山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

ハードクレーム対策 ?ヤクザへ電話をかけてみようっ!!偏? ※マネしないで下さい。 個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハードクレーム対策 ?ヤクザへ電話をかけてみようっ!!偏? ※マネしないで下さい。

近所の定食屋で食事中に、

友人の?さんから電話がありました。

?さんからは以前、

刺青が全身に入ったヤクザらしき人物から脅迫されていることについて相談を受けたことがあります。

今回はさすがに怖かったらしく、

もう耐えられないといった内容の相談でした。

と、

いうことで、

私は先方のヤクザらしき人物へ直接電話をかけることにしました。






相手 「はい。(低い声)」

私 「コンニチハ。私、新田と申します。?さんの件でお電話いたしました。(天真爛漫な声)」

相手 「おお。何のようだ。(更に低い声)」

私 「実は、?さんは私の友人でして、どのように対応したら良いかと思いまして…、事の経緯をお伺いできますでしょうか。(親身に感じる声)」

相手 「オマエは何処のヤツだ?」

私 「住所は??で、甲府市在住です。そうですね?…、私に関する情報は、インターネットで『新田勇介』のキーワードで検索していただくと、私に関する詳しい情報が出てくると思います。」

相手 「…、アンタが間に入るということか?」

私 「そういうことです。委任状をご送付しますよ。」 

相手 「いや、いらん。今回の件は?、…で、…が、…でよっ(怒)!!、あれがこうなってそれでこうで□☆■怒△怒!★怒!!○怒!!!▼怒怒怒怒怒…ets… 」

とまあこんな感じで、

半分くらい聞き取り不可能な説明が20分位続きました。

私は同意も反論もせず、

一通り話を聞いて本題を切り出します。

私 「なるほど。それは辛かったでしょう。お互いに辛かったということですね。しかし、私の立場としては、?さんを守ることです。以前に?さんから相談があったときに、電話の内容を録音するように指示しました。電話の内容は、架電・面談強要禁止の仮処分手続に使われると思います。民事手続では、疎明の手続に利用できます。刑事手続では、脅迫・威力業務妨害罪の証拠になり得ると考えています。また、、アナタが暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律に定められている指定22団体の構成員か否かを国家公安委員会へ照会し、該当した場合には、行政命令である中止命令が発動されると考えています。まだ各種資料の作成には取り掛かっていません。お話して、お互いのメリットにならないことに御理解いただけると考えたから私が直接お電話したのです。資料の作成に着手してしまってからでは、もう白紙には戻せません。こちらにも労力がかかりますから、相応の対応が必要になってしまうことはお解り頂けますよね。(ここから先の話は、詳細を記すと、恐喝罪を構成してしまう恐れがあります)」

と、

こんな感じで畳み掛けると、

相手 「はいっ!!先生、ご迷惑をおかけしましたっ!!(天真爛漫な声)」

という風に対応が180度一変します。

私は心の中で、

『そんなに天真爛漫な声で春を呼ぶと、冬眠中の虫達が起きてしまうではないか。(^▽^*)』

と、

虫のことが気になりました。 (^_^*) 「今は夏だろ!!」みたいな。

書斎1 CRISIS MANAGEMENT


書斎2 CRISIS MANAGEMENT


多分、

相手もそれほど意味を解っているわけでは無いのでしょうが。

多くの場合、

ハードクレーマーは行動原理としてそれを知っても、

理論としてそれを理解しているわけでは無いのです。

CRISIS MANAGEMENT ハードクレーム対策関係の書籍の一部


私はハードクレーム対策の専門家です。

ハードクレームとは難クレーム。

行動の主体の一部は暴力団関係者や、エセ右翼、エセ同和行為者です。

クライアントの一部の方は私がヤクザに対してヤクザ以上に怒鳴って対応しているとか、

勢いで解決していると考えている方もいるのですが、

私は表の人間なので、

表のルールで勝負せざるをえないのです。

表のル?ルは煩雑ですが、

表でやっていく以上、

避けて通れないことです。

そして、

被害を止めることはできても、

被害を回復することは難しいことなのです。



↑ 

特定非営利活動法人CRISIS MANAGEMENT(クライシスマネジメント)の、

ハードクレーム対策セミナーの無料動画です。

表示・閲覧はPCのみです。
スポンサーサイト

テーマ:IR&CSRとしての反社会的勢力対策 - ジャンル:その他

  1. 2008/07/10(木) 23:49:02|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<複数の出資者がいるベンチャー企業で陥りやすい問題。 | ホーム | 『手前狩り』の伝道師、山梨県南アルプス市在住のエセ英国紳士INA、ブログを始める。>>

