山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

2009年04月 個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミライ会代表とブロガー協会代表のお色気入浴シーン

ヤマナシミライ会代表キャス氏と、山梨県ブロガー協会代表INA氏の入浴シーンです。


入浴シーンを携帯電話の動画で確認するにはコチラから。

http://www.youtube.com/watch?v=SDKGd61zZ5M

キャス氏とINA氏の乱暴狼藉ぶりが上手に伝わったでしょうか?

DSC05261.jpg

先日、友人の結婚式で岐阜県の長良川沿いのホテルへ宿泊したときの写真です。

DSC05155.jpg
オマエら、オメカシしないでも十分イイ男だぞ。(*^_^*)
DSC05162.jpg

DSC05235.jpg

DSC05166.jpg

DSC05209.jpg

DSC05250.jpg

法学部の友人10人で参加しました。

この後、

キャスさんと一緒にINAさんの寝込みを襲いました。

スポンサーサイト

テーマ:山梨 - ジャンル:地域情報

  1. 2009/04/29(水) 18:34:50|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)第28話

山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)


?第28話?お客さんの集め方


>「最初から読む」第1話はコチラから。


噴火オーライ!! \(^▽^)/ 噴子です。


さて、さて、お弁当ができて、スープができて、オリジナルグッズができた。(T_T)うう…。


次は、これからもっとお客さんを増やすよ?っ!!(^?^)つ


どんなにいい商品を作っても、知ってもらえなければいい商品も売れない。


そこで、ウチの商品をお客さんに伝えるために、今まで来店したお客さんのアドレスを集めておいた。


集めたお客さんのアドレスに、今日のメニューや、ウサギと野菜に関する情報をお客さんの携帯電話へメールで送る。


この方法(携帯電話ダイレクトマーケティング)を使えば、今まで来店した一見さんをリピーターにすることができるし、リピーターになったお客さんがまた新しい新規客を連れてきてくれる。


何のお願いもせずに、自動的に新しいお客さんを連れてきてくれる!!(^_^)V


最近はやりのフリーペーパーは新しいお客さんの奪い合いだと思うな。


奪い合いに勝つためには、魅力あるサービスを付けなきゃ競争できないもん。同じ雑誌の中に、同じような飲食店がた?くさんあるから。


魅力あるサービスを探している新しいお客さんは、一見さん目的だから、リピーターにもなりづらいと思うな。だから効果が続かない。


そのてん、この方法を使ってリピーターさんが連れてきてくれる新しいお客さん、つまり、クチコミで来店してくれる新しいお客さんは、他のお店と競わなくてイイ。


“伝え方の工夫”をしただけで、他のどの飲食店とも競争しないでいいから楽チンだ。


お昼の少し前に、今日のメニューをお知らせするから、同じ会社内で、情報を伝えずにはいられないわけだ。(^_^)みんなおなかが空いてる時間だからね。


普通だったら、食堂に団体で行くお客さんは、同じ会社の人どうしなんだけど、


ウチの食堂にくるお客さんは、全部別々の会社の人だったりする。


メールだから、いつでもどこでも転送できる。


お客さんが、違う会社の友人にもメールを飛ばし合って伝えてくれるからだ。


みんな別々の会社から人が来るとなると、


自然とお客さんが来店前に電話で予約するようになってきた。


こうして、たまにだけど、電話でお客さんを断らなければいけなくなってきた。残念だけど、仕方ない。


いったん予約を断った人は、だいたい1週間以内にまた予約をしてする。『今日はまだ入れますか?』って聞いてこられると、なんだかすごく恐縮しちゃう。


混むともっと混むみたいな。好循環になってくる。人間ってホントに不思議だ。(^_^;)でもありがとう。


ホームページはお気に入りにも入れてもらえない。


だから開かれない。


でも、自分の携帯に直接届いたメールは見てくれる。


お客さんが見たい時間に、見たい情報だけを“知らせる”ことが大切なんだって実感した。


“宣伝”じゃなく、“広報”が大切だったんだ。


INAさんにノウハウを聞いてなかったら、今頃の私はホームページを作っていたかな。でも、作らないで良かった。


作り始めるときりがないホームページをせっせこ作っていたと思うと…。(・_・;)


INAさんの言うように、たしかに、星の数ほどある業種の、一つの小さなお店のホームページをお気に入りに登録して毎日見る人なんていないもんね。


ところで、最近、また不思議なことがおこってきた。


お弁当1食当たりの利益率がグーンと上がってきた。(-_-;)何でだろう?


