

罪悪感を感じさせる方法も無意味です。

同時に多くの愛人を管理する人ほど、

そもそも罪悪感を感じていません。

浮気をやめざるをえない問題を作れば、

止めざるをえないでしょうが、

この問題が無くなった場合は、

また浮気を始めます。

ですから、

相手自身が浮気を望まない状態にしなければなりません。





そのためには、

まず相手を分析しなければなりません。

以前の☆勇ブログ☆記事で、

『手段と目的』という記事
がありました。

記事の内容は、

以前の私がホストクラブで実際に行った面接手法を書いています。

この面接の目的は、

ホスト向きであるか否かを調べるためだけではありません。

一番の目的は、

レイプする男性を排除することでした。

ホストのお客様は女性ですから、

女性に対して憎悪の感情を持つ男性をスタッフにする訳にはいきません。

面接を受けにくる男性へ、

「君は女性をレイプしますか?」と聞いたところで、

「はい。レイプします。」と答える人などいません。

ですから、

私から面接を受けにきた男性へ、

こちらの意向を隠しながら、

レイプとは全く関係の無い質問をして、

こちらから男性を分析するしかないのです。

私からの質問に対する答えと、

質問に答える男性の目の動きと仕草を見て、

その答えが本当か嘘かを聴覚と視覚で判断します。





★浮気調査の裏話in山梨★の第6話では、

母親が浮気をしていたケースは、

女性は浮気をするものだと思っているので罪悪感が無いと説明しました。

こういう環境では複合して色々な問題を抱えているものです。

母親から虐待を受けていたこともあるでしょう。

母親からの虐待に合わせて、

妹がいない場合や、

妹がいても妹を思いやる傾向が無い場合などは、

女性に対する憎悪からレイプをする傾向があると判断する訳です。

これらの質問も全てオブラートに包んだ質問や仕草をするので、

こちらの趣旨は全く見破られません。






このように分析をして、

相手の脳と心を洗っていきます。

そして、

ここから相手自身が浮気を望まない状態にするための対策を考えます。

この対策とはケースバイケースであり、

とりあえず試してみる簡単な対策から大掛かりな対策まであります。

目的は相手に浮気をさせないことであり、

相手に浮気をしない環境を心地よく思う状態を作ることです。

私とアナタが相手の調査を長時間共にしているのであれば、

協力に必要な時間は短縮されています。

☆勇ブログ☆の読者ならお分かりでしょうが、

私は宗教的な占いやスピリチュアルを用いるものではありません。

しかし、

相手が占い好きであったり、

その類のものに感化されやすい性格であれば、

その類のものに思わせた方が良い場合もあります。

★浮気調査の裏話in山梨★目次はコチラから。

スポンサーサイト

テーマ:恋愛日記 - ジャンル:恋愛

  1. 2008/10/17(金) 13:17:28|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<★浮気調査の裏話in山梨★ ?男のウワキの真実編 ●第8話▼次の人生を生きるために。 | ホーム | ★浮気調査の裏話in山梨★ ?男のウワキの真実編 ●第6話▼男と女の本能の違い。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atamanowaruihito.blog63.fc2.com/tb.php/204-2553b07e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)