山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

2007年01月 個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

福祉を学ぶ会

友人であり、
うちのボランティアスタッフである小林朱美ちゃんを御紹介します。

小林朱美ちゃん


「 恥ずかしい。
こうやって穢れを知らない無垢な少女がまた一人、
勇介君に激写されて行くのね。」

「 こいつめっ!
本当はイヤじゃないなっ?
少女を自負するのであれば、
少しは恥じらって、
頬をうっすらと薄紅色に染めてみたまえっ!!
さあさあっ!!
それそれっ!!」

彼女との出会いは4年前、
週一君と一緒に屋台のラーメン店“めんくい”で食事をしていた際、

彼女の一行が他の男性グループに絡まれていたので、

便乗して絡みました。(笑)



以来仲良しになった朱美ちゃんは私の家へ家財道具を寄付してくれました。

私は元来、

その手の申し出は断るのですが、

力士ばりのうっちゃりで強引に勧める朱美ちゃんにはついつい押されぎみ。

そんなこんなで、

週末には仕事を手伝ってもらったり、

時として弱みを握られたりと、(笑)

苦楽を共にする大切な仲間。

ちなみに、

彼女へ連絡をすると、

マコさんが嫉妬します。(笑)



そんな一行を連れて、

窪田淳子さんに誘われたセミナーへ。

デイサービス「よつ葉」福祉を学ぶ会 窪田淳子


甲府市地域子ども教室実行委員会地域ボランティア推進事業の「福祉を学ぶ会」に参加しました。

デイサービス「よつ葉」福祉を学ぶ会


デイサービス「よつ葉」福祉を学ぶ会


淳子さんの娘さんである窪田優美ちゃんと、

その友人である飯塚桃子ちゃん。

二人とも女子高生です。

私を見てずっとニコニコ笑っていたので、

 「 俺もまだまだ行けるじゃねえか。」

と考えていたのですが、

どうやら、

私の被っていた帽子が可笑しかったようです。(笑)

キャ[o゚∀゚o] ハズカシメラレタ!!



介護福祉とは、

誰にでも出来るようなイメージがあるのですが、

実際は総合職。

一つのことを言っても、

その言葉の受け取り方は、

年齢や、

本人が育った環境によって全く違い、

求めるサービスの質も全く異なります。

ここのデイサービスセンターに勤める女性で旦那様が認知症の方がおります。

「 私の旦那は認知症です。 
見るものは汚物を問わず際限無く何でも食べてしまい、
その食べ物を奪うと暴力を振るう。
その暴力も際限が無く、
何を言っても、
何度泣いて訴えても解らない。
ペットなら仕付ければ少しは理解するが、
それすらも…、
仕方ありません…。」

最愛の旦那様を諦めるまでに至った壮絶なプロセスを想像すると、

涙が出そうに…、

「 それは辛かったですね…。」

私はとっさにそう言いました。



帰宅後は同級生である望月くるみちゃん(旧姓渡辺)が、

愛娘の未悠ちゃんを連れて遊びに来ました。

望月くるみちゃん(旧姓渡辺くるみ)と望月未悠ちゃん


彼女は地元の大里町では有名な、

大変にヘビーバイオレンスな家庭に育ちました。

オヤジがヤクザでお母さんは?…、

位の話じゃ掃いて捨てるほどあるのですが、

その程度の話は比較の対象となりません。

専門家である私がヘビーバイオレンスと言う位ですから、

本当に相当にバイオレンスなのです。(笑)

如何にオープンな☆勇blog☆といえども、

彼女に関してはあまりにも掲載出来ないことが多すぎて、

記事掲載を躊躇していたのですが、

「 勇介、
私も母となった今、
辛かった経験や、
それを克服した経緯をなるべく多くの人へ伝えて行きたい。
そして、
私がそのことを見つめなおすことは、
後の私と娘にとっても重要なことだと思うの。」

まったくそのとおりです。

彼女自身が問題に気付き、

原因を深く哲学しなければ間違いなくわが子に連鎖します。

くるみちゃんの話を聞いて、

今日はまた泣きそうに…。

彼女の話の詳細はまた後日。



今日受講したセミナーの主催者である窪田淳子さんの娘さんである優美ちゃんは、

母親の苦労を目の当たりにして、

それを真剣に考えて、

きっとステキな大人に育つでしょう。

私の場合も、

先に紹介した朱美ちゃんとくるみちゃんとは飲み友達から入りましたが、

一緒に飲むだけじゃなく、

一緒に悩んで、

一緒に苦労して、

一緒に仕事を達成し、

苦楽を共有できたからずっと付き合いが続いているのだと思います。



窪田さん、

朱美ちゃん、

くるみちゃん!!