コメント

凄いですねぇ専門家ですか?
  1. 2008/07/15(火) 18:27:12 |
  2. URL |
  3. せれな #-
  4. [ 編集]

画像から仕事に対する研究熱心さがうかがえますが、
プラスこれまでの豊富な経験があるからこそ、スムーズに対応ができるのでしょうね。
勇さんのお仕事がチラっと見れて・・・ドキッe-2
みんな天真爛漫になれたらいいねー(^o^)


  1. 2008/07/15(火) 23:44:38 |
  2. URL |
  3. モリモリ #-
  4. [ 編集]

>せれなさんへ

専門家ですよ。(^^)
いわゆる民事介入暴力事案は、
誰でも攻撃の対象となりえますし、
幅広い分野の業種へ介入してきます。
それぞれの業法や、
慣行を全て熟知することは不可能ですから、
会社を上げて取り組む必要があります。
私が特に力を入れて指導することは、
クライアントへ行為主体の行動原理を指導することや、
立会人として担当者と共に現場に入り、
状況を執行役員へ伝えて、
役割を分担し、
担当者と担当部署の心理的な側面をサポートをすることによって、
執行役員の求心力を維持して組織をまとめることがメインになります。



>モリモリさんへ

>みんな天真爛漫になれたらいいねー(^o^)
 ↑
ホントにそうですね。
私達の果てしない天真爛漫さをみんなへ分けてあげたいですね~(^0^)/ 
でも、
そうしたら、
日本が年中春になって、
四季が無くなっちゃうかもね。 (^_<) パチッ

モリモリさん、
セミナーの作成に協力してくれてサンキューで~す。(^0^)/
  1. 2008/07/16(水) 12:16:34 |
  2. URL |
  3. 勇 #-
  4. [ 編集]

力強いですねぇ

なんか合った時は頼もうかなぁ(笑)
  1. 2008/07/16(水) 20:40:19 |
  2. URL |
  3. せれな #-
  4. [ 編集]

早急に御連絡を。

>せれなさんへ
なるべく何も無いようにしてくださいね。(^_^;)
この類の案件の解決には多大な労力がかかるのです。
しかし、
いったん巻き込まれたと感じたら、
なるべく早急に連絡を下さい。
この類の案件の問題解決には『事前の準備』と、『相手の攻撃開始から1週間以内の対応』が非常に重要になります。
早期の対応一つで被害を食い止めれれる場合もあるからです。



せれなさんが働く会社で私達のセミナーを受講できれば、
せれなさんが私達のノウハウを無料で吸収できます。



ヤマナシミライ会の前身は山梨学院大学法学部の学生の集まりです。
この集まりは、
DVやストーカーの学術的対策から、
実際に証拠を取ることに特化して結果的に探偵社となりました。
この手の問題には怖いお兄さん達も出てきます。
この怖いお兄さん達への対策として、
民暴対策が始まりました。
しかし、
この対策にはとても労力がかかる上、
被害者は女性を始め、
力やお金の無い弱い方が多いので、
お金にならない現状がありました。
これでは活動を続けることができません。
よって、
ハードクレーム対策として、
企業等に対してサービスを提供することによって、
金銭的な問題を解決することにしました。
現場の担当者は一人で苦しんでいます。
そして、
なるべく多くのスタッフで受講を勧める理由は、
このセミナーのノウハウをスタッフ一人一人の家庭や友人へ伝達してほしいからです。



人間はみな、
失敗して、
一人で想い悩みます。
私クラスの癖づいた失敗人間になると、
車に搭載したナビゲーションシシテム、
『ゴリラ』に言われるがまま、
本来左に曲がるはずの道を、
右へ曲がるようにしつこく催促されれば、
頭では「いや、左だっ!!」って解っていても右へ曲がってしまうこともあります。
昨日も同じ道で間違えたのにね。
ゴリラを信用してはいけないって、
頭では解っているはずなのに。
ゴリラを使って目的地店へたどり着いた試しが無いはずなのに。
解っているのに失敗してしまい、
飼い猫が死ねば大泣きです。
せれなちゃんも、
立派な社長さんも、
ヤクザだってそうでしょう。
私達の一人一人は弱い人間です。



