山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

2008年11月 個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

★山梨県で起業するときの落とし穴って何?★

山梨県内で起業するときの落とし穴とは何でしょうか?★

これから起業を志す山梨県の起業家は、イメージをする才能に優れている人が多いはずです。成功する自分や、成功するビジネスについて強い臨場感をもっているはずです。でないと成功できません。


これらの『成功』とは、ビジネスを通した『成功』があって初めて成り立ちます。そして、そのビジネスが成功するか否かは何で決まりますか?


仕事は段取り8割と言いますが、起業も段取り8割です。ビジネスが成功するか否かは予め考えていたビジネスプランに大きく左右されます。


このビジネスプランはいつ考えるのかと言うと、起業の準備中です。では、ビジネスプランを考えるためには何を考えなければいけないのかというと、『具体的に何で起業するか?』という全体戦略を考えなければいけません。


『具体的に何で起業するか?』が定まって初めて、『さあ起業するぞ!!』と起業の準備を考え始めます。ですから『具体的に何で起業するか?』という全体戦略こそが起業後の全ての成功を支える重要なことです。


『具体的に何で起業するか』をイメージしている間は、イメージすることが楽しいはずです。このイメージは強烈にインプットされます。どんどん視界が広がり、今まで考えもしなかった名案が浮かぶこともあります。


考えている時間というのは、自分で意識的に考えている時間だけではありません。人間は毎日欠かさずに夢を見ます。寝ている間も、ほとんどの確立で夢を見続けています。『私は夢を見ない』と思う人は、試しに寝ている人に話しかけて下さい。『今どんな夢を見ていた?』と聞けば、ほとんどの人が夢の内容を明確に説明できます。つまり、起きてすぐの間は夢を覚えているのです。アナタも例外ではありません。


ちなみに私は毎日好きな夢を見ています。そして起きてすぐに夢を思い出して、考えをまとめます。私は夢を思い出しますが、夢は思い出さなくてもちゃんと潜在意識にインプットされています。そのくらい、起業家は十分な時間をかけてプランを練っているのです。


さて、タイトルは『起業の落とし穴』についてです。アナタが如何に自分の成功をイメージしても、ビジネスが成功しなければ何も成功しません。


このビジネスが成功するか否かは、ビジネスプランを練る前の段取り、『具体的に何で起業するか?』という全体戦略を考えている段階にあります。


『具体的に何で起業するか?』を考えているプロセスに『起業の落とし穴』があります。もちろん、起業家にとって、起業したい分野は概ね決まっているはずです。


甘いものが大好きでお菓子作りが得意な方が起業を志した場合、パン屋かケーキ屋が起業分野として候補に上がることはあっても、IT系や土建業界や韓国料理屋で起業しようとは思わないでしょう。もちろんパン屋かケーキ屋で起業するはずです。しかし、パン屋かケーキ屋で起業して成功できるでしょうか?


パン屋とケーキ屋だけが甘いもの好きでお菓子作りが得意の方の起業ジャンルだとは言えません。むしろ、その考え方には大きな落とし穴が潜んでいるのです。『起業の落とし穴』とは、『何で起業するかを考えている準備段階での致命的なミス』のことです。


この落とし穴とは、アナタの『頭の中で作られる落とし穴』であり、この穴は少しずつ大きくなり、のちに現実世界のアナタを落とす『現実世界の落とし穴』になります。


段取りの時間は十分にあります。(というか、脳が勝手に考えます)ですから、何で起業するかの方向性を間違えないことです。方向性を間違えてしまっては、その後に考える具体的なビジネスプランを練る時間や、起業、そして起業後ずっと考えてきた長い時間、これから考える長い時間が一瞬にして無駄になってしまうからです。


無駄どころか足かせになります。後戻りもできません。考える時間というのは無形の財産です。この財産が足かせにならないように、これから進むべき方向を再確認しましょう。先ほどのパン屋とケーキ屋を例に出して説明します。


アナタが山梨県内のパン業界で起業するとすると、店名は『パン屋』にしますか?それともクリームパン専門店、カレーパン専門店などの『専門店』で起業しますか?
>答えはコチラから。


アナタが山梨県内のケーキ業界で起業するとすると、店名は『ケーキ屋』にしますか?それとも『専門店』で起業しますか?
>答えはコチラから。

スポンサーサイト

テーマ:▲山梨県▲ - ジャンル:地域情報

  1. 2008/11/26(水) 18:00:29|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

なぜ、山梨県の小さなパン屋は『クリームパン専門店』にしなければいけないのか?

なぜ、山梨県の小さなパン屋は『クリームパン専門店』にしなければいけないのでしょうか?


『クリーム』と聞いて何を連想しますか? 『カスタード』や『生クリーム』であるはずです。 しかし、 『パン』という先入観無しで『クリーム』と聞けば、 美容品や整髪料や掃除用具を連想したかもしれません。 何の前触れもなく、 靴職人に『クリーム』と言えば、 間違いなく『靴用クリーム』を連想したはずです。


『パン』と『クリーム』を合わせた『クリームパン』だからこそ、 みんなが共通した『クリーム』をイメージできたのです。 そのクリームは、パンに染みない、 『トロッとした濃いクリーム』であるはずです。


パン屋はお客様に伝わりやすいように(小売するために)と、 み?んな看板に『パン屋』を掲げますが、 『米屋』だと言っていることと同じです。 『米屋』が『米屋』で小売ができますか? 『米屋』の『弁当屋』、 『米屋』の『おむすび屋』ではじめて小売ができるのです。 『パン屋』であることはパン屋の都合です。


大多数の消費者にとっては、 町に『パン屋』があろうがなかろうがどちらでもいいのです。 パンに特別な個性や専門性を求めずに、漠然とパンを買いたい消費者にとっては、 スーパーやコンビニで買ったほうが安くて便利だからです。


それでも『パン屋』として看板を掲げ続け、漠然とパンを求める客層に訴えかけるのであれば、パン好きな人全体に対して広く訴えかけたいのでしょう。たしかに、パン好きな人の主食はパンでしょう。


ですから、最も需要があるパンは『普通の食パン』だと仮定します。 『普通の食パン』は誰が作ることが合理的ですか?