これからもヨロシクお願いしますね!!

もっとずっと、

一緒に頑張ろう!! 

| ^∀^)ノ 



スポンサーサイト

テーマ:山梨 - ジャンル:地域情報

  1. 2007/01/24(水) 02:58:00|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

セントラルパーク閉店セール

甲府市中央のセントラルパーク。

手塚照樹君が店長で、

臼井淳君がサポートを勤める男性向けアメカジ高級衣料品店。

手塚照樹君と飯室雄基君


ここで閉店処分セールがスタートとのこと。

照樹君と若手ホープである飯室雄基君との完売キメポーズです!!

(*д*)ヽ キミガ マブシスギテ ミエナイ。

「 凄く恥ずかしいね。 
一見意味の無いポーズのようだけど、
これが業界標準のポーズなんだね。」

「 いや、
残念なことに、
それは違うんだ勇ちゃん。
右が年始のポーズで、
左が完売のポーズだ。 」

アワワ…、
(;*д*) 
キミガ アホ スギテ ミエナイ。



元来猜疑心で一杯の私は、

「 どうせ時期的な企画物だろう。
閉店セールとは歌っているけれど、
どうせ閉店せず、
在庫を一斉処分するつもりなんて無いんだろう」

位にしか考えていなかったのですが…、

セントラルパーク閉店セール 仕入れは一体いくらだったの? 驚き呆れる驚愕の価格設定


こ、これは…っ!! Σ(・ε・;) 

リーバイスのジーンズが1,050円

Σ(゚Д゚;≡;゚д℃(゚д゚)エ?ダイジョウブ?

セントラルパーク閉店セール 仕入れは一体いくらだったの? 驚き呆れる驚愕の価格設定


13,440円のジャケットが1,050円っ!!

ヽ(´Д`ヽ)(/´Д`)/イヤァ?ン

臼井淳 新田勇介


臼井淳


「おい、淳、タメ息が出るほど安いな?。」

「て、言うだけいっておいてオマエ、絶対買わないだろ。」

「やっぱり解る? 俺アメカジ着ないからさ。値段の問題じゃ無いんだよな(笑)。」

ここまで限度を越えて安いと、

最初の価格設定をそもそも疑ってしまいます。

(;^_^) イッタイ イクラ ノッケテタンダ?

仕入れはいくらなんでしょうかね?

って、

それすらも度外視するから「閉店セール」なんでしょうね!!
ヤツらはマジで売り切るつもりです!! 

手塚照樹


「 照樹、淳、ホントに安いな!」

「 そうさ! 
勇ちゃん、
俺らはマジなんだよっ!!
…、
愛着のあるこの店を閉めるのは辛いけど…、
沢山のアイテムを纏めてディスプレイ出来る大型店舗に力を入れて行くことと、
これからは組織のマネジメントを効率化しなくちゃダメなんだ。
だから、
一旦全部綺麗に売り切って再出発するつもりなんだ!!」

本気度100パーセントの大閉店セールは28日まで開催されています!!

行こうかな??

なんて考えているアナタ!!

悩む位なら行ってしまった方が早いですよ!!

手塚照樹君、臼井淳君の関連記事はこちらから!! 




