山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

★浮気調査の裏話in山梨★ ?男のウワキの真実編 ●第3話▼私達の調査方法。 個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

★浮気調査の裏話in山梨★ ?男のウワキの真実編 ●第3話▼私達の調査方法。

★本文中に使われる用語の補足説明★

私=山梨県甲府市の非営利探偵社=特定非営利活動法人 NPO CRISIS MANAGEMENT (クライシスマネジメント)

アナタ=お客様=クライアント(30代?50代女性であることが多い)

相手=調査対象者=ターゲット





●第3話▼私達の調査手法。

ひとつ、

うちの調査方法で

とても特徴的なことがあります。

アナタも調査に参加できるということです。

ですから、

取った証拠を寝かせずすぐに公開します。

アナタが調査に参加しない場合は、

私は例え調査中であってもアナタへダイレクトに電話で状況を報告します。

アナタが調査へ参加する場合は、

私とアナタが何時間も車内へ一緒にいることもあります。

ですから、

一緒に食事することは日常です。

一言も発することができない緊迫した状態が何時間も続くことがあれば、

緊張の糸が途切れたアナタが急に眠りだす場合もあります。

私とアナタは調査と関係のない話もします。

お互いに冗談も言いますし、

お互いの生い立ちから、

楽しかったことや辛かったことの想い出話しもします。

後に詳しく述べますが、

実はここでアナタの考え方を聞いておくことが、

この後のアナタが選択する複数の選択肢を実現するための重要な役割を担うことになります。





もちろん、

調査中に一番やりがいを感じるときは、

証拠を取ったときです。

証拠は視覚的に確認できるからです。

しかし、

実際に裁判で証拠が使われることは少ないのが現実です。

何故かというと、

調査を依頼してくるアナタの多くは、

離婚する気持ちがそもそも無いからです。

ただ事実を確認したくて調査を依頼しています。

『それでは探偵の意味が無いのではないか?』

と考える方も多いでしょう。

しかし、

私の仕事は証拠を取ることが目的なのではなく、

アナタの心の平穏を取り戻すことや、

アナタの心に満足を与えることです。

そのための一つの手段として、

証拠を取ることがあるのです。

調査とは、

私とアナタの二人三脚です。





事実を確認したいアナタは、

自分自身の今後の身の振り方を考えるために、

必要な情報を欲しいと考えています。

その情報が入って初めて、

アナタは1歩進む準備をしたいと考えています。

その1歩の進む方角はどちらなのか、

アナタの目的が何であるのかの結論を出すことを私は急かしません。

私は、

アナタからの求めに応じて、

助言を求められれば提案して、

一緒に悩んで考えます。

調査の段階で私がアナタへ提案することとは、

別れる場合と別れない場合それぞれの得られる利益と失う利益を提示することであり、

一緒に悩むこととは、

アナタの思考を引き出すことです。

そして、

アナタがいずれかを選択するまでアナタを信じて待つだけです。





ここまで悩んだアナタにとって、

結論とは別れるか別れないかの2択では無く、

アナタにとって新しい選択肢が出てくることを、

私は事前に知っています。

そして、

未来のアナタが選ぶ可能性のある新しい選択肢を実現できる可能性を高めるために、

その準備をするために、

私はアナタとお話ししていたのです。





今まで一人で悩んで辛かったアナタにとって、

アナタが踏み出す次の一歩の方向と幅は自由に広がっており、

どこへ踏み出しても盤石であるはずです。

アナタにこの環境を提供することが、

私の調査手法であり、

アナタに満足してもらうことが、

私の満足です。




私がアナタに提案する調査手法とは、

アナタと私の二人三脚です。

★浮気調査の裏話in山梨★目次はコチラから。

スポンサーサイト

テーマ:心のつぶやき - ジャンル:心と身体

  1. 2008/10/07(火) 18:49:45|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<★浮気調査の裏話in山梨★ ?男のウワキの真実編 ●第4話▼浮気(不倫)を確認したアナタはこのように考えます。 | ホーム | ★浮気調査の裏話in山梨★ ?男のウワキの真実編 ●第2話▼離婚するためにはどんな証拠が必要か>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atamanowaruihito.blog63.fc2.com/tb.php/200-506806f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)