主食になる『普通の食パン』を提供するパン屋はパン屋ではなく企業です。 大資本です。 大資本は大きな資本を使って、 日本中、世界中でパンの原料が最も安いところから大量に安く仕入れて、 流れ作業で一気に同じものを作ります。


したがって、 例え『普通の食パン』がパンの中で最も消費量の多いパンであっても、 町の小さなパン屋は需要の大きさを理由に『普通の食パン』の生産に飛び付くべきではありません。


町の小さなパン屋が勝負する土俵ではないのです。


甲府駅近くのパン屋『マルジュ』は山梨県内の高級スーパー『パークスアマノ』にテナントを入れています。 郊外型の高級スーパーに入っているテナントは沢山の種類の商品を作らないといけません。 今やマルジュは山梨県の大きなパン屋です。 大きくなったマルジュにとって、 今の商品数が好ましいのです。 商品数で勝負できるのは大きいパン屋です。


では、小さな町のパン屋は何で勝負すればよいのでしょうか?小さな町のパン屋は、普通の食パンのようなベーシックなものでは勝負できません。食パンを作ることは大きな企業の仕事だからです。


商品数でも勝負できません。商品数は町の大きなパン屋とスーパー内へ出店しているパン屋の仕事だからです。


甲府市の小さなパン屋『マルジュ』が大きなパン屋になったきっかけは、『レモンパン』でした。『レモンパン』は『パン』です。


お客さんに『ごはん食派』か『パン食派』か?と問えば、70%以上が『ごはん食派』だと答えるはずですが、『甘いもの』が嫌いな人などそういません。ということは、『パン』よりも『クリームパン』の方がお客さんは多いのです。


つまり、『レモンパン』<『パン』<『クリームパン』の順にお客さんが多くなります。『クリームパン』のメリットはお客の多さだけではありません。『クリームパン』であることの最大のメリットは『イメージ』です。『パン屋』と『クリーム』を合わせた『クリームパン』は、 パンに染みない、 『トロッとした濃いクリーム』を連想できます。


つまり、 『クリームパン』は単語一つで万人に同じ『クリーム』をイメージさせることができます。 この『トロッとした濃いクリーム』は、 甘いもの好きな多くの人に共通のイメージを持たせることによってクチコミの土壌を作ります。その『クリームパンの専門店』になることによって、甘いもの好きのイメージはますます加速します。『どんな種類のクリームパンがあるのだろう…?』とイメージするようになり、その情報を他人と共有したくなります。『トロッとした濃いクリーム』という共通のイメージがあるからです。


その反面『レモンパン』という単語だけでは共通のイメージが持てません。ですから、『レモンパン』で勝負ができて『クリームパン』で勝負ができない理由はただの一つも見つからないはずです。


山梨県中のほとんどの人は『クリームパン専門店』ができればクチコミするはずです。 田舎町であればあるほど、 専門店とは少ないものです。 だからこそクチコミされやすいのです。 パン屋の規模が小さくなれば小さくなるほど、 『専門的で個性的なパン』を提供するしか生き残る道はないのです。生き残る道が少ないことはデメリットでは無く、いくらでもメリットに変えられるのです。


このブログ記事のタイトル『なぜ、山梨県の小さなパン屋は『クリームパン専門店』にしなければいけないのでしょうか?』を一読したときには、 ほとんどの方がこう考えたはずです。


『そんなことをしたらお客さんが減るだろ!!』と。


でも実際は、 どう考えてもお客さんが減る理由など見つからないのです。 そして、 お客さんが増える理由はいくらでも見つかります。


私はちまたで『クリームパン専門店』を見たことがありません。 そして、 ちまたでは驚くほど『パン屋』を見かけます。 山梨県の小さなパン屋が『パン屋』で営業を続ける限り、 自ら首をしめているようなものです。 『分かりやすいこと』だけでは結果として何も伝わらず、 何のメリットもないんです。 しかし、 『専門的で個性的なサービスを分かりやすく伝えること』は小さな会社にとって大変なメリットです。


山梨県の既存のパン屋が今から『クリームパン専門店』を目指しても全く遅くありません。 前述したとおり、 まだ前例がないのですから。


リスクが無いことは理解できても、 一緒に働く家族やお客様を説得させることは難しいかもしれません。 今までの社風や雇用形態などもあるかもしれません。


そこで、 次の記事では、 今までの経営方法を全く変えず『クリームパン専門店』に衣替えする方法を☆勇ブログ☆読者にコッソリ教えちゃいます。


■山梨県のパン屋とケーキ屋をノーリスクで『クリームパン専門店』に衣替えさせる方法■はこちたから。


『パン屋』を『ケーキ屋』におきかえた記事、
■なぜ、山梨県の小さなケーキ屋は『クリームパン専門店』にしなければいけないのか?■はこちらから。

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/11/22(土) 09:15:00|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

なぜ、山梨県の小さなケーキ屋は『クリームパン専門店』にしなければいけないのか?

なぜ、山梨県の小さなケーキ屋は『クリームパン専門店』にしなければいけないのでしょうか?


笛吹市にある『ミサワ』のような大きなケーキ屋を除き、山梨県の小さなケーキ屋はとても苦労しています。 設備や金型を揃えて多くの材料を用意して、 多くの材料を品質管理しなければいけません。


作りたてにこだわるのであれば消費期限が短いケーキを品数多く扱うと販売数量が少ないので流通コストが割高になってしまいます。


ケーキを作ることに拘るのであれば、 専門的で個性的な商品を2,3種類だけ作ることに特化して、 小売の窓口を他社に任せなければいけません。 ケーキを小売することに拘るのであれば、 ケーキとケーキ以外のサービスに付加価値を付けて客単価を極端に上げる必要があります。


山梨県の小さなケーキ屋が今まで通り複数のケーキを作ってお客さんへ直接提供することは、 もはや不可能です。


ケーキ業界はすでに『シャトレーゼ』のような企業の仕事になっています。


小さなケーキ屋はどのように生き残ればよいのでようか?