噴江から理由を聞いてビックリした…


>「続きを読む」第29話は明日アップ予定です。


>「最初から読む」第1話はコチラから
>「噴男お父さんの視点」「噴男が考えていること」はコチラから。
>「噴江お母さんの視点」「噴江が考えていること」はコチラから。
>「ウサギの噴ピョンの視点」「噴ピョンが考えていること」はコチラから。
>「モルモットの噴キュの視点」「噴キュが考えていること」はコチラから。
 ↑
各視点は順次アップされます。



テーマ:マーケティング - ジャンル:ビジネス

  1. 2009/04/11(土) 15:19:41|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)第27話

山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)


?第27話?うさぎグッズ。


>「最初から読む」第1話はコチラから。


噴火オーライ!! \(^▽^)/ 噴子です。


ウサギを飼っている人は、自分がウサギ好きであることを分かってほしい。


きっと、人間は誰でもそうだと思うな。


人はみんな、自分の大好きなことを知ってもらいたいし、大好きなことを共有したい。


そこで、うさぎのオリジナルグッズを作ってみた。


女性は定食のご飯の量を少なくしてるから(見た目だけだけど)定食を注文した女性だけにグッズを渡す口実に利用させてもらった。(^皿^)


全7種類をつなぎ合わせて、ストラップとして携帯電話にくっつけるか、車のダッシュボードにも貼り付けて飾れる。


色はピンク色に統一してみた。 (^o^*) ピンクはウサギの象徴色。今年はピンクが流行りらしいよ?。


例えば、私がこのストラップを携帯電話に付けて、携帯で話しながら東京を歩いたら、ストラップが見える。このストラップを見た山梨出身のウサギ好きな人が、『あっ!!あの人、山梨出身のウサギ好きだっ!!』って分かってもらえればバッチリ。(^_^)v目的達成っ!!


ストラップとして使わなくても、車のダッシュボードに張れば、車内でウサギの話を始めるキッカケになる。


最後のパーツ、7つ目のパーツにはQRコードをつけてみた。


みんな丁寧に7つ全部揃えて使ってくれるから不思議。 (^_^) みんなアリガトウ!!


さてさて、次は携帯電話ダイレクトマーケティングに取り掛かるぞー!! ドーン!!\(^O^)/噴火―!!


>「続きを読む」第28話はコチラから。


>「最初から読む」第1話はコチラから
>「噴男お父さんの視点」「噴男が考えていること」はコチラから。
>「噴江お母さんの視点」「噴江が考えていること」はコチラから。
>「ウサギの噴ピョンの視点」「噴ピョンが考えていること」はコチラから。
>「モルモットの噴キュの視点」「噴キュが考えていること」はコチラから。
 ↑
各視点は順次アップされます。



テーマ:うさぎ - ジャンル:ペット

  1. 2009/04/08(水) 17:42:18|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)第26話

山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)


?第26話?ウサギと一緒に飲むスープ。


>「最初から読む」第1話はコチラから。


噴火オーライ!! \(^▽^)/ 噴子です。


スープ完成!!


海の幸、山の幸、骨のダシに、ハーブで香りを付けた極上スープが完成した。


もちろん無添加。


ハッキリ言って(^_^*)メチャクチャ旨い。


ダシはいろいろ入っているけど、具は野菜しか入っていないから、商品名は『野菜スープ』にした。


スープの色はなるべく薄く作った。


ミニスープは定食にもついてくる。


お客さんは、スープを飲むと旨さにビックリして、「イイ野菜を使っているから、野菜のスープだけでもウマイんだな。この野菜を譲ってくれない?」と言って野菜を買っていく。お客さんは、みんな勝手に、野菜だけで作ったスープだと勘違いしてるみたいだ。(‐_‐;)違うんだけどな…。


で、「買って帰った野菜を使って自宅でスープを作ったら旨かったから」といって、また野菜を買っていく人もいる。(‐_‐;)違うんだけどなー。


…。(‐_‐;)