テーマ:山梨 - ジャンル:地域情報

  1. 2007/01/20(土) 02:13:07|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ヤマナシミライ会

恒例のヤマナシミライ会。

今回から、

開催日に誕生日が近いメンバーの誕生会を兼ねて花束のプレゼントを企画しました。

今日のヤマナシミライ会の会員のうち、誕生会を兼ねたメンバーと一緒に記念写真。


今回のミライ会で誕生会を兼ねたメンバー一同で記念写真。

それにしても皆さん変な顔してますね。

特に下段の中央の女性。

(そう!女性なんですよ! 笑 )

たしか、

この、

飛び抜けて変な顔をした女性が、

撮影を承諾した他のメンバーに対して、

「皆で変な顔しようっ!!」と、

小学生バリの音頭を取って撮影しました。(笑)

☆勇blog☆の特徴は、

筆者である私と、

私とプライベートを共にする友人等がメインで出演し、

私にアドレス登録されている約120名の友人等の携帯電話へ更新記事をダイレクトに送付しているので、

出演するも、

読むもリアル友。

すると、

出演者は当然、

顔バレする訳です(笑)

私の事務所において、

私の友人同士が初対面で会った場合でも、

「 あ! 
そういえば貴方は☆勇blog☆で…、
最近結婚された方でしたよねっ!! 
あの話とっても…、
( ;∀;) カンドーシタ!! 」


とか、

「 そう言う貴方も、
たしか☆勇blog☆で…、
メガネ店で勤務中にも関わらず、
メスのメガネに対して熱心にセクハラをされる方でしたよね?
いや?、
あの話は凄かった。
まさか、
お客様の前で意中のメスメガネのフレームまで脱がしてしまうとはっ!!
呆れました(笑)」


とまあ、

そんな会話になる訳です。

ですから、

ブログへ写真をアップした後に、

「勇介くん、あの写真なんだけど、取り直してくれない?」

なんて相談もタマに有り、

私と本人の2人じゃいつでも取り直し出来るのですが、

これがなかなか、

複数になるとそうも行かない訳です。

ですから、

最近blogに使う写真は、

2,3人での写真がほとんどなのです。



今回のこの写真はバッシング来るかな??

ドキドキ… (´Д`υ)

と、

ちょっと不安だったんですが、

掲載してしまいますね。

言っておきますが、

写真は削除しませんからね!!

後で文句言わないで下さいね!!

ォ願ィ♪(*゚Д ゚人)

でもこれがね、

可愛らしく鏡で何度も自分のお化粧や髪型を確認するような仕草があると、

気を使うつもりにもなるんですが、

「変な顔しよう!」

って、

自主的に呼びかけておいて、

自主的に変な顔をした挙句、

「顔が変だから変えてくれ!」

って言われてもねっ!!(笑)

これは、

如何に優しい私であっても、

応じられませんからね!! (笑)

 ↑ゴリ押し (#゚Д゚) プンスコ!

…って、

以上のことは、

私が心の中でひっそりと考えた事を勢いで書き殴ったに過ぎません。

…、

修正が必要な方はいつでもお気軽に御連絡下さいね。

( ^ω^)_U 一杯どうぞ

今日の所は、

私が折れておきますね。

..._〆(゚▽゚*) ← 折れっぱなし。(笑)

若い子が乗るギャル車?


この、

チャンプロードから出てきたような族車は今日の参加者の弟だったかな?の車。

その運転手は笑顔がカワイイギャル男風。

これが今流行のギャル男が乗るギャル車?なんでしょうかね?

私は流行に疎いので詳しくは解りませんが、

探せばそういうカテゴリーもあるのでしょうね。

私の時代のフェンダーの改造はVIP車両にパテ埋めが主流だったのですが、

最近はキットのように簡単に取り外しが出来る物が主流なんでしょうか?