もちろん、ケーキの需要がなくなることはありません。大多数の人はケーキが好きです。


では、ケーキを毎日食べたい人はどのお店にケーキを買いに行くのでしょうか? シャトレーゼのように吹き抜けや鏡張りの店舗であれば、『とりあえず入店しよう』と考えるでしょう。商品の品数が多く、店員のよけいな接客もないので『ユックリ商品を吟味しよう』と考えるでしょう。


しかし、 山梨県のような田舎の近所の小さなケーキ屋には、まず入店すらもしないはずです。 自分用のケーキを毎日買って帰ることなど考えもしないでしょう。山梨県民にとって、近所の小さなケーキ屋は、普段買いのケーキを買う場所では無くなってしまったのです。ケーキはデザートであって特別な日に食べるものだというイメージも山梨県の小さなケーキ屋にとって痛手です。


そこで、 小さなケーキ屋はケーキ屋を売ることを目的とせずに、 甘いものを好きなお客さんに喜んでもらうことを目的にしたらどうでしょうか? 甘いものを好きな人はた?くさんいます。 パンならどうでしょうか? パンは食事の時間に堂々と食べられます。 片手で、車内でも気軽に食べられます。 一言で『パン』と言っても、クリームを生地で包んで携帯性と品質保持期限を向上させることが目的なので、パイ生地であってもしっとりしたケーキ風の生地であっても問題はありません。しかし、屋号は『クリームパン専門店』を強調することがよいでしょう。甘いものが好きな人にとって、 『クリームパン』は単語一つで万人に同じクリームを想像させることができます。 パンに染みない、 『トロッとした濃いクリーム』を連想できます。


この『トロッとした濃いクリーム』は、 甘いもの好きな多くの人に共通する強烈なイメージを訴えかけます。 誰とでも簡単にイメージを共有でき、 クチコミされます。 甘いものが好きな人は『クリームパン専門店』に大いに興味を駆り立てられ、 どんな種類のクリームがあるのか気になるからです。 毎月の決まった日に1種類づつ新作クリームを作って新商品にして人気が下火になったクリームや季節物のクリームを1種類づつ外していけばクチコミをコントロールできます。


クリームパンであれば、 各段に品質管理が楽になり、 ロスも出ません。 ケーキを作る手間と比べたらクリームを開発する手間などどうということではないはずです。 甘いものが嫌いな人などそういません。 ほとんどの人は興味のある専門店ができればクチコします。 田舎町であればあるほど、 何も無いがゆえに専門店はクチコミされます。 放っておいても、無料でみんなが宣伝してくれて、取材のオファーが来ます。


パンであることは他にも理由があります。 キーワードとなる『トロッとした濃いクリーム』は、 『ケーキ』ではイメージさせることができないのです。 『パン』と『クリーム』を合わせた『クリームパン』だからこそ、 みんなが共通して『トロッとした濃いクリーム』をイメージできたのです。


小さなケーキ屋を営むよりはクリームパン専門店を営むほうがよいでしょう。 新規顧客とリピート率が上がることは想像できると思うのですが、客単価が下がるのではないか?と考える方もいるでしょう。ご心配なく。客単価も落ちません。クリームパンはケーキと比べて日持ちすることと、専門店化することによってまとめ買いが増えるからです。御土産用になるからです。御土産になる商品の共通点とは、専門的な店の専門的な商品であることです。


このブログ記事のタイトルを一読したときには、 ほとんどの方がこう考えたはずです。 『そんなことをしたらお客さんが減るだろ!!』と。 でも実際は、 どう考えてもお客さんが減ることなどないのです。 むしろ、 お客さんは増えます。


私はちまたで『クリームパン専門店』を見たことがありませんが、 ちまたでは驚くほど『ケーキ屋』があります。 『ケーキ屋』で営業する限り、 自ら首をしめているようなものです。 『分かりやすいこと』だけでは結果として何も伝わらず、 何のメリットもないんです。 しかし、 『専門的で個性的なサービズを分かりやすく伝えること』は大変なメリットです。


既存のケーキ屋が今から『クリームパン専門店』を目指しても全く遅くありません。 前述したとおり、 まだ前例がないのですから。 ここまでリスクが無いことは理解できても、 一緒に働く家族やお客様を説得させるることは難しいかもしれません。 今までの社風や雇用形態などもあるかもしれません。 そこで、 次の記事では、 今までの経営方法を全く変えず『クリームパン専門店』に衣替えする方法を☆勇ブログ☆読者にコッソリ教えちゃいます。


■山梨県のパン屋とケーキ屋をノーリスクで『クリームパン専門店』に衣替えさせる方法■はこちたから。


『ケーキ屋の例』を 『パン屋の例』におきかえた記事、
■なぜ、山梨県の小さなパン屋は『クリームパン専門店』にしなければいけないのか?■はこちらから。

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/11/22(土) 09:14:00|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山梨県のパン屋とケーキ屋をノーリスクで『クリームパン専門店』に衣替えさせる方法

■山梨県のパン屋とケーキ屋をノーリスクで『クリームパン専門店』に衣替えさせる方法■


■なぜ、山梨県の小さなパン屋は『クリームパン専門店』にしなければいけないのか?■はコチラから。


■なぜ、山梨県の小さなケーキ屋は『クリームパン専門店』にしなければいけないのか?■はコチラから。


今からクリームパン専門店を目指しても、全く遅くありません。私は『クリームパン専門店』というお店を見たことも聴いたこともありません。「なんで誰もやらないんだろう?」と、不思議に思っていたくらいです。


2008/8/21日現在、試しにヤフーから『クリームパン専門店』のキーワードを使って検索してみました。
クリームパン専門店は博多に1件!! 2008/11/21調べ ☆勇ブログ☆
 結果、総記事300件…、関係のない単語が検索エンジンに引っかかっているだけでした。1件はクリームパン専門店を発見できました。博多に1件です。


ちなみに、私『新田勇介』個人の記事だけでも300件前後ヒットします。


やはりクリームパン専門店は皆無に近い状態です。


山梨でお客が被らない商圏を分けたとしても、ざっと10以上の商圏があります。ですから、クリームパン専門店は山梨県内で10店舗は十分可能なのに、全国探し回っても数えるほどしか無いのです。


これはチャンスです。チャンスと分かっていながらなぜ実行しないか?まずチャンスだということにそもそも気がつかなかったのでしょう。リスクであってもチャンスだとは気がつかなかったはずです。職人社会に革新的な人材が集まらなかったからです。


職人は作るプロですが、売るプロではありません。そして、仮にチャンスだと気がついた人も実行しなかったはずです。いや、できなかった。その理由は何だと思いますか?


