山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

★浮気調査の裏話in山梨★ ?男のウワキの真実編 ●第6話▼男と女の本能の違い。 個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

★浮気調査の裏話in山梨★ ?男のウワキの真実編 ●第6話▼男と女の本能の違い。

★本文中に使われる用語の補足説明★

私=山梨県甲府市の非営利探偵社=特定非営利活動法人 NPO CRISIS MANAGEMENT (クライシスマネジメント)

アナタ=お客様=クライアント(30代?50代女性であることが多い)

相手=調査対象者=ターゲット





●第6話▼男と女の本能の違い。

浮気をする人は、

男女比で言えば、

明らかに男性が多いです。





浮気性の男性の多くは、

浮気の対象となる女性に対して、

どのような付き合い方をするかを早い段階で分けて考えます。

逆に言うと、

ただの浮気だったりします。

心と体が別なのです。

浮気性の男性にとって、

浮気とはライフスタイルです。

毎日女性を探しています。

毎日が『狩の日』です。(笑)

もちろん、

男性がみな浮気をする訳ではありませんよ…。(^_^;) 





男性は女性との経験人数の大小が、

男性自身の意思によってハッキリ分かれます。

女性と遊びたいと考える人か、

女性と遊ぶことに対して執着しない人か両極端に分かれます。

逆に、

女性は男性との経験人数の大小が、

男性に対して受身であるか否かによってハッキリ分かれます。

男性と比べて、

女性は男性とどのような付き合い方をするかを事前に分けて考えません。

女性は互いの段階を追って考えます。

例えば、

DVの被害者になる女性は、

相手の男性との関係性の近さを理由に、

相手の男性を加害者にしたのは自分に原因があると考えて、

1%の可能性に望みを託すこともあります。

その他にも、

愛人というポジションから妻へ変わる可能性は高いと信じていたりします。

このように、

女性は、

男性と比べて、

男性とどのような付き合い方をするかを事前に分けて考えません。

互いの段階を追って考えます。

言い換えると、

特定の異性へ依存する傾向が強いと言えます。

女性は、

一人の子供を産む為に労力がかかるので、

一人の子供や、

特定の異性に対して段階を追って考えるのでしょう。





男性は嫁と姑の問題を天秤にかけられないと考えて、

別個の問題として考えるのに対して、

女性は順位を付けたいと考えます。

ですから、

浮気をする男性は、

嫁と姑の問題だけではなく、

本妻と愛人も比べられないと考えていても不思議はありません。 (^_^;) 十分ありえる…。





浮気をすることは万人の男性に当てはまるわけではありませんから、

本能以外での説明も必要になります。

私は、

育った環境での要因が大きいと考えています。

人はみな、

考えて生きているつもりでも、

『好き』か『嫌い』かを感情で判断して、

自分の感情に正当性を持たせるために後で都合の良い理屈を考えているだけだったりします。

自分の感情とは自分が選ばされた主観を通したものであって、

自分が選ばされた主観とは過去の経験に基づくものです。

ですから、

『本能』と選ばされた主観を培ったであろう『育った環境』を一緒にして考えてみましょう。





たとえば父親との思い出が無い男性の場合は、

自分自身も子育てをしないものです。

というか、

出来ません。

子供とどう接すればよいのか解らないからです。

これと同じように、

浮気性の父親を見て育てば、

男とは浮気をするものだと容認して育ちます。





逆に母親が浮気をしていたケースでは、

女性とは浮気をするものだと感じています。

相手の場合であれば、

アナタもそのような対象として見ているか、

過去にそのように感じていた時期があるはずです。

具体的には、

交友関係を制限するなどして管理束縛するケースです。

こう考えてしまう男性や相手の多くは、

女性不信で寂しいはずです。

愛されて育っていないので愛される自信が無いでしょう。

不安でアナタの内面を深く見ないはずです。

深く見てきてない原因は、

深く見たくないからです。

深く見たくない原因は、

深く見たくない理由があるからでしょう。





浮気をする男性は率先して浮気する環境を作るために女性を誘導します。

受身である女性は浮気をする男性に誘導されてしまいます。

女性は割り切った考え方をしない(男性が、相手とどのような付き合い方をするかを早い段階で分けて考えることに対して女性は分けて考えないということ)ので…、

まとめると…、

愛憎劇に発展するのです…。 (^_^;) 特に思春期の女性。





ところで、

私の同級生は昭和53年生まれです。

30歳です。

この歳になると、

同級生の女の子からコンパの開催をオネダリされます。

私 「どんな男性が良いの?」

女友達 「良い人が良い!!」

私 「良い人とはどんな人!?」

女友達 「ん?、性格が良い人が良いな?。」

私 「ん?、性格が良い人とはどういう性格の人かな??」

女友達 「…、ぶっちゃけ、浮気をしない人。だって、男の人はみんな狩をする狩人なんだもん…。狩をしない人がイイ。」  ノ(´д`*)