私と同世代のビッパーには抵抗感を感じるイジリ方なのかもしれませんが、

これはこれでカッコイイと思いました。

私は何に関しても直線的なデザインを好む傾向があるので、

角ばって大降りなキットのデザインは大好き。

私の1台目の車は81のマーク?にインターセプターという大きく角ばったキットを履いて、

2台目は31のシーマにインシュアランスを履いていました。

ヤマナシミライ会


甲府駅で解散した後、

普段酒豪のハル君が大暴走。

吐き続けて立てません。

彼とは長い付き合いですが、

こんな彼は初めて見ました。

(;´Д`)ゲロゲロ…、

吐いて黒い物が出てきました。

「 お、
この黒いのはガン細胞だ。
俺は死ぬ…。」

「 ハル君、
それはさっきミライ会で食った寿司の海苔だ。
死なないから大丈夫だ。
とりあえず俺の家まで歩こう。」

「 ガン細胞だ…死ぬ…。」

「 だから、さっき食った海苔だ。」

「 そう見せかけているだけだ…
表向きの情報に騙されるな… 」

「…、タクシーを呼ぶね。」

「 勇介、
今までありがとう。
自分の体は自分が一番良く解る。
俺は死ぬけど、
子供と…、
カミさんのこともヨロシク頼む。」

「 カミさんもかよっ!! 
仮に俺は良くてもカミさんが困るだろ(笑)」

「 ありがとう。
そろそろ絶対に死ぬから…
カミさんと、
あっちの方も上手くやってくれ…。」

「 あっちの方ってどっちの方だよ!!(笑)」

「 保険金はオマエが受け取ってくれ。
上手くやってくれ…
頼んだぞ…。」

こんなやり取りがずっと続きながらも何とか帰宅して寝かしつけた後、

仙崎君に誘われたイベント会場の棕櫚へ。

棕櫚にて、仙崎正治君と初代彫健さん。


お隣は初代彫健さんという、

山梨を代表する凄腕彫師とのことでした。

彫健さん!!

仙崎君のことヨロシクお願いしますね!!

起きてスッキリしたハル君と私


「勇介、昨日はゴメンね。」

「 いいさ。
ハル君が俺に初めてあんな一面を見せてくれて、
むしろ俺は嬉しかったよ。
…、
何かあったの?」

「 いや…。」

「 言えないんじゃいい。
言いたくなったら言ってくれな。
真剣に聞くから。」

「…、実は、
不動産取得税が、
5万位だと思っていたら、
16万だったんだ…。」

「…。」

確かに一大事ですが、
お金だけの問題って大した問題じゃ無いと私は認識しているので、
随分と安心しました。

「 購入した不動産を売ってしまえば良いじゃん(笑)」

「 …、やっぱりそれしか無いかな?」

「 おいっ!!冗談だよ!!」

やっぱりまたちょっと心配になりました。(笑)





テーマ:山梨 - ジャンル:地域情報

  1. 2007/01/17(水) 02:05:58|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

彫師の仙崎正治君

車で市内を移動中、

壁に絵を書いている仙崎正治君を発見!!

仙崎正治


彼は在学中は私の住んだアパートと隣合う柔道部寮に住み

法学部卒でありながら、

エロ漫画家を目指した変わり者です。

仙崎正治の友人


仙崎君の中学生以来の相棒との共同作業です。

所で、

彼等は本を見たり、

下絵を描きません。

(((ノ゚Д゚●)ノ ナゼ??

って、

考えてみると、

そういや私もメルマガやブログを執筆する際に下書きを書かないですし、

講師をする時もアドリブです。

きっとそれと同じことなんでしょうね。

さーて、

どんなアートが完成するのでしょうか?

ワク p(^ω^q=p^ω^)q ワク

完成次第また追ってアップしますね。

仙崎正治


仙崎正治


仙崎君はこの翌日、

普段はバーである棕櫚で、

クラブ(踊る方のクラブですよ。)のイベントの仕事があるそう。

それに来るように勧められたのですが、

当日はヤマナシミライ会の開催日。

彼は昔から口癖のように、

「感謝の気持ちと謙虚な気持ちを忘れないことが一番大切だよ。」

と、

さも悟ったように諭しながら、

いつも通りの穏やかな顔で営業してきます。

一見説得力が有るですが、

私がクラブへ来店することと、

私の感謝と謙虚さの気持ちとは因果関係がありません。

まあいいや。

正治っ!! 風邪ひくなよっ!!

 ↓ 仙崎正治君の関連記事はこちらから。


テーマ:山梨 - ジャンル:地域情報

  1. 2007/01/15(月) 23:59:32|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スキー場へ行ってきました。※トラックバック

以下、
“ガキの種”さんが執筆する“ありきたり”へのトラックバックです。

※私にとって初のトラックバックです。
※トラックバックがどういうものかイマイチよく解っていません。
※いずれにせよ、私の初めては種さんに奪われました。
※お母さんゴメンなさい。


ちなみに、...
スキー場へ行ってきました。


トラックバックしたらこうなりました。


何で?


リンクを張らなくても、飛べると言う事?


