山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

全国亭主関白協会を御紹介いたします。 個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

全国亭主関白協会を御紹介いたします。

世の男性へ、

「亭主関白してみたい…」
そう思ったことはありませんか?

全国亭主関白協会認定の

亭主関白アドバイザーの

新田勇介が、

あなたの御自宅のちゃぶ台をひっくり返しにお伺いします!!




▼こんな方にオススメです▼

・今一歩が踏み出せない。

・ひっくり返すのは一人では心細い。

・後がこわい。



ちゃぶ台返しは日本の文化です!

誇って我が子に伝えましょう!

ひっくり返した後は必ず、

妻(彼女)を抱きしめてあげて下さい!



今は男女平等と叫ばれておりますが、

日本では古来より、

「女は男が養うもの」

と決まっておりました。

戦にも、女性は参加しなかったのです。

これは、

「男が男のつとめを果たした場合」

に許される

「男の特権」なのです。



何故私がこんな事を言うのかって!?



…、私の専門は、いわゆる暴力対策コンサルタント。
不幸な女性を沢山見て来ました…。



世の男性には、
どうか女性に手をあげないで欲しい。



手をあげればきりがなく、

不幸は我が子に連鎖します。



「暴力を奮うことは良いことですか」

と聞けば

「俺もそう育ったから…」

本人も悪いことと自覚しながらも、

育った環境を理由に暴力の行使を正当化する口実にします。



「?だから」と自分に言い訳を用意したとき、

不幸の連鎖は始まります。



それならまず、

その矛先を「ちゃぶ台」に限定してみましょうよ!


一見して「この御時勢になんと素晴らしい会名!」と感動しました。


「不幸の連鎖」をあなたで断ち切って下さい。



この会をメルマガで知ったとき、

「この御時勢になんと度胸のある会名!!」と感動して、

未婚者であるにも関わらず、

頼み込んで段位を頂きました。

(段位で無くとも10級でもよかったのですが…、)



実際は、

「年配者の熟年離婚対策」というニュアンスで、

私のような若年層とは着眼点が異なりますが、

とても面白いホームページですよ。
スポンサーサイト

テーマ:カウンセリング♪ - ジャンル:心と身体

  1. 2006/05/04(木) 00:07:01|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<寝ながら効率的に営業する方法!? | ホーム | (株)造形美術の農業機械「まわるちゃん」を御紹介致します。>>

コメント

亭主関白宣言

携帯サイトから探しました!亭主関白とは!すばらしい協会ですね!
日本人の男の人ってここ数年でかなり変わりましたよね!
私達女性も男性に求めるものがなくなってしまった気がします!
ハッキリ言って必要ないのです!
このまま行くと日本人の男性は寿命が段々短くなり平均寿命が50代になるやもしれませんね!
だって誰からも必要とされていないのですから!
女性は子供を産み育て現在では!いずれは孫までも育てなければなりません!必要不可欠な存在です!
女性は必要とされているので平均寿命は伸びる一方です!
だから女性は結婚相手には本当に必要だと思える男性を選ぶことが大切です!
卓袱台をひっくり返して女性とコミュニケーション出来る!日本文化を取り戻したいものですね!
自分の言いたいことをペラペラ話して機嫌が悪いとめんどくさいと無視!女性はそんな男性には一切魅力を感じません!
無視するくらいなら卓袱台ひっくり返して!
兎にも角にも!
男性はコミュニケーションが下手過ぎます!
もっと男性のコミュニケーション能力向上を願います!
  1. 2010/10/08(金) 08:46:53 |
  2. URL |
  3. ゆんく #-
  4. [ 編集]

ゆんくさんへ

>卓袱台をひっくり返して女性とコミュニケーション出来る!日本文化を取り戻したいものですね!
   ↑
ネタじゃなくて本当にそう思っていますか?(笑)
僕の中では半分ネタです…
ゆんくさん面白い楽しい方ですね。
すごくうれしいです。
甲府へお立ちよりの際はぜひご連絡ください。
御点前をご披露させていただきます。(^~^)つ


まあ時代が変わってきたってことですよね。
現在の男女関係のあり方に限らず、
今までの様々なルールや常識が今の時代の現状とマッチしなくなってきていますよね。


いずれにせよ、
僕もゆんくさんも旦那さんも今の時代でこれからを生きていかなければいけないですから、
ゆんくさんは旦那さんとの関係も原因から考えていければ良いですね。
応援してます。頑張ってください。
  1. 2010/10/09(土) 16:11:46 |
  2. URL |
  3. 富士山と噴火を競い合う 山梨県ブロガー勇 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://atamanowaruihito.blog63.fc2.com/tb.php/10-377f226e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)