山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

★浮気調査の裏話in山梨★ ?男のウワキの真実編 ●第1話▼10万円で効率的に調査するために。 個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

★浮気調査の裏話in山梨★ ?男のウワキの真実編 ●第1話▼10万円で効率的に調査するために。

★本文中に使われる用語の補足説明★

私=山梨県甲府市の非営利探偵社=特定非営利活動法人 NPO CRISIS MANAGEMENT (クライシスマネジメント)

アナタ=お客様=クライアント(30代?50代女性であることが多い)

相手=調査対象者=ターゲット





男のウワキの真実編●第1話▼10万円で効率的に調査するために。

私へ浮気調査を依頼するアナタが、

浮気調査の対象者として指定する相手は、

ほとんどの確率で真っ黒です。

浮気をしています。

浮気相手の人数が一人で済めば良い方です。

言い方を変えると、

アナタが私へ相手の浮気調査を依頼した段階で、

相手はほとんどの確立で1人以上の浮気相手と浮気をしていることになります。

ですから、

私へ調査の依頼をしたアナタのカンが的中していることになります。





10万円で効率的に調査するためには、

アナタが、

相手の浮気について、

いつ、誰と、どこで浮気をしているのかの事前情報があれば、

依頼を受けた翌日に黒であることを確認できる場合もあります。

ですから、

10万円で結果を出せる場合もあります。

しかし、

浮気を断定することができても証拠を取ることは難しいかもしれません。

証拠は多くの場合、

全く光の無い暗闇の中で赤外線線撮影します。

隠れて撮影できる場所を確保できるか、

歩行者がいないかなど、

常に万全の状況で撮影できるとは限らないからです。





私の調査手法で特徴的なことは、

アナタも調査に参加できることです。

こうすることで、

調査手法の幅がグッと広がり、

調査費用を安く抑えて、

調査内容をリアルタイムでアナタに伝えられます。

アナタを同行して調査する場合の多くは、

アナタは証拠を取ることよりも相手にバレないことを優先したいと考えます。

ですから、

変装して安全な車内等から直接目視で確認することを望む場合が多いのです。

彼女が彼氏を調査する場合などの交際相手の調査や、

事業者がスパイ行為を行っているスタッフを調べる場合などは、

アナタに調査へ同行してもらって、

直接目視で確認することがよい場合もあります。

★浮気調査の裏話in山梨★目次はコチラから。

スポンサーサイト

テーマ:▲山梨県▲ - ジャンル:地域情報

  1. 2008/10/06(月) 20:57:13|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<★浮気調査の裏話in山梨★ ?男のウワキの真実編 ●第2話▼離婚するためにはどんな証拠が必要か | ホーム | 山梨県民による、山梨県民なのに、山梨県内観光客ごっこ>>

コメント

ドキドキしますね

ドラマのようです
続きが気になりますねやはり一番、現実が奇なのでしょうか
  1. 2008/10/06(月) 11:23:11 |
  2. URL |
  3. 平成の湖衣姫 #-
  4. [ 編集]

ドキドキしますよ。

>平成の湖衣姫さんへ。

>現実が奇なのでしょうか
 ↑
そうですね。
第6話では、『今まで一番(秘)凄かったケース』をお話します。
愛人が同時に6名いたケースです。
同じアパートに愛人が2人いたときにはビックリしました。
浮気する旦那様の奥様は、
もういまさら安心できないので、
この際相手の秘密を全部暴くことしました。
「あんなにドキドキするのは初めてです。」
と言って、
調査の臨場感が楽しくなって秘密を全部暴いてしまったケースです。

旦那様にとっては、
自宅も会社も全てが浮気現場。
奥様の協力もあって、
会社の構造を利用して外部からコンクリートマイクで盗聴し、
旦那様の車やカバンへ位置を確認できる発信機を付けて、
事務所には、
従来の盗撮盗聴器から遠方でもダイレクトに盗聴できるようにプリペイド携帯電話を改造した盗聴器を使うなど、
あらゆる特殊機材を使って調べました。

大手の調査業者は複数台の車両を使ったアナログ追跡調査が基本ですから、

他では無い最先端のハイテク調査だったと思います。

お楽しみに!!

平成の湖衣姫さん、
またスピーチスピーチへお伺いしますね。
一緒に甲府駅前でチラシまきをしましょう!!
私は盗撮盗聴器発見のチラシ(http://atamanowaruihito.blog63.fc2.com/blog-entry-182.html)を歩行者へ配ります。
(^O^)/ コメントをアリガトウございました!! 
  1. 2008/10/06(月) 14:08:10 |
  2. URL |
  3. 勇 #-
  4. [ 編集]

ラジオで聞いたんだけど…

妻が自分の旦那の浮気調査を探偵に依頼するに至った時点で、その9割が“黒”らしいね(^_^;)
逆を言えば、嫁さんが自分の旦那の浮気について、ある程度自信を持った時はじめて探偵に依頼するって事なのかな?
自信を確信に変える為に。
もしくは自信を打ち砕いてもらう(白だと信じたいから)為かもね。
  1. 2008/10/08(水) 22:45:41 |
  2. URL |
  3. INA #-
  4. [ 編集]

その通りです。多くの女性は白だと信じたがっています。

>INAさんへ

>9割が“黒”らしいね(^_^;)
 ↑
的確な数字だと思います。


>自信を打ち砕いてもらう(白だと信じたいから)為かもね。
 ↑
多くの場合、
それ(白だと信じたいから調査すること)が正解です。
女性は関係を持った異性に対して少ない確率に希望を託します。
修正の難しいDV加害者へ依存してしまう被害者の女性も同じです。
自分を愛した人を救いたいと考えます。
もちろん、
その女性自身が依存している部分も沢山あります。
体や無意識層が望んでいる場合もあるからです。

女性は健気です。
私のクライアントも、
同じく健気です。
良く言えば、
イチズなのです。

多くの女性は白だと信じたがっています。
浮気の証拠(ホテルへの出入り)を確認しても、
浮気と断定せず、
二人の会話の内容を気にする女性もいます。
「何のためにホテルへ入ったのだろう?」と。(笑)
真剣に推測していました。
どうしても知りたいと言うので、
相手の入った隣の部屋に女性と入り、
隣の部屋を盗聴しました。
いきなり盗聴といっても、
隣の部屋からはコンクリートマイク位しか使えません。
聞き耳を立てても、
かすかにシャワー音が聞こえる程度。
だいたい、
突発的に相手が入ったホテルの構造など、
どうなっているのか解りません。
ベッドと隣り合う部屋がどの部屋かも解りませんし、
仮にベッドの場所が解っても相手の性癖まで聞いていません。
つまり、
ベッドでしているかどうかも解りません。

…、
そんなこんなで、
女性と一緒に部屋を出て、
私が女性に尋ねました。
私「今まで、男性とホテルへ入ってHをしなかったことはありますか?」
女性「そんなことありっこないじゃないですか。」
私「…、彼は部屋で何をしていたのでしょうか…?」
女性「…、でもやっぱり、やっていたとは限りません…。」
私「…、なるほど。そうですね。断定は、できませんよね…。」
女性「はい。何か理由があるかもしれませんし…。」

とまあ、
そんなこともあったくらいです。(^_^;) 


(^O^)/ コメントをアリガトウございました!!
  1. 2008/10/09(木) 01:12:20 |
  2. URL |
  3. 勇 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atamanowaruihito.blog63.fc2.com/tb.php/197-2560bf4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)