FC2ブログ

山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

アルプス高原キノコの風林火山博向け簡易パッケージ 個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

アルプス高原キノコの風林火山博向け簡易パッケージ

弁当に一つ入っているだけで弁当全体が食べられなく唯一の食材、

私にとって永遠の天敵であるキノコ。

しばらくは大嫌いなキノコを眺める毎日が続きました


私の無意識層はキノコ嫌いを克服しようとでもしているのでしょうか?



私達の担当は企画・営業・広報・法務。

法務は断片的な作業が可能ですが、

とかくベンチャー企業の場合は、

企画から派生する営業・広報は切り離して考えられません。

価格や市場に整合性が取れなくなると、

ただの製造工場に成り下がってしまいます。

プレゼンテーション資料




5日に及ぶ激熱議論の末、

私達のビジョンが決定され、

事務所のOA機器と、

その辺で市販されている袋を使って、

簡易パッケージを作り始めました。

アルプス高原きのこの簡易パッケージ 表面


アルプス高原きのこ簡易パッケージ 裏面


所要時間2日。

ここまではまだ一切外注が無い状態です。

今まで多くのベンチャーの立ち上げに関わって来た私達は、

面倒な最初の作業をギリギリまで自前でやる必要性を知っています。

でもこれ廃案になったんですけどね。(^_^)テヘッ!!



流通に関して、

販売チャンネルは多いほうが良いですが、

各チャンネル1アンテナ(スーパー等の量販店であれば商圏毎)でなくては店頭にPOPを置いたり、折込広告に記載するメリットが店側に無いですからね。

量販店には出荷量が一定するまで販売できません。

商品が陳列される“棚”を空かせる訳にはいかないからです。

そして、

生産量が一定しないからといって、

戦略無く市場を通せば、

商品の信用を損ない価格が暴落します。

商品とは、

安ければ売れる訳では無いのです。

アルプス高原キノコのような手の掛かったオンリーワン商品なら尚の事、

中長期目標の達成を優先した戦略が必要になります。

大資本の定番商品は普通に売ればそれなりにうまく行っても、

ベンチャー企業はそうは行かないのです。

パートナーを選んで共に勝つ仕組み作りが大切になってきます。

広告宣伝効果の無い市場、問屋、仲買を使うのは最後の手段。

逆に関係を強化しなくてはならないのは小売店以外では加工業者と飲食店です。

加工業者に対しては安く卸す代わりに、

加工した商品がアルプス高原きのこを使用していることを広告物に記載してもらわねばなりませんし、

飲食店に対しては安く卸す代わりに、

宣伝物を置いてもらわねばなりません。

このようにして、

何処で宣伝して何処で儲けるのかを戦略的に考えなければなりません。

3年で山梨県の名物に育て、

『ガイアの夜明け』に仕掛け人としてテレビ出演することを、

こっそりと目標に据えていました。



会議でこの辺の話が断片的に持ち上がり、

説明を求められると、

企画からの一連のプロセスの説明が必要になるため、

うまく伝えられないで困るのがマーケターの辛いところ。

元来私達の専門であるリスクマネジメントは話し合えば話し合うほど良いのですが、

こと企画に関しては、

会議をすればするほど、

「んじゃとりあえず無難な線で…」

といって売り場に合わせてどんどん余計なことをして、

自社にとっての儲けの仕組み作りが他社のお手伝いに翻弄されて行き、

本質を見失います。

もっと具体的に言うと、

本質を創造することに臆病になってしまい、

不安なために様々な意見を取り入れるあまり、

デザインの色数が増えてまとまりが無くなったり、

高級品なのにも係らず低価格品と同じように料理のレパートリーを紹介しだします。

この思考プロセスを経過すると企画は失敗です。

企画とは、「挑戦しないことが最大のリスク」

ですが、討論すると挑戦しないので、

必ずトップダウンで実行する必要があります。



そんなこんなで最近はキノコのことばかり考えているので、

私達が勝手に未来の競合他社に設定しているキノコ会社「ホクト」の鼻歌を歌っています。

一人が歌いだすと連鎖します。

もう、

隣で敵の歌を口ずさむヤツが敵に思えてきますが、

そういや最初に口ずさみ始めたの俺だったわ!!

みたいな感じで、

まとまっているのかいないのか、

隣の人間が敵か味方かも解らないような不安定な状態です。

(^0^;)プリンセスイリュージョン!!


スポンサーサイト



テーマ:山梨県と富士五湖 - ジャンル:地域情報

  1. 2007/08/14(火) 01:58:52|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<ヤマナシミライ会 | ホーム | ヤマナシミライ会富士五湖支部>>

コメント

そぉいやぁ 最近事務所に行くと帰りのめぐの頭の中ゎあの歌が自然とグルグルしてるっけ(´∀`)マイッタマイッタ
でも ぃぃオッサン3人が『きのこのっこのこ…』と口ずさむ姿ゎ ある種奇妙ですゎ(゚∀゚:)ウーム
  1. 2007/08/14(火) 03:04:49 |
  2. URL |
  3. めぐ #-
  4. [ 編集]

相変わらずコメント一件だねぇ(゚∀゚)ニャハハ
  1. 2007/08/16(木) 15:39:46 |
  2. URL |
  3. めぐ #-
  4. [ 編集]

絡みづらい内容でしたね… (^_^;)1件か…
メグちゃんのアリガタミを実感したよ…。
  1. 2007/08/16(木) 22:38:38 |
  2. URL |
  3. 勇介 #-
  4. [ 編集]

アルプス高原きのこの唄

作詞・作曲:中島みゆき
唄:N村聡



  1. 2007/08/16(木) 23:06:00 |
  2. URL |
  3. キャスバル #-
  4. [ 編集]

作詞・作曲までしてくれなら中島みゆきさんに最後まで歌ってもらってよ!
よりによって聡くんに歌わせるな!! (^0^;)
…、俺が歌いたいんだよ!! 
  1. 2007/08/16(木) 23:32:15 |
  2. URL |
  3. 勇介 #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/08/24(金) 10:48:11 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

↑の方へ ありがとうございます。

返信先が解らずこの場でご返信差し上げます。

わざわざ当ブログを探していただき、
アドバイス頂いたこと、
本当にありがとうございます。
今後も引き続きご指導を頂ければウレシイです。(^_^)
  1. 2007/08/31(金) 12:44:19 |
  2. URL |
  3. 勇介 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atamanowaruihito.blog63.fc2.com/tb.php/146-c7fa6fce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)