山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

深沢充さん 個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

深沢充さん

私が組長を勤める清和自治会の会長、

深沢充さんです。

深沢充 新田勇介


今更「冬のソナタ」にハマッってしまい、

スレンダートーンというダイエット器具を腹に巻きながら泣くことが最近の日課です。

深沢充


「 なんてストーリーがめちゃくちゃなんだ…、
頭では解っていても、
…、ダメだ…、うう…。」

「 会長、
それで良いのです…。
飲みなはれ、
もっとお酒を飲みなはれっ!! 」

「 俺酒飲めないし…。うう…。」

深沢充


秋葉原通いの深沢さん、

パソコンの自作、

ソフトの開発から、

監視カメラの編集などなど…。

パソコンで使える機能はフルに活用するサイバーっぷりです。

深沢充作 オリジナルパソコン


そんな彼の本業は宝葬祭という葬儀屋さんです。

「 見栄や世間体なんて気にしないで、
お坊さんも呼ばず、
死者を身内だけでゆっくり送ってあげれば良いんだよ。
葬式に金なんてかけること無いんだ。
そっちの方が、
きっと死者も喜ぶよ。 」

そして、

多くの死者を見てきた彼は、

「 人は、生きたようにしか死ねない…。」

…、

死者の顔はいったい、

彼に何を語るのでしょうか?



信教である創価学会の研究から、

業界ではタブー視されている死後の研究に熱心な深沢さん。

頑なに無神教の私はその手の話しに興味はあっても信じません。

何故かというと、

世話になってもいない何者かに自からを依存させて、

自分の意思をコントロールされるようになることが恐いのかも知れませんね。

そんな折、

彼から輪廻転生の話を受けました。

現代では、

人は死んだら媒体である肉体を変えて生き返ると考える人が増えているそうです。

昔の私にとっては、

聞くに値しない程度の話だったのですが、

これと同じ話を友人から受けたことがあります。

この友人は自らの死と見詰め合う闘病生活の折、

 「 そう考えた方が、
明日死ぬかもしれない自分にとって、
楽だったから…。」

と考えるようになったと言います。

私は、

なるほど。

と思いました。

こう考えるだけで、

自分の死のみならず、

大切な人の死、

受け入れがたい死に直面する際に、

グッと楽になる感じがして納得しました。

両者の説明の内容がその辺の話で重なっていたので、

死と向かい合って生きて行く人の偉大さを改めて感じました。

深沢充 新田勇介


ちなみに、

私と彼との初めてのコミュニケーションは、

お互いに面識が無かったのにも関わらず、

初対面で怒鳴られました。

 「 おい、
ここに車停めんなっ!! 
ふざけんなっ!! 」

彼の私有地ではありませんが、

たしかに公道です…。

当然私もかなり端っこに遠慮して停めたのですが…。

チッ、エラソーなジジイめ…、

「 ああ、そうかよっ!!」

サッと車をずらしました。

 ( 後で町内の方より聞いた話なのですが、
深沢さんの息子さんは野球部のエースであり、
キャッチボールの練習をする際に、
私の車が邪魔だったらしいのです。
ですが、
それはそれで、
深沢家の私用の為ですから、
いずれにせよ動機が不純です。(笑) )


 
2回目の出会いは、

甲州SHOW人塾の塾長である赤池さんが出馬した際に手伝いで街宣車に乗り回っていると、

 「 おいっ!! 
おいっ!! 
オマエだっっ!! 
頑張れよっ!!」

と、

やっぱり怒鳴られ、

うっかり応援されてしまいました。

 ( 赤池さんは自民党で、
深沢さんは自民党と連立を組む公明党の創価学会の会員である為。)

当時の私は彼の信教の事など知らなかったので、

 「 何に関しても大げさなオヤジだな。
アイツはアホだ。
関わらないでおこう。」

位に考えていました。(笑)

そして私が組長を勤める今となっては、

趣味も近く、

大の仲良しです。

今日は今から冬ソナを借りに行こうかと考えています。(笑)

信念を貫く熱いハートの深沢さんっ!!

アナタの生き方、

これからも学ばせて下さいねっ!!

(^0^)/ 

アツイ深沢会長に関する過去記事はこちらからっ!!

スポンサーサイト

テーマ:山梨 - ジャンル:地域情報

  1. 2007/02/08(木) 23:12:17|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<町内のお葬式 | ホーム | 交通事故に遭いました。>>

コメント

葬儀。

以前勤めていた先の上司がお坊さんも兼務しておりまして。
浄土宗のお坊さんなのですが、葬儀は身内が取り仕切ってはイカン!!てな事を言ってましたね。
思う存分、故人との別れをしなさいと言うことらしいです。
  1. 2007/02/10(土) 21:57:22 |
  2. URL |
  3. 深街瑠伽 #-
  4. [ 編集]

なぬっ!?
瑠伽ちゃん…、
意味がわからん…。
(;^0^) ? クエッチョン。
  1. 2007/02/13(火) 23:45:12 |
  2. URL |
  3. 勇介 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atamanowaruihito.blog63.fc2.com/tb.php/122-8d6d1149
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)