よくわかんねえ! しからば、修正を…
...
スキー場へ行ってきました。

テーマ:山梨 - ジャンル:地域情報

  1. 2007/01/12(金) 17:59:33|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スキー場へ行ってきました。

8日は浩一君が支配するシャトレーゼリゾート八ヶ岳へ。

美保ちゃん


かつてはその美貌で“ミス学院”の“ウサギ様”と羨望された美保ちゃん。

現職は人妻です。
(〃▽〃)キャッ

美穂ちゃん シャトレーゼリゾート八ヶ岳

彼女は☆勇blog☆執筆当初よりコメントをくれる“MIHO”ちゃんの正体。

コメントで私を“総帥”と呼んでおりますが、

これは、

今は死言と化した、

ニッタファミリーでの私の役職。

ちなみに、

未だ美保ちゃんの親御さんやご兄弟からも“総帥”と呼ばれ続けています。

もしかすると、

未だに私の本名を知らないのかも知れませんね。(笑)



秀才な彼女の成績表の多くは、

オール最優秀評価のA判定でブッチギリのトップクラス。

ファミリーの作戦参謀を務めた彼女の立案能力は振り返ると、

筆舌に尽くしがたいものがあります。



昔から頭が良すぎてオカルトに走る傾向があったこの作戦参謀は、

「これからは宗教の時代だろう。」という結論に達して、

当時流行った“法の華”をもじり、

“下の華”の創設を立案。

雌雄片一方の下では下としての機能を十分に果たさないので、

キャッチフレーズは“2つで1下”

言葉は発せず、

文字にしない。

(後の証拠に残さない。)

そう、

全ては口から口への口移し。

いわゆる、

マウス・トゥー・マウス。

マスコット・キャラは、

アフラックとコーラッコとは血縁関係にある

アダルト・ダック。

非常にグラマラスな彼女の必殺技は、

アダルト・ダッコです。

法則としては

“大宇宙雌雄両求めの法則”

により、

教えの方針はほぼ固まっていたのですが、

役職の配置で問題になりました。

私は総帥ですので、

てっきりNO.1かと高を括っていたら、

他に教祖、理事長、CEO、会長、代表取締役社長、名誉最高顧問、頭取など、

肩書きに名前負けする、

そうそうたるショボいメンバーが揃いました。

これらの肩書きのおかげで、

一体誰がNO1なのか権力闘争に陥り、

内部分裂を得て10日で解散に至りました。

ですが、

一番の原因は、

信者が1人もいなかったことです。



今日は、

はるばる河口湖より、

blogの先輩である“ありきたり”筆者の“ガキの種”さんにおいで頂きました。

河口湖のブロガー、ガキの種さんです。


左は中学校の教員である洋子ちゃん、

右が種さんです。

ボード専門の洋子ちゃんは種さんのスキーに興味を示しました。

「スキーも楽しそう…、私もそれで滑ってみたいな…。」

「えっ? でも俺の靴は?」

「とりあえず私のと交換しておいて下さい。」

種さんに洋子ちゃんの靴は小さくて履けないだろうと思っていたら、

履けてしまったので、

引っ込みが付かなくなりました(笑)

辱められるガキの種さん。



「こんな靴じゃ滑れないよ…。」

女性物の靴を履いて辱められる種さん。

普段奥様に頭が上がらないらしい種さんは、

女性全般に頭が上がらないようです。(笑)



種さんがオーストラリアで買ってきた赤のスパークリングワインと河口湖地ビールの粋な差し入れでランチ。

赤のスパークリングワインと河口湖の地ビール


7名に御参加頂き甲府より出発し、

現地で2名の友人も加わりました。

ある程度人数が増えてくると、

スキーもボードもせずに、

ソリを曳いてパンダさん滑り台で子供に混じって遊んでいる者や、

雪だるまを作り始める者もいます。

友人である私の目をもってしても、

もう既に、

どんなに可愛らしい仕草をしようとも、

可愛く無い彼等の醜態を目の当たりにした時、

「スキー場で雪だるまを作って許されるのは小学生までだな。」

と思いました。

シャトレーゼリゾート八ヶ岳


美保「あ、総帥、洋子ちゃんが帰ってきたよ!!」
 σ・ω・)σ

勇介「洋子ちゃん、こっちおいで?!!」
[部屋]・ω・)ツ))♪

洋子「いいわ。スキー。種さんこれ頂戴!!」
щ(゚▽゚щ)

