山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

デート 個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デート

昨夜、

女友達と2人きりで外食。

いわゆるデートをしてきました。

デデデ…、

デートですよ!!

お父さん、お母さん、

立派に育ててくれてアリガトー!!
(^^)/



仕事柄、

女性と会うことの多い私。

そんな私がデートを意識したのは、

ホテルで食事をしようと考えたからです。

食後に 「 部屋とってあるんだけど…。」

なんて言ったらどうなるんだろう!?

でも、

ネタ的には断られると面白いよな…。

そんなことばっかり考えておりました。



私の女友達である、

川久保由美ちゃん(旧姓築野)の勤める湯村冨士屋ホテル。

由美ちゃん本人の結婚式でこのホテルを利用しましたし、

(お相手もここのホテルスタッフの方です)

これ以外にも来るときは必ず結婚式。



プライベートでは利用したことが無いので、

たまには利用してあげないとな?。

と常々考えていたのです。



ホテルへ着いて、

由美ちゃんへ「今入店してもよい?」と電話をしたのですが、

 「 あらん、残念。私は今日はお休みよ。 」

で、

ここから向かいの細道を通って、

ごはんBARちろりん村へ場所を変更しました。

ここは能登貞人さん(前号参照)のアジト。

あ、

そう言えば、

彼には以前、

私が女性を口説くのを阻止された苦い経験(前号参照)があります。

「 あの人、この手の話しには気が回らないからな?。(笑) 」

とか思いながらも、

仕方なく向かいました(笑)



ブログ上での私はわりと現代っ子な印象があるかもしれませんが、

実際は古風で偏屈で頑固で理屈っぽいダメ男(前号参照)(前号参照)です。

女性に甘えることなんて出来ませんし、

そしてかなり奥手。(私は“硬派”だと思っています 笑)

異性とは兄のような付き合い方をしてきました。

連絡が途絶えていた女友達から突然連絡があることがしばしば。

 「 相談があるんだけど、近く会えない? 」

大体こんな内容です。

そして、

多くの相談内容は

 「 彼氏と別れた。 」

泣き崩れる彼女達は一時の寂しさを私に求めているのかもしれませんが、

(あ、自意識過剰でしたね。あくまで一例ですよ。 笑)

その役目は他の多くの男性でも出来ること。

また、

そうすることは彼女達の為ではありません。



どこぞの人の言葉で、

 「 愛とは、その人が1人でも生きていけるようにしてあげることだ。」

という言葉に心底共感しました。

「愛」という解釈主体によって全く異る広い意味を擁するするこの言葉を語る上で、

これほど短く、

ムダを省いた端的な表現が他にあるでしょうか?

そう、

私にとっての「愛」とは、

正しくこの言葉そのものなのです。



愛とは千差万別

若い方の一部は、



性行為

一緒に気持ち良いこと。

と考えるかもしれません。

しかし、

私の選んだこの言葉では、

愛の現場に私が居なくても愛が成り立っています。

 「 あれっ? 俺は何故こんな重い言葉を選んだのだろう? 」

と、

少し考えてみました。

答えは簡単でした。

私は、

自分の死が突発的に訪れることを理解しているからです。

体は健康です。

風邪も3年以上はひいていません。

でも、

突発的に死ぬのです。



余命の定まった病人は、

いずれは自分の死を受け入れます。

ただ、

それを受け入れるまでには相応の時間を要します。

私が現在、

仮に死を受け入れていると仮定するならば、

その期間は過ぎたのでしょうか?

で、

あるとするならば、

やはり私は死ぬのでしょうか。



このblogは私のプライベートブログ。

まだ公にできない重い内容は、

私の大切な読者であるアナタへ嫌悪感を与えます。

ですが、

このブログを読み続けて下さるアナタに読んで貰わなくてはならない内容なのです。

しかし、

時期が早すぎます。



話は戻って、

この言葉とは対照的に、

私は「愛は突然訪れる」的なラブストーリー物の映画が苦手。

例えば、

多くの人類が泣いたであろうタイタニック。

何処で泣けば良いのか皆目検討が付かなかったばかりか、

無節操な主人公とヒロインに2時間位説教をしたくなりました。(笑)

これらの映画で表現される多くの愛には責任が伴っておらず、

実社会で人間がそれを望むことは大きな落とし穴があります。

“騙される癖”がついてしまい、

本当の愛と偽者の愛を分別出来なくなります。



私には、

2時間の映画よりも、

責任あるたった1行の言葉が響きました。

多くの場合、

親の愛がその1行を指すのでしょう。



とか偉そうなことを言っておきながら、

私はお相手の運転で来て酒を散々飲んで無責任放題でしたがね!!(笑)

能登さんの猫、

こねちゃんです。

能登さんの猫 こねちゃん


うちのブサイクな猫と違い、

エレガントな顔。

きっとドライフードは食べません 笑。 

能登さんの猫 こねちゃん


そんなこんなで、

平日であるにも関わらず、

お相手には24時位までつき合わせてしまいました…。

(#^_^#) コ…、コーフンした…。

能登さん、

ナマイキなことを書いてごめんなさい!!
(*_*;)

ホントはとってもお慕いしております!!
(^0^)/







スポンサーサイト

テーマ:山梨 - ジャンル:地域情報

  1. 2006/12/21(木) 16:53:41|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<全国亭主関白協会 発令通知 | ホーム | 中込浩一君>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atamanowaruihito.blog63.fc2.com/tb.php/103-aafa464d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)