みんな失敗します。
失敗しても、
抱え込んだり、
意固地にならないようにしてください。
この類の問題は、
抱え込みが問題を大きくするのです。
公開しろとは言いませんが、
抱え込まないことが重要です。
  1. 2008/07/17(木) 15:10:56 |
  2. URL |
  3. 勇 #-
  4. [ 編集]

見えた。

さ~すが“甲府の妖精・新田勇介”。
勇ちゃんの妖精トーキングの前では、
般若のお面も笑顔になっちゃうよね(*^_^*)テヘッ
あ~、なんて天真爛漫。
すごいぞこの天真爛漫。
  1. 2008/07/17(木) 19:10:09 |
  2. URL |
  3. INA #-
  4. [ 編集]

見るな。潤んだ瞳で俺を見るのはよせ。

>INAさんへ

妖精口調で天真爛漫に春を呼びすぎてすみません。
この場を借りて気象庁様へ深くお詫び申し上げます。
予定を狂わせてしまって誠に申し訳ありません。(*^_^*)テヘッ

INAさん、
セミナーの作成協力サンキューです。 (^0^)/
  1. 2008/07/17(木) 19:41:59 |
  2. URL |
  3. 勇 #-
  4. [ 編集]

なるほど

わかりました(o^-^o)\

  1. 2008/07/17(木) 23:01:03 |
  2. URL |
  3. せれな #-
  4. [ 編集]

天真爛漫な甲府の妖精から
愛くるしいお電話をかけられたら・・・

冬眠中の虫たちが目覚め、
地球の温暖化、
もしかしたら冬眠という言葉さえ
死語になってしまうかもしれませんね。

地球規模に影響を与える
甲府の妖精には
誰も太刀打ちできないはずです。

「ゴリラ」の予測不能な振る舞いは・・・
実は、甲府の妖精と戯れたいと思っている・・・
のかもしれませんね。
  1. 2008/07/22(火) 19:24:42 |
  2. URL |
  3. そら #-
  4. [ 編集]

全肯定します。

>そらさんへ

>天真爛漫な甲府の妖精から
愛くるしいお電話をかけられたら・・・

>冬眠中の虫たちが目覚め、
地球の温暖化、
もしかしたら冬眠という言葉さえ
死語になってしまうかもしれませんね。


実は私もそれは十分にありえると考えています。
私達の専門はリスクマネジメントの中の核となるクライシスマネジメント。
最悪の事態も想定して取り組む必要があるからです。




>地球規模に影響を与える
甲府の妖精には
誰も太刀打ちできないはずです。

 ↑
全く同感です。
京都のなんとか会議の、
なんとかというトップの方を、
裏で操っているなんとかというお方が、
『世界の全てのドライバーをプリウスに乗り換えさせることよりも、甲府の妖精を膝に乗せる方が長期的に考えた場合は地球全体にとって有益なことだ。』
というコメントがありました。
このコメント自体は、
各種利害関係団体からの、
マスコミへの圧力によって放送を中止させた経緯があるようです。
今回の会議は、
首脳部ではすでに結論ありきだったようですよ。




>「ゴリラ」の予測不能な振る舞いは・・・
実は、甲府の妖精と戯れたいと思っている・・・
のかもしれませんね。
 ↑
十分有り得るお話だと思います。
ゴリラに関するネタは内輪ネタだったので掲載を躊躇したのですが、
書き始めた手前消すのも勿体無くなくて勢いで書きました。
最近はゴリラの実情が解って来ました。
東京で乗った『東京無線』というタクシーの運転手は、
ゴリラを全車両へ搭載したことにより、
会社が危機に扮しているとお話ししてくれました。
そう、
この運転手はゴリラを使って検索すらしませんでした。
地図を広げて調べ始めたのです。
ゴリラの話はウチワだけでは無かったようです。

ジャパネットもクレームでテンヤワンヤのはず。
そう…、
私の出番です。  ← 最終的にこれが言いたかったのです。
  1. 2008/07/23(水) 12:28:22 |
  2. URL |
  3. 勇 #-
  4. [ 編集]

いつもみています

はじめまして、よく参考にしています。これからも遊びにきますね。
  1. 2008/10/24(金) 18:35:01 |
  2. URL |
  3. ハナ #-
  4. [ 編集]

ありがとうございます。

ハナさん、
またおいでくださいね。(^_^)
コメントをありがとうございました。
  1. 2008/10/25(土) 15:32:35 |
  2. URL |
  3. 勇 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atamanowaruihito.blog63.fc2.com/tb.php/174-22c1657f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)