山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

2013年05月 個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

瓜田純士×国内最大暴力団×日本国警察行政

このブログが炎上していた。話題の元は2チャンネル。話題元は、S54生まれの同い年で、友人である瓜田純士君(全国的な有名人・現在は作家で【アウトローのカリスマ】と言われている元ヤクザ)のブログ。ブログを見て、絶句した。

純士が、ある人物に対して、一千万円の示談金を貰うことを目的にして、日本一の暴力団組織の元トップを味方に付けて、さらに、日本国の警察行政までを味方につけて、この人物は問答無用で逮捕された。

僕が絶句した純士のブログ記事はこちら。ある人物とは僕と純士君の共通の友人で、仲村光君と言います。
1瓜田純士×国内最大暴力団×日本国警察行政
2瓜田純士×国内最大暴力団×日本国警察行政
以上はタトゥーナビ公式サイト2013/04/15

以下は瓜田純士公式ブログ2013/05/13より抜粋
9瓜田純士×国内最大暴力団×日本国警察行政

7瓜田純士×国内最大暴力団×日本国警察行政

8瓜田純士×国内最大暴力団×日本国警察行政

※動画(後日アップします)
※画像(後日アップします)

純士のブログ記事を読む限りにおいて、あらましはこうだ。
①純士がヤクザ?の兄貴分から「今は警察を使って金を儲ける時代だ」とアドバイスを受ける。
②純士が一千万円の示談金を目当てに警察官(通称:ロールスロイス刑事?ら現役警察官)に依頼して、警察経由で、光を刑事告訴。
③純士がヤクザ?の兄貴が所属する?日本最大の暴力団組織の元トップの名前を出して光を脅す。
④純士と警察とヤクザに完全包囲された、光が逮捕される。
⑤純士「光側の人間が見ているかもしれないから」として、現在では上の動画に映っているブログ記事を削除する。

以上は大まかなあらましだが、純士のブログを読む限りでは、光は、自分が経営する会社の寮にスタッフや未成年を監禁して… とにかく表現がひわいなので省略するが、まるで、地獄絵図のように表現されている。

ところが実際は、俺は光の会社の寮もスタッフも知っているけど、スタッフは寮から普通に自転車で通勤している。純士が「光から監禁されている」としている少女(実際は少女ではないけど)の住んでいる場所は、光の会社の寮ではない。通う学校の寮だ。出入りできる時間に限りがあるから、もちろん監禁なんて話はない。光が金を払って借りている寮に無料で滞在させてもらっていたのは純士だ。

純士と光が過去に喧嘩したことは聞いていた。2、3発殴り合ってお互い土下座して、ハグして、仲直りした。俺にはそういうノリは分からないけど、仲間同士で定期的に喧嘩するケンカ好きのやつにはそういうノリのやつが多い。まあ、純士も、光も、お互いに格闘技をやっているからそんなノリなんだろう。くらいに考えていた。

俺と光は大学時代からの同級生。光は大学院まで卒業して、母校の大学に就職してから、実業家に転身した。俺と光と純士との始めての出会いは、俺(ブロガー協会)と甲府地場産業ドメスで、甲府商工会議所で純士の講演会を開催してあげた時だ。4年くらい前かな? その際時に、光に純士を紹介した。純士は元ヤクザだけど、現在は作家で人気ブロガー。その破天荒な人生からか、ひきこもりやニートから格闘家まで若いファンが多い。山梨県内だけでなく、県外からわざわざ講演会を聴きにきたファンもいた。

神奈川県の厚木市で開催された、御当地グルメの祭典B1グランプリで、協会で甲府鳥もつ煮のPRをした時には、ネットユーザーを集めるために、純士が自分自身を作為的に炎上させてくれた。当時のグーグルキーワードで”瓜田純士”が日本2位。すごい数字だ。ネットユーザーの一部は、”瓜田純士”を通して”甲府鳥もつ煮”を知った。

そんなこんなで、大活躍の純士なのだが、イタズラ好きで、活動にムラがある(笑)先方があるのに予定をすっぽかされるなんて日常茶飯事だ。元来、金に無頓着な純士は、いつも金に困っていた。ところが、本当は、純士は他の誰よりも、いつだって金持ちになれることを俺たちは知っている。コンテンツが、瓜田本人に帰属しているからだ。そこで、甲府や山梨県内の実業家で「瓜田純士管理委員会」を作って、純士をちゃんと管理してあげて、ホームページを作って、純士のファンの記念日なんかを祝ってあげる仕組みなんかを作ろう。なんてことを考えて、「純士、応援してくれるファンが沢山いるんだから、ファンのお祝いをして、喜んでお金をもらってさ、年一千万くらいは手堅く稼いで、空いた時間で創作活動やったら?」なんて提案したこともある。返答は「貧乏が心地いい」だった。光は「もったいない」と残念がっていた。山梨で一番、純士の面倒を見ていたのは光だった。