人間の味覚って不思議。(‐_‐;)勝手に勘違いして、勝手に納得していくんだもん。


でも、


お客さんに喜んでもらえてウレシイ。\(^O^)/


ダシは料理にも使うから、一石二鳥だ。(^_^)v


試しに5倍に薄めてウサギに飲ませてみた。


そりゃあもう、ガッついて飲むわ飲むわ。(^_^*)幸せ。


ウサギ好みの味みたい。(^O^*)


そんなこんなで、スープは好評。月に一回、スープを近くの缶詰工場に持って行って、缶詰にして、持ち帰りもできるようにした。


パンフレットを付けて、商品名を『うさぎと一緒に飲むスープ』に変更して、ラベルをピンク色にしてみた。(^_^*)


さてさて、次はオリジナルグッズに取り掛かるぞー!! ドーン!!\(^O^)/噴火―!!


>「続きを読む」第27話はコチラから。


>「最初から読む」第1話はコチラから
>「噴男お父さんの視点」「噴男が考えていること」はコチラから。
>「噴江お母さんの視点」「噴江が考えていること」はコチラから。
>「ウサギの噴ピョンの視点」「噴ピョンが考えていること」はコチラから。
>「モルモットの噴キュの視点」「噴キュが考えていること」はコチラから。
 ↑
各視点は順次アップされます。



テーマ:うさぎ - ジャンル:ペット

  1. 2009/04/05(日) 15:41:15|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)第25話

山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)


?第25話?スープの命、ダシ。


>「最初から読む」第1話はコチラから。


噴火オーライ!! \(^▽^)/ 噴子です。


問題です!!


スープの命とは何でしょ?っか!? (*^O^*)


チッ… チッ… チッ…、


チーン。 ( ̄人 ̄) 御愁傷さまです。


答えはダシです!!(^O^)/


ちょっと今からダシ自慢します。 (*^O^*) 止められても勝手に進めるけどね!!


私の母の噴江の実家は関西です。


関西の人は、コンブからダシを取ります。


関西では、普通にご家庭でもコンブのダシをとってます。


山梨には、ビミサンっていう伝統の?調味料がメジャーなんだけど、ダシはカツオしか入っていないから、ダシとしての意味はあんまりない。(^_^;)


スープの美味しさの命は、旨味成分を合わせること。みんなが使ってるカツオの旨味はグルタミン酸で、関西で使うコンブはイノシン酸。シイタケはグアジル酸。旨味は合わせれば合わせるほど、深?い味になってくるの。


最近は、山梨の高級スーパーの、アマノパークスとか、いちやままーととかで乾物が置かれるようになったけど、私が子供のころは全く置いてなかった。(*_*)


だから、ウチは山口県の乾物屋から取り寄せてた。


私が作る魚介系のダシは、ニボシ(いわし)9:カツオ1:昆布1:焼きアゴ(とびうお)少々のは分量で作るんだけど、分量を失敗して臭くて食べられなかったことがある。


原因は、ニボシとアゴのは分量を逆にしてしまったから。


そのことを学校のみんなに話してみたことがあった。『昨日の夜、ダシを取るのに、ニボシとアゴの配量を間違えて肉じゃがを作ったら、臭くて食べらなくてさ…。』


なんて話をしたら、みんな、『は?(´O`;)何の話?』とか言われた。同級生の誰にも意味が通じなかったな。このころ、『山梨の人は、ダシを取らない』ってことにやっと気がついた。


それまでは、どこのご家庭も同じように作っていると思っていたんだもん。


お父さんの噴男も、山梨の板前の職人だから、料理に手を加えることを嫌がったな?。


そんなこんなで、元々ダシ好きの私は、短大生になってから、ダシ取り好きがさらにヒートアップしてきた。(^_^)


豚の骨やガラから取ったり、ブーケガルニを作ってハーブから香りを抽出したりしてみた。(^皿^)スゴイでしょ?


よく噴江と一緒にダシを取ったな?。


寒い夜もよくダシを取った。


それと、ダイエット中にもよくスープを作ったもんだ。 (^皿^) よく腹ペコをゴマ化したもんですわ。


やっぱり私はスープが好き。よくダシの取れた味の深いスープ。アクの無い、澄んだ深味のスープ…。


一口飲めば、一瞬で口の中が風味で一杯になって、鼻から突き抜ける感じ。あの至福のスープ…。
最近作ってないなー。あ、今から作るのか。そりゃそうだ。


あ、なんか私、ダシの専門家にもなれそうな気がしてきた。(^o^)つ イケる?