理由は『怖れ』です。最初から徹底して専門店にしてしまうことのリスクが怖いのです。そこで今回は、リスクなくゆっくり『クリームパン専門店』に移行する方法をお教えします。


ここから先の話は少し難しく感じるかもしれません。ですから、ここから先の記事の内容とあなた自身の仕事とを当てはめながら読み進んで下さい。

 
そのためには、アナタと私の二人で直接話をしていることをイメージして下さい。場所は、アナタにとって居心地の良い、でも敷居の低い、アナタにとってのいつもの場所です。喫茶店か、定食屋か、居酒屋か、スナックでもいいでしょう。


私に安心しているアナタは、分からなかったところを私に何度でも聞きなおします。


私は説明をすることがとても楽しそうです。私はアナタの質問に応えて何度でも説明を繰り返します。


次第に私は、アナタの仕事の計画を共に悩み考えて実行します。私は甲府駅の近くに住んでいます。アナタのお店が山梨県内であれば、その気になればいつでも行けるのです。


甲府市内なら30分、


甲斐市、昭和町、笛吹市、山梨市、中央市、韮崎市、南アルプス市、中道町なら1時間、


甲州市、北斗市、市川三郷町、芦川村、鰍沢町、増穂町、富士河口湖町、富士吉田市、大月市、都留市にだって1時間30分あれば行けるのです。


どうですか?現実味がある説明でしょう?そのくらいの臨場感を持てる十分な時間を作ってから続きをゆっくり読んでください。


ここでいったん☆勇ブログ☆を『お気に入り』に登録するか、『ブックマーク』に登録してください。そして、誰にも邪魔されない場所で続きをユックリ読んでください。





 では続けます。まず、クリームパンを7種類作ります。(パン屋さんとケーキ屋さんであれば7種類のクリームなどすぐに作れてしまいますね。)看板や、できれば屋号にもクリームパン専門店であることを明確に表示しましょう。タウンページやWEBにもです。できる範囲で構いません。既存のお客さんにとって、看板や屋号の一部が変わることは気にならないことです。理由を説明すれば十分です。


そして、パン屋であれば従来のカレーパンも総菜パンもおきながら、ケーキ屋であれば従来の売れ筋ケーキもおきながら、クリームパンの品揃えを他のパンよりも増やして最も目につく場所に陳列しましょう。


どうですか?これなら既存のお客様の迷惑にはならないでしょう?


7種類あるクリームパンの中の一つに、1つだけ、最も専門的で個性的な高級クリームパンを一つ作ります。


1種類の高級パンに限っては、料金を思い切って高く設定して下さい。初期設定の料金を低く設定してしまうと、アナタ自身が商品の売価から原価率を算出する癖が出ます。多くの小さな商売は原価率を一律同じで設定してしまうから、大手と比べて原価率の高い商品まで安っぽくみられてしまうのです。価格はコストの積み重ねではありません。


また、料金を高く設定することのメリットは他にもあります。モチベーションが上がり、商品に妥協をしなくなるはずです。粗利が高ければ研究開発に余力をさけるようになり、いろいろな材料を使って研究を始めるでしょう。この研究開発こそが、アナタのお店のノウハウになり、お客に誇れるストーリーとなるのです。


クリームパンの名前にアナタの名前や、アナタの屋号の名前、山梨県よりも甲府、甲府よりも町名、地域名等、自分により近い何かを暗示する名前をつけて、そこに開発秘話やストーリーを付けることです。


そして、商品のノウハウの重要な一部を公開しないことです。こうすることによって、他者にマネされない唯一のクリームパンが完成します。


出来あがったクリームパンは専門的で個性的な商品であり、絶対的な商品です。同じ商品はないので相対視できません。競合他社の同じ商品を気にする必要はなくなります。


アナログな直接小売では、放っておいてクチコミがされることはありません。お客さんに、クチコミしたいと思ってもらう環境を作ってあげることです。


今回の例は『クリームパン専門店』でしたが、『カレーパン専門店』でも何にでも応用が可能です。


次号では、山梨県の小さなビジネスの商品・サービスをお客さんに知ってもらう方法について御説明します。


テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/11/22(土) 09:13:00|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新規開拓、顧客流出、単価アップ、差別化にお悩みの山梨県の社長へ。

山梨県内で小さなビジネスを運営する小さなリーダー必見。
全国初のブロガー協会、山梨県ブロガー協会が山梨県の小さな個人事業を救う!! 
新規開拓、顧客流出、単価アップ、差別化にお悩みの社長への無料レポート最新作が完成しました。
山梨県ブロガー協会 名刺(裏面)
書籍化の前に☆勇ブログ☆読者へコッソリ教えちゃいます。
山梨県ブロガー協会 新田勇介

第1話 ■山梨県の小さなビジネスはサービスを伝えるために苦労しています■

第2話 ■山梨県の小さなビジネスの広告宣伝■

第3話 ■山梨県の小さなビジネスはサービスをどのように伝えたいか■

第4話 ■山梨県の小さなビジネスがブログマーケティングを小予算で最も有効に活用する方法■

第5話 ■各都道府県のブロガー協会の現状■

第6話 ■各地域にブロガー協会が成立しない理由■

第7話 ■ブロガー協会が小さなビジネスを救うことは地元を元気にすることです■

第8話 ■山梨県ブロガー協会を作りました。■

山梨県ブロガー協会が提案する“全自動広報セット”は、知人全てを営業マンにします。一人で作れて、スグ使えます。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。(^_^)

私の記事はアナタにとって、

何かのお役に立ちましたでしょうか?

解らないことについて御質問をいただければ更にうれしいです。(^O^)/お気軽にどうぞ。

■お問い合わせの方法■はこちらから。

■掲載までの流れと料金■はこちらから。

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/11/18(火) 09:16:52|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■お問い合わせの方法■ ★山梨県ブロガー協会★

★山梨県ブロガー協会★

■お問い合わせの方法■

●電話でお問い合わせの場合
055-222-9697までお問い合わせ下さい。
受付時間は土曜日曜祭日を除く平日の11時?16時とさせていただきます。

●電子メールでお問い合わせの場合、
左のメールフォームよりお申し込み下さい。
氏名もしくは施設名・社名等、ご担当者名、TEL、FAXをご記入下さい。
当日もしくは翌日にはメールにてご返信いたします。
電話での返信をご希望される場合は、
ご都合の良い時間帯をご記入下さい。
電話でのお問い合わせの場合も、当日か翌日にはご連絡可能です。

■掲載までの流れと料金■はこちらから。

山梨県ブロガー協会『目次』はこちらから。

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/11/18(火) 09:11:11|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■掲載までの流れと料金■ ★山梨県ブロガー協会★

★山梨県ブロガー協会★

■全自動広報セット、掲載までの流れと料金■


●全自動広報セットの内容
コマーシャル動画の作成、
ブロガー5人のブログ記事5本、
タグ10本のアップ、
SEO強化がセットになっています。



●掲載までの流れ
メールかお電話でお問い合わせを済ませた後、
担当者がご説明と下見にお伺いします。
説明が済み次第、
御見積りを作成いたします。
見積もり金額にご納得いただけましたら、
料金をお支払下さい。
ご入金確認後に、
取材して記事をアップさせていただきます。