元ヤクザの純士は、いろいろとしがらみがある様子だった。東京にある関東連合だとかっていうとことのもめ事?から寝巻で逃げてきて、甲府の光に匿ってもらっていた。本当に、二人は仲が良かった。俺も含めて、みんな一緒に飯食って、飲んで。寝た。
※画像(後日アップします)

今回、純士が光への告訴の取り下げと引き換えに提案している金額は一千万円。同じ一千万円を手に入れることでも、人から喜んでお金を払ってもらうことと、第三者機関(特に暴力統率機関)を利用して人から「奪う」お金は、一見すると物理的で相対的な数の大小が同じでも、精神的で絶対的な質の高低が違う。今のおまえは、奪おうとしている。奪っちゃだめだ。奪えば、おまえが奪われるからだ。奪うのみに留まらない。刑事事件は、一人の人間の人生の質を、数で台無しにする。突然逮捕された光だけじゃない。今すでに、会社のスタッフが路頭に迷っている。俺の目の前で、純士が抱っこして一緒に遊んでいた光の子供だって、一緒に飯くった光の奥さんだってだ。

住田事件で人が死んでも動かなかった警察が、純士(示談金の分配?)を通すと、何でもないことでもすぐに動いてくれる。どうだ。この国は。この癒着・腐敗ぶり。日本は、行政の政策(命令)のために立法が法律(箱物)を作って司法に裁かせる。こんなひどい国を作ってしまった情けない日本の、情けない大人の一人として、これからの日本を背負わされる不幸な若者たちへ、心から謝りたい。純士のファンにだ。

全身入れ墨の純士は、日本の制度に便乗すべきではない。すれば、されるから、純士は今日の状況になっている。世界を見渡せば、日本の反対側、チェコだかスロバキアでは、現代の日本では悪とされている入れ墨を全身に入れている芸術大学の学長が、大統領選に出馬した。テロリズムの温床とされ、悪の枢軸と叫ばれるイランには、こんなに素晴らしい制度がある。

瓜田純士山梨県甲府市監禁男事件twitterd

※俺のツイッターのツイート画像よりhttps://twitter.com/vs_kazu/status/333128275650031617

つまり、人が、人を、許すしかないということだ。当人同士が。(って、俺は当事者じゃない。許さなければならないのは光だろう。(もちろん純士にも言い分はあるんだろうが、告訴して入れてしまった以上、もう後付けの言い分は通用しない)難しいことだろうけど、何日かかっても光としっかり話すよ。落ち着いたら、純士も来てほしい。)そして純士は、害悪な目先の制度を二度と使わないことだ。

純士のファンのみんなと同様、俺も、瓜田純士が好きだ。純士にはよく振り回されるけど、振り回されたって怒ったことはない。(ブロガー協会のみんなはいつもそんな感じだ。「待つこと」が哲学だから)良い面も、悪い面も全部含めて、純士が好きだ。人間の付き合いとは、良い時期も悪い時期も、それを含めてつきあっていくんだ。だから、今でも好きだし、これからも好きだ。今回のイタズラは本当に大掛かりなイタズラすぎて、さすがにちょっと笑えないけど(笑)。でも、イタズラであって欲しい。愛らしい純士クラスになると、突然ひょこっと甲府に来て「ごめん。ウツだったんだ!」で済まされちゃうよ(笑)

俺にもいたらないというか、気がつかなかったこととか、酒に酔って「ブブッ!」とか、豚ゴッコしてごめん。俺、たぶん、ドМなんだろうな。普段から精神的に無敵だからたまに何かに支配されたくなるんだと思う。いつも、いつも、本当に気持ち悪くて、本当にごめん。でも俺、「気持ち悪い」って思われるのが、たぶん、好きなんだろうな。(←救いようがない)えっと、他に謝ることあったかな…?きっとあるんだろうな。あったら伝えてほしい。理由の如何に問わず、速攻で謝る。100%!謝って喜ぶよ僕ちゃん!

山梨まで純士を応援するために俺の事務初まで来てくれたエコーズの伊藤さんのことは今でも良く覚えている。純士は、伊藤さんに限らず、何故だか、仲間を遠ざける。純士の仲間はどんどん逮捕されて居なくなっているという現実。純士は、何を考えて、何を言いたいのだろうか。純士の脳の中身の解釈は、俺にはできない。自分自身ですべきだ。俺にはできない。そこまでの労力は、さけない。その労力は、年をまたぐから。今は、分かりようが無いから。でも、いずれ分かるだろう。今は、急がない。

僕は、大好きな瓜田純士と、大好きな仲村光が、一刻も早く仲直りしてくれることを。つまり、水に流すことを期待していますし、今後もその努力を惜しみません。最後まで読んでいただいて、本当に、ありがとうございました。僕が言いたいことは、以上です。
スポンサーサイト

テーマ:黒い利益 国家権力 - ジャンル:政治・経済

  1. 2013/05/18(土) 21:27:26|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:23