母から受け継いだあの味を伝えたい。(^_^)私もかなりオリジナルな味を加えたけど、ダシ取りのベースの知識は母譲りな感じかな。


受け継いで、進化させた感じ?(^_^)←すぐ調子にのる。


ダシを極めたスープは絶対にイケる。


あの味は、他の誰にもだせない。


私も母もダシ取りは好きだから、楽しみながら続けれられるはずだ。(^皿^)1年作り続けて日本ダシ学会とかで発表しようかしらん。


そもそも、日本ダシ学会とかってあるのかな?(^_^;)なさそう…。


さて、今夜からさっそくスープ作りを始めるよー。\(^O^)/ドーン!! 噴火?!!


>「続きを読む」第26話はコチラから。


>「最初から読む」第1話はコチラから
>「噴男お父さんの視点」「噴男が考えていること」はコチラから。
>「噴江お母さんの視点」「噴江が考えていること」はコチラから。
>「ウサギの噴ピョンの視点」「噴ピョンが考えていること」はコチラから。
>「モルモットの噴キュの視点」「噴キュが考えていること」はコチラから。
 ↑
各視点は順次アップされます。



テーマ:山梨 - ジャンル:地域情報

  1. 2009/04/04(土) 11:52:30|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)第24話

山梨県内の定食屋の娘、富士山噴子(フジヤマ・フキコ)


?第24話?野菜の週変わり弁当


>「最初から読む」第1話はコチラから。


噴火オーライ!! \(^▽^)/ 噴子です。


噴子です。今日はチョッピリ反省から始めます。(´ε`)プー。


今までは、お客の接待に時間を割いたり、メニューの種類が多かったので、1つの料理をちゃんと完成させられなかった。(´_`)


でも、これからはバッチリ作ることに決めたのっ!! (`O´;) ダシを取って肉ジャガとかも作っちゃうんだからね!!


メニューは、週替わり弁当の1種類!!


週替わりで、野菜で作った6種類のオカズを作って、それから4品を選んでもらう。ビックリするほど豪華だ。(*^_^*)1食の価格は1,000円にした。


コンビニは少ない量をボリュームがあるようにみせているけど、ウチの食堂のターゲットは女性だ。


女性であっても、太る太らないは個人差があって、食べる量も個人差がある。


うちはボリュームがありながら量を少なく見せたいから、面積は狭いけど、底が深い円柱型の箱にした。


女性だってちゃんと食べたいもん。(‐_‐;)


でも、男性の前で、男性と同じ量は食べられない。


この辺のことを気にしない女性って、よ?っぽど痩せている女性なんだよね。(^_^;)





山梨食堂は、東京のはやっているカレー屋さんみたいに、回転率では勝負できない。


お客さんの滞在時間が長い飲食店なので、客単価を上げるしかない。


持ち帰り用には小さなパンプレットを付けた。


うちは野菜がウリなので、ウチの弁当ってだけでヘルシーにみえるみたい。


人間って不思議。(ー_ー;)


弁当には、これから開発するスープと、食堂のオリジナルグッズも付ける予定。





それと、


食堂の敷地を広げるのは大変なので、持ち帰りも想定してお弁当用の容器も用意した。


今までの店内飲食から、すぐにテイクアウトも初めて…、宅配して…、そのうちドライブスルーもイケるみたい。





さて、次はスープ事業に取り掛かるぞー。\(^O^)/ドーン!!噴火?!!


>「続きを読む」第25話はコチラから。


>「最初から読む」第1話はコチラから
>「噴男お父さんの視点」「噴男が考えていること」はコチラから。
>「噴江お母さんの視点」「噴江が考えていること」はコチラから。
>「ウサギの噴ピョンの視点」「噴ピョンが考えていること」はコチラから。
>「モルモットの噴キュの視点」「噴キュが考えていること」はコチラから。
 ↑
各視点は順次アップされます。



テーマ:食べ歩き! - ジャンル:グルメ

  1. 2009/04/03(金) 07:42:03|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4