●掲載の料金
全自動広報セットは119,800円(税込)です。
各種機材に係る費用やブロガーたちの交通に要する費用などの全ての諸費用はここに含まれます。

ブロガーたちが普段執筆している記事よりも専門的で個性的なエンターテイメント性の高い記事を執筆します。
具体的には、サービスを体験している様子やインタビューの様子などを録画してムービーに変換します。
そのためには、
実際のサービスを執筆者であるブロガーたちが実際に体験する必要があります。
実際のサービスを体験する費用はお客様でご負担もしくはご提供下さい。
このサービスの内容は見積もり前の打ち合わせで協議いたします。
特別な準備は必要ではないので、
まずはお気軽にご相談ください。
詳しくはお電話055-222-9696(連日24時間OK)まで、
もしくは本ブログ左のメールフォームからお問い合わせ下さい。



■お問い合わせの方法■はこちらから。

山梨県ブロガー協会『目次』はこちらから。



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/11/18(火) 09:10:59|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■山梨県ブロガー協会を作りました■ ★山梨県ブロガー協会★

★山梨県ブロガー協会★

第8話■山梨県ブロガー協会を作りました。■

SNSのmixiorketに入会の窓口を作りました。

率先してSNSを使っているブロガーは少ないと思うので、

ブログ伝いとアナログで会員を集めます。

現在の会員数は9名。

まずは無料の会報誌をメールで発行しながら1年後に50名の会員数を目指すことから始めます。

>>■山梨県ブロガー協会名刺■





★山梨県ブロガー協会★の記事は全8話構成です。

『目次』はコチラへ。


テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/11/17(月) 15:55:55|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■ブロガー協会が小さなビジネスを救うことは地元を元気にすることです■ ★山梨県ブロガー協会★

★山梨県ブロガー協会★

第7話■ブロガー協会が小さなビジネスを救うことは地元を元気にすることです■





鳥の群れには先陣を切るリーダーの鳥が必ずいます。

このリーダーの鳥は、

群れの中で最も実行力がある鳥であり、

最もリスクを恐れる鳥です。

鳥の群れを先導するリーダーの鳥は、

最も安全な飛行ルートを選択し、

決断して飛び立ちます。

これは、

群れの中の鳥たちを守るためです。

小さなビジネスの小さなリーダーと同じです。





地元の小さなリーダーが提供する小さくて良いサービスは、

大きなビジネスが提供する『知られているサービス』の代用品として、

いつまでも買い叩かれて専門性や個性を出せないでいます。

大きなビジネスが提供するサービスはみんなに『知れれているサービス』です。

大きなビジネスはみんなに知らせるために材料費と関係の無い目に見えない費用をたくさん使っています。

この費用がサービスに上乗せされているとしたら、

私達にとっては迷惑な費用です。

『知られているサービス』は『良いものとは限らない』のです。

この費用を用意できない小さなビジネスはみんなにサービスを知られることができません。

小さなビジネスが提供するサービスはみんなに『知られていないサービス』です。

『知れれていないサービス』は『知られないから買われない』のです。





各地域のブロガー協会は、

小さなリーダーが先導する小さなビジネスを、

リスクを最小限に抑えて、

『臨場感のある専門的で個性的な複数の情報を一気に広める』ことで補佐できます。

私たちの身の回り(地元)にある隠れた良いサービスを一早く(地元へ)伝えます。

地元の小さなサービスが伝える専門性と個性とは小さなリーダーそのものです。

専門的で個性的な、

魅力ある大人が多くなれば、

多様性を理解できる大人が多くなるでしょう。

そんな魅力的な大人が沢山増えることは、

地元を豊にすることです。





私はブロガー協会の活動を通して地元の小さなビジネスを救うことができると確信しました。

資本の少なさで日の目を浴びなかった隠れたサービスを掘り起こし、

山梨県内の倒産率を10パーセント引き下げます。

私は山梨県ブロガー協会を設立することを心に決めました。





★山梨県ブロガー協会★の記事は全8話構成です。

『目次』はコチラへ。

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/11/17(月) 15:46:36|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヤマナシミライ会 『ナリキレンジャー』

山中湖で戦隊物(レンジャー)と会いました。

PB090129.jpg

その風貌からして、

明らかに、

地球の防衛を担当されている戦隊物の方たちだと一目で分かりました。

ヤマナシミライ会バツゲーム 『ナリキレンジャー(観光客になりきれなかった人)』

私は最近テレビを見ていないので、

この戦隊グループ名が分からずに、

大変くやしい思いをしました…。

…、

本当ははっきり伝えたかった。

『地球を守ってくれてアリガトウ!!』と。

ナリキレンジャーは観光客に話しかけます。山中湖を見ながら、『やっぱり河口湖は大きいですね。この奥の山が身延山なのですね?(本当は富士山です)』 

今の私達が平和に生活できることは、

『地球の平和あってのこと』だということをしっかり理解しなければいけません。



会員の平均年齢が三十路なのにも関わらず、

生涯にわたって童心を忘れないことを誓ったヤマナシミライ会は、

“山梨で一番恥ずかしい集まり”だと認められつつあります。

ありがとうございます。

たいへん名誉なことです。

そんな恥ずかしいヤマナシミライ会が抱える問題が一つあります。

参加者が恥じらいに慣れてきたことです。

率先して恥じらうように育ちました。

慣れとは恐ろしいものです。(笑)

次回の『山梨県民による、山梨県民なのに、山梨県内観光客ごっこ』では、

観光客になりきれなかったハンパ者(ナリキレンジャー)への

バツゲームが一段とエスカレートしそうです。

ご期待下さい。

『山梨県内観光客ごっこ』 in山中湖 勇と白鳥

今回のヤマナシミライ会オフの様子を動画で確認するにはこちらから。

以外とマジメ!!ヤマナシミライ会の活動内容はこちらから。

次回のヤマナシミライ会イベントは、

2008年12月6日『亭主は辞任できないっ!!』 全国亭主関白協会の世界大会?先進国苦悩会議(T-10サミット)です。

会場の新橋駅まで乗り合わせか電車で行きます。

お申し込みは私か最寄のミライっ子まで直接どうぞ。

(^O^)/ お気軽に?!!