私 「ぶっちゃけ、狩をしない人だって沢山いるよ。」 (*・x・)

女友達 「え?!? そんな人私の周りにはいないよ?!!」 ヽ(`Д´)ノ

私 「え?!? なんでそういう人しか周りにいないんだと思う…?」 (^_^;)





ちなみに、

コンパの条件で女性が男性の職業や年収を指定してくることはあまりありません。

男性が一方的に職業や年収の高さを必須条件だと考えている場合が多いのですが、

実は女性はそんなことを気にしていません。





私へ浮気調査を依頼するアナタも同じです。

お金でなくて、

つつましくても愛されることを望んでいます。

ですから、

愛されたい願望は切実です。

アナタから相手との話を聞くと、

私も胸が痛くなります。

とてもオセンチな気持ちになってきます。 (´o`) ホントに切実です。

女性に限らず男性もそうでしょう。

人はみな、

許されて愛される人が必要です。

アナタにとって、

許されて愛される人は相手であることが一番良いのでしょう。

であれば、

私もそれを望んで実現します。 (^_^) お任せ下さい。





浮気をする男性は深い理由があって浮気をしているわけではないのでしょう。

原因は心と脳の一部にあります。

心が脳を飛び越えている訳でも、

心と脳の両方が飛び越えている訳でもありません。

心と脳が同じなのですから、

アナタの望む状態を相手にとって安定した状態だと思わせれば良いのでしょう。

ここでいう本能とは、

そんなものです。

★浮気調査の裏話in山梨★目次はコチラから。

スポンサーサイト

テーマ:せつない。さびしい。恋しくて。 - ジャンル:恋愛

  1. 2008/10/12(日) 17:12:17|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<★浮気調査の裏話in山梨★ ?男のウワキの真実編 ●第7話▼浮気を止めさせるために。 | ホーム | ★浮気調査の裏話in山梨★ ?男のウワキの真実編 ●第5話▼今までで一番(秘)凄かったケース。>>

コメント

こんばんは[e:420]

ふむふむ(*^_^*)゛

実に面白い(笑)

勇さん不器用の男性もいますからねぇ?
  1. 2008/10/31(金) 23:56:54 |
  2. URL |
  3. せれな #-
  4. [ 編集]

意味深いし、罪深い。そして私は…、

>せれなさんへ

>勇さん不器用の男性もいますからねぇ?

 ↑
そうですね。
…って、
私のことですか? (^_^;) 

まあ私も、
不器用と言えば不器用かもしれませんが、
そうでないと言えばそうでもない…。
この辺の、
どっちつかずの人間心理をつくことが占いのロジックの根源です。

セレナさん、
意味深いコメントをアリガトウございます。 (^_^) 私は毛深い。
  1. 2008/11/01(土) 00:11:16 |
  2. URL |
  3. 勇 #-
  4. [ 編集]

勇さんはどっちつかずって感じかなぁ?

代々男の人は一つしか集中出来ないって感じがしますが…なんとも言えないですねぇ?
  1. 2008/11/01(土) 18:49:20 |
  2. URL |
  3. せれな #-
  4. [ 編集]

>代々男の人は一つしか集中出来ないって感じがします
 ↑
そのとおりですよ。
脳の構造上そうなっています。
男性は女性と比べて右脳と左脳をつなぐ束が小さいのです。
ですから、
男性は、
情報を断片的に整理します。
束が小さいことによってメリットになることもあればデメリットになることもあります。
どちらか一方が優れているということではありません。


>勇さんはどっちつかずって感じかなぁ?
 ↑
私はどっちつかずですか?
どっちつかずはどっちかというとイヤですね。
どっちかというとどっちかにつくようにハッキリしたいほうです。(^_^)ますます深いコメントをサンクスです。
  1. 2008/11/04(火) 18:12:56 |
  2. URL |
  3. 勇 #-
  4. [ 編集]

お疲れさま☆

あははは(笑)←爆笑

勇さんが不器用かもしれないしそ~じゃないかもしれない。=どっちつがずになと思うけど…

勇さんは↑どっちつかずは嫌ハッキリしたいのって言うから笑っちゃったのごめんね(笑)

私のコメントは深いかしら?
  1. 2008/11/04(火) 20:44:54 |
  2. URL |
  3. せれな #-
  4. [ 編集]

どっちつかずのあっちつかず

>勇さんは↑どっちつかずは嫌ハッキリしたいのって言うから笑っちゃったのごめんね
 ↑
だいじょうですよ。
論点を作為的にづらしたのは私ですから。
まあ、
ときにはテキトーでもいいかなと。(^_^) ←いつもテキトー。


>私のコメントは深いかしら?
 ↑
そうかもしれませんね。(^_^)コメントをありがとうございました。
  1. 2008/11/06(木) 19:15:53 |
  2. URL |
  3. 勇 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atamanowaruihito.blog63.fc2.com/tb.php/203-3f5240a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)