テーマ:▲山梨県▲ - ジャンル:地域情報

  1. 2008/11/12(水) 14:43:29|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヤマナシミライ会 観光客ごっこ。

ヤマナシミライ会 『山梨県内観光客ごっこ』 集合写真

ヤマナシミライ会で、

お泊り大会in山中湖を開催
しました。
今回のテーマは、
『山梨県民による、山梨県民なのに、山梨県内観光客ごっこ』です。


今回の観光客ごっこでのヤマナシミライ会恒例人間ビンゴゲームです。
※PC用動画※

※携帯用動画※



ヤマナシミライ会恒例人間ビンゴゲームの様子の続きです。
※PC用動画※





続きまして、ミライ会のタイさんとあんみちゃんの婚約披露宴の様子の動画です。
※PC用動画※


婚約披露宴の様子の続き
※PC用動画※




ヤマナシミライ会 『山梨県内観光客ごっこ』 すき焼き 

山梨県民のまめちゃんが、

今回の宿泊施設会場(山梨県山中湖村)へ電話で問い合わせをしました。
まめちゃん 『宿泊の際に毛布の持参は必要ですか? この時期の山梨、河口湖は寒いのでしょうか?』
施設スタッフ 『お客様、当施設は山中湖ですよ。』
まめちゃん 『ヤダ。私ったら恥ずかしい…。山梨は初めてなんです。』
ヤルなら徹底してヤル。
わんぱく元気なミライっ子は、
電話での問い合わせから一切の手抜きはありません。
終始一貫して山梨県民である素振りは見せませんでした。

ヤマナシミライ会 リチャードさんの人間学び教室

たとえ集まった車両が全て山梨ナンバーであっても、
たとえ領収書の宛名が『ヤマナシミライ会』であっても、
何を突っ込まれても『偶然ですよ』で返答します。
いったい何が偶然なのか聞かれても、
くじけずに素早く話題を変えることを徹底しました。
なんで徹底できるかというと、
失敗するとバツゲームがあるから必死です。

ヤマナシミライ会 『山梨県内観光客ごっこ』 in山中湖会場

『お嫁に行けなくなる』
『取引先からの信用を失う』
『子供にバカにされる』

その驚愕のバツゲームの内容が次号の☆勇ブログ☆で明らかになります。

ヤマナシミライ会 『山梨県内観光客ごっこ』 in山中湖 東京大学演習所

ヤマナシミライ会 『山梨県内観光客ごっこ』 in山中湖 東京大学演習所

次回のミライ会イベントは、
2008年12月6日『亭主は辞任できないっ!!』 全国亭主関白協会の世界大会?先進国苦悩会議(T-10サミット)です。
会場の新橋駅まで乗り合わせか電車で行きます。
お申し込みは私か最寄のミライっ子まで直接どうぞ。
(^O^)/ お気軽に?!!

テーマ:山梨 - ジャンル:地域情報

  1. 2008/11/12(水) 14:36:16|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

■各地域にブロガー協会が成立しない理由■ ★山梨県ブロガー協会★

★山梨県ブロガー協会★

第6話■各地域にブロガー協会が成立しない理由■





ネットを通した自己表現にはSNSや2chやブログがあります。

これらを利用する人の多くは、

自分が生み出した自己表現を、

他者から認められたり共感したいと考えています。

しかし、

ブログは相互依存性の弱さとその専門性ゆえにアナログなコミュニティーを維持する用途には不向きです。

ブロガーはネットを通じて遠方の相手とコミュニティーを形成する傾向があります。

特定の地域ではブログの専門性を共有できる相手が少ないからでしょう。

ブロガー協会は地域の小さなビジネスを元気にできることは分かりました。

ブロガー協会が成立しない原因はブロガー自身に協会を作るメリットが無かったからです。

であれば、

ブロガーへメリットを提供してあげることができればこの問題は解決できそうです。

第7話では■ブロガー協会が小さなビジネスを救うことは地元を元気にすることです■について説明します。





★山梨県ブロガー協会★の記事は全8話構成です。

『目次』はコチラへ。

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/11/10(月) 14:33:42|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■各都道府県のブロガー協会の現状■ ★山梨県ブロガ?協会★

★山梨県ブロガー協会★

第5話■各都道府県のブロガー協会の現状■





日本全国の各都道府県毎のブロガー協会はどのように活動しているのでしょうか?

2008/11/4本日、

“山梨県ブロガー協会” “静岡県ブロガー協会”…etc.

という按排で、

各都道府県毎に検索したことろ、

どこの都道府県にもブロガー協会はありませんでした。

日本を代表する田舎県である、徳島県、鳥取県、島根県、福井県、山梨県にはもちろんありませんし、

都会である愛知県、京都府、大阪府にもありません。

東京都ですらもありませんでした。

日本ブロガー協会というものはあったのですが、

活動が止まっていました。

総務省が応援して作ったらしい日本ブログ協会というものは本格的なホームページも用意されていたのですが、

こちらも平成19年の3月に活動を停止しています。

活動どころか、

存在が無かったのです。(笑)

では、

ブロガー協会が成立しない原因は何でしょうか?





★山梨県ブロガー協会★の記事は全8話構成です。

『目次』はコチラへ。


テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/11/09(日) 13:03:03|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■山梨県の小さなビジネスがブログを小予算で有効に活用する方法■ ★山梨県ブロガー協会★

★山梨県ブロガー協会★

第4話■山梨県の小さなビジネスがブログマーケティングを小予算で最も有効に活用する方法■





ブログマーケティングには『記事報酬型』と『体験型』があります。

『記事報酬型』はブロガー自身にサービスを体験させなくても記事を作成してもらえます。

ブロガーはインターネットを通してビジネスが指定する通りのキーワードを使って記事を書きます。

同じような記事を大量にかかせることに向いています。

対象は全国になります。

記事の説明に臨場感を持たせるには大きな物販業が向いているでしょう。

例えばチョコレート菓子の『ポッキー』についての記事をブロガーが記事報酬型で執筆することは可能です。

『ポッキー』は全国どこでも販売されている商品だから説明がしやすいからです。

しかし、

山梨の小さなビジネスの多くはサービス業なので記事報酬型は不向きかもしれません。

ブロガーがサービスをさも体験したかのような記事を書くことは不自然です。

狭い山梨でヤラセの情報はデメリットでしょう。





山梨の小さなサービスはブロガーに『体験型』で直接商品を体験してもらい、

各ブロガーの個性を活かした記事で専門的な読者へ伝えることで効果がジワジワと続くでしょう。

mixi等のSNSを利用している人は、

ブログのコメントの少なさを心配する傾向にあります。

実際に、

SNSの方が盛り上がっているように見えます。

何故盛り上がって見えるかというと、

書き込みが活発だからです。

携帯電話専用のSNSであるモバゲータウンは、

さらに書き込みが多いのですが、

コメントの多くはあいさつの一文程度です。

これでは記事として伝わらないので小さなビジネスを伝えることはできません。

SNSは『コメントを書かせる』ことが目的であり、

ブログは『記事を読ませる』ことが目的なので、

用途と目的は全く別物です。

たとえSNSが起爆剤であっても、

起爆剤には火をつける導火線がありません。

導火線はブログであり、

この導火線は複数必要です。

第3話■山梨県の小さなビジネスはサービスをどのように伝えたいか■の答えは、

『臨場感のある専門的で個性的な複数の情報を一気に広める』ことだからです。

ブロガーは世間で言われているほど多くはありません。

桁違いに少ないでしょう。

ブログのほとんどは休眠ブログであり、

開設後間もなく休眠するケースが多いのが理由です。

私の周りのブロガーはみなブログを続けて数年経過しています。

どういうことかというと、

ブログを書く人はブログを書くことが好きであり、

得意であるはずです。

考えてみて下さい、

数年以上書き物をしている人はどのような職種の方でしょうか?

作家か編集者くらいなものです。

ブログは紙媒体ではないので文字以外の伝え方も可能です。

ですから、

ブロガーは伝えるプロであって伝えることが好きな人であるはずです。

ブロガーにとって、

小さなビジネスを取材してそれを独自の視点で専門性や個性をもって伝えることは、

ブロガーにとって好きなことであり楽しいことです。

だからこそブログを続けられているのです。

山梨県の小さなビジネスがブログを上手に伝える最も効率的な方法は、

ブロガーと同じようにアナタ自身が取材を楽しむことです。

『俺はこういう人間だ!!これが俺の趣味なんだ!!俺はこのビジネスをこうしたいんだ!!』と伝えることです。

ブロガーにとって、

小さなリーダーの趣味や好きなこと、考え方を知ることは何より大切な情報源です。

何故かと言うと、

ブロガー自身が好きなことをしている人だからです。

ブロガーには、

小さなリーダーが好きなことを、

小さなビジネスに繋げる才能があります。

趣味を仕事にできたらステキです。

誰と争う必要がなく、

毎日を楽しく仕事できるのですから。

第4話■山梨県の小さなビジネスがブログマーケティングを小予算で最も有効に活用する方法■ の答えは、

アナタ自身が楽しむことです。

実際に取材を受ければ楽しくなってきます。

そのまま楽しんでしまうことです。





ブログ一本に係る費用は安い掲載料金の雑誌よりもずっと低価格です。

山梨県の小さなビジネスは、

10の予算を使って11の結果を出すことにみんな必死です。

今までのやり方をちょっと変えて、

10の予算のうち、

1を全く別の使い方をすることで、

結果が2乗3乗になる場合もあります。

つまり、

10が20になったり30になったりすることもあるのです。

次号の第5話では■各都道府県のブロガー協会の現状■についてご説明します。





★山梨県ブロガー協会★の記事は全8話構成です。

『目次』はコチラへ。


テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/11/09(日) 08:15:28|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■山梨県の小さなビジネスはサービスをどのように伝えたいか■ ★山梨県ブロガー協会★

★山梨県ブロガー協会★

第3話■山梨県の小さなビジネスはサービスをどのように伝えたいか■





前号の第2話■山梨県の小さなビジネスの広告宣伝■では、CM、MLM、雑誌、ブログ、ラジオの例を出しました。

第1話の■山梨県の小さなビジネスはサービスを伝えるために苦労しています■ではサービスを伝えるために苦労している現状を3つのケースで紹介しました。

アナタなら、

どの広告宣伝を用いて3つの問題を同時に解決しますか?

実は、

共通の解決方法があります。

その前に、

『何をどのように伝えたいか』を考えなくてはどの広告宣伝が良いのか判断できません。

小さなビジネスにとって、

『何』=『商品・サービス』です。

『どのように伝えたいか』=『専門的に、個性的に』です。

ニッチで、フォーカスした、専門性がある、個性的なサービスこそ小さなビジネスの生き残る唯一の道だからです。

しかし、

専門性が生き残る唯一の道であることは頭では分かっていても、

小さなビジネスのサービスは企画の段階から専門性一本で突き進むことは勇気のいることでしょう。

ではどうするか?

専門性や個性を出したい。

それはつまり、

専門性や個性を求めているお客様へ伝えたいということです。

でもリスクは怖い。

いままでのやり方を変えずに、

専門性や個性を求めているお客様へ伝える宣伝方法とは…?

山梨県の小さなビジネスを、

小さな宿泊施設を例に出して紹介します。





この小さな宿泊施設を占い師が考察すると、

立地条件から12月に宿泊すると恋愛に良いと言うかもしれません。

その理由を詳しく説明するでしょう。

「西暦○年、○の時代、占いの中でも風水の○○流派の○○氏の諸説に基づくと?」

専門的なキーワードは湧き出るようにいくつでも出てきます。

この情報は占いと宿泊施設を結びつける専門的で個性的な情報なので、

占いの専門性を求めるお客様へ強い臨場感を伴って伝わるでしょう。

この占い師の情報を公開すれば、

占い好きなお客様が宿泊施設を選ぶ際の強い動機になるはずです。





この小さな宿泊施設を都心部出身の女子大学生が考察すると、

それまで見たことがない景色を見て圧巻するかもしれません。

映像を録画してしょこたん語で解説しながらユーチューブへアップすると、

この宿泊施設の集客に効果があるかもしれません。





このように、

宿泊施設は従来道りのサービスを提供しても、

提供を受けた側によって、

臨場感のある専門的で個性的な情報として伝えることが出来ます。





他にも、

うどんとソバを提供するいわゆる『麺処』の『天ぷらソバ』の『天ぷら』をクチコミさせたことで、

『天ぷら』に使われる野菜を何処かへ納品し始めて、

これをきっかけに学校給食センターへ野菜を納品できるようになるかもしれません。

学校給食センターはこの野菜が『麺処』の野菜だとどのように知ったのでしょうか?

野菜に生産者の名前は書いてなくても、

ネットを通せば一目瞭然です。

ただし、

専門的な情報でなければ、

ネットに掲載させていても見つけようがありません。

人はみななんらかの趣味やライフサイクルがあるので、

その趣味やライフサイクルにひっかかる複数の専門的な情報を提供すれば良いのです。

それはつまり…、

『臨場感のある専門的で個性的な複数の情報を一気に広める』ことです。

この方法に最も向いている情報媒体は…、

ブログ以外に他に無いのです。

次号の第4話では■山梨県の小さなビジネスがブログマーケティングを小予算で最も有効に機能させる方法■について説明します。




★山梨県ブロガー協会★の記事は全8話構成です。

『目次』はコチラへ。



テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/11/08(土) 19:51:21|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■山梨県の小さなビジネスの広告宣伝■ ★山梨県ブロガー協会★

★山梨県ブロガー協会★

第2話■山梨県の小さなビジネスの広告宣伝■





CM(TVコマーシャル)は視覚と聴覚で効率的にアピールできますが多くの予算がかかります。

専門的な情報を伝えることには不向きです。





MLM(マルチレベルマーケティング)も管理システムのビルドアップに多くの予算がかかります。

専門的な情報を伝えることに向いています。





雑誌は低予算です。

各雑誌によって読者層が異なるので専門的な情報を伝えることもできます。

価格にばらつきがあり、

より専門的な雑誌になるほど予算は高くなります。

読者は雑誌全体を広く見る目的で雑誌を読むので、

特定の記事をじっくり読むわけではありません。

アナログで口コミが発生するとしたら、

同じ雑誌を同時に読むもの同士のみアナログで口コミします。

したがって、

効果は単発です。





ブログは低予算です。

ブログは臨場感のある専門的で個性的な情報をインターネット全体に一気に広めることでその力を発揮します。

動画を貼り付ければ、

TVコマーシャルと同じように視覚と聴覚で訴えられます。

サービスの窓口へ読者をダイレクトにつなげることも簡単です。

ブログはその専門性と個性ゆえに専門性と個性を求める読者がいます。

パソコンか携帯電話のどちらかを持っている読者であれば、

無料でいつでもどこでも回し読みが可能です。

URLさえ伝えれば全く同じ情報を同時に共有でます。

ブログの情報発信対象はインターネットを通した世界中の全ての範囲です。

こう説明すると、

インターネットを詳しく知らない方は不安に感じるかもしれませんが、

書き手を公開しているブログは信用があり、

ポジティブな情報が流れる場所なので心配はいりません。

現在はパソコンと携帯の両方を使えない人はよほど御年配の方のみです。

パソコンか携帯電話を持っている人のほとんどはインターネットを見る事で課金されるシステムは利用していません。

そして、

誰でも日課のように自分が興味のある専門的で個性的な単語を使ってインターネットから情報を探しています。

この情報はずっと読まれ続けます。

そこからクチコミが発生します。

中・長期的に効果が持続します。





ラジオは低予算です。

ラジオは特定の就労内容の方と特定の年齢層の方に視聴者が定まっています。

専門性のある個性的なサービスを伝えることには不向きです。

聴覚のみでしか伝えられないので、

ラジオコマーシャルは、

すでに一定の認知のあるビジネスが、

長期的に反復して利用しなければ効果は薄いでしょう。

次号の第3話では■山梨県の小さなビジネスはサービスをどのように伝えたいか■についてご説明します。



★山梨県ブロガー協会★の記事は全8話構成です。

『目次』はコチラへ。

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/11/08(土) 10:11:18|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■山梨県の小さなビジネスはサービスを伝えるために苦労しています■ ★山梨県ブロガー協会★

★山梨県ブロガー協会★ 

第1話■山梨県の小さなビジネスはサービスを伝えるために苦労しています■





小さなビジネスにとって、

伝えたいサービスは専門性のある個性的なサービスです。

しかし、

田舎では、

小さなビジネスが提供するサービスは専門性を持たせることが難しいのが現状です。

山梨県は東京都の隣に位置しながら、

県民の総人口は89万人の田舎県です。

山梨県の企業の90%以上の会社は従業員10人以下の小さなビジネスであるはずです。

個人ビジネスが50%以上でしょう。

そんな山梨県の小さなビジネスはお客様にどのようにしてサービスを伝えているのでしょうか?





山梨の小さなビジネスも従来のやり方では身をけずる防戦一方で資本を削るばかり…。

このままではまずいとホームページを作ろうにも、

ホームページの外注は高額だし他人任せにできませんから労力もかかります。

自分で一から作ろうにも、

それこそ労力が大変です。

さらに、

管理しなければなりません。

山梨県のビジネスのほとんどは小さなビジネスですから、

ホームページを維持管理するための労力を別に割くことは現実として難しいのです。





ホームページがある山梨県の小さなビジネスは、

専門性をもたせるためにホームページを作っても、

客層を絞ることへの恐れから、

いつの間にやら当たり障りのない内容になってしまい、

結果として何も変わっていないケースもあります。

他にも、

専門性を持たせたホームページを作っても、

全く見られていないケースもあります。

ホームページは時間や手間がかかり遅く、

検索で上位にこないことと、

山梨県の小さなビジネスにとって専門性や個性を出しづらいことが要因です。

これでは口コミにも繋がりません。

今日の情報化社会においては、

ホームページは窓口のみでしか使用できないのです。

ですから、

ホームページはサービスを知ってもらうための媒体としては使えません。

山梨県の小さなビジネスはサービスを伝えるために苦労しています。

では、

山梨県の小さなビジネスにとって、

サービスを知ってもらうための広告宣伝
はどのようなものがあるのでしょうか?





★山梨県ブロガー協会★の記事は全8話構成です。

『目次』はコチラへ。

テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/11/07(金) 22:31:37|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レッドクリフでは兵士が戦いながら笑っていました。

レッドクリフを観ました。

戦う兵士の動きや表情がまるで他人事のようでした。

戦いながら笑っているヤツまでいる始末です。(笑)

槍に刺されながら笑っていることが自然であるはずがありません。

どんだけのマゾかって話です。(笑)

細部に渡る洗練された手抜き感とヤラセ感もさることながら、

ストーリーもショボく、

全く臨場感を感じられませんでした。





歴史とは現在の歴史であることは重々承知の上で、

レッドクリフで表現される正義と悪の極端な対立軸による偏ったストーリーは、

幼少期に観た戦隊物の○○レンジャーの次のステップ。

対象年齢5歳以上でしょうか。

互いの立場で戦った男達を写したガンダム世代である私にとっては受け入れられないストーリーでした。(笑)

とまあ言い過ぎましたが、

そのくらいガッカリしました。(^_^)

三国志好きが高じて勢いで映画館に行ってしまった私のミスです。

レッドクリフを観たことは私にとって良い勉強になりました。

団体をまとめるためにビジョンを明確にして、

そのビジョンを末端まで浸透させることは難しいことだと改めて考え直しました。

テーマ:レッドクリフ - ジャンル:映画

  1. 2008/11/04(火) 15:25:41|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8