種「そ…、そんな…!!」
(つд;

シャトレーゼリゾート八ヶ岳


帰路の途中、

最愛の息子さんから電話が掛かってきた種さん。

「お父さん、今何処で何をしているの?」

「あ、今スキー場からの帰り道だよ…。」

「帰路? 具体的に何処から何処への帰路?」

「あ、いや、とりあえず甲府へ戻ってから皆で御飯を食べる所なんだ…、もう少し待っててね…。」

息子さんは小学生。

裏で糸を引く奥様の入知恵がぷんぷん香ってくるやり取りに、

一同で笑いを堪えていました。(笑)

ここまではblog通りの印象だったのですが、

実際にお話すると、

とってもダンディー紳士な種さん!!

これからもヨロシクお願いしますねっ!!

種さん【ダ】*【イ】*【ス】*【キ】
´ω`〃)ノ !!

次回の八ヶ岳は2月12日です!!

参加者募集中!!









  1. 2007/01/10(水) 15:43:40|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:23

お正月には 「おとそ」

これ、

何だか解りますか?

正月のおとそ


包みを見たときは、

あれ、

お年玉かな?

あ、領収書持って来ていないや。

って思ったんですが、

正月用の「おとそ」

おとそって正月用のラベルがついただけで金額が割り増しになっている普通の日本酒だと思っていたのですが、

これが本当のおとそとの説明を受けました。

正月のおとそ


中はティーパックのようになっていて、

 ↓ 「おとそセット」 ↓ で飲みます。

おとそセット


味は山椒とニッキ飴が混ざったような風味。

とっても美味しかったですよ。

効能は、

風邪予防に効果的と伝えられているようなのですが、

風邪をひかない私は

「長ネギの生食に勝る風邪予防は無い」

と勝手に思っています。

かなりの頻度で食べる立ち食い蕎麦店では、

サービスの長ネギを蕎麦が見えなくなるほど大量にかけるのが私流。

私の入店時に「チラッ」とネギの残量を確認する店員の仕草に燃えてきますっ!!

(`□´) クワッ!! ←嫌な客。  

肉体労働でも、

外回りがある訳でも無い室内陰湿派である私が一般的な同い年より体が健康な訳は無いのにも関わらず、

ここまで風邪をひかないのには何か理由があるはずだと常々考えていた折、

新聞にて、

とある動物園がチンパンジーの風邪予防にネギを与えて、

実際に風邪をひかなくなったという旨の記事を読みました。

そういえば、

昔からあんまりネギが好きなので、

八百屋である学生時代の大家さん(前号参照)がたまにプレゼントしてくれたほどです。

帰宅時は家にもって帰ればよいのですが、

急ぐ通学時にはこれが困ったことに、

鞄に入らないので、

仕方なく直接手に持ち、

授業中は、

後ろの席の子に、

「あの人ネギ臭いね。」

と罵られ様が、

ネギを手に授業を受けました。

むしろ、

周囲のその視線が心地よくもありました。(深)

もともと生食派の私(前号参照)はネギが甘い時期になると、

学生食堂やグランドの水道で軽く洗って、

お茶や弁当のお供にそのまま生で食べたり、

校舎の上から、

下にいる女の子に気付かれるようにわざと落としては、

「 あ、
すみません! 
今落ちたネギ、
それ、
僕の大切なネギです! 

拾って頂いてありがとうございます!!
よかった?。
これは形見のネギなんです…。」

と、

突破口に利用し、

失笑をかってみたりと、

長ネギは私にとって、

苦楽を共にした唯一の食材であり、

ライフワークそのものと言っても過言ではありませんでした。

って、

前置きが長くなりましたが、

寒い時期なので、

みなさんも風邪予防に是非、

長ネギを生で召し上がって下さいね。

(^0^)/ ジッケンズミ!!


この日は、

おとそ、おせちの他に、

殻つきの岩牡蠣も剥いてそのまま生で食べました。

猫のエサに牡蠣を混ぜました。


だいぶ余ったので、

頂いて帰って、

猫に1つ与えたら大喜びだったので、

しぶしぶ猫のエサに混ぜてやりました…。

猫に牡蠣を与えました。


コハゲとタワシは大喜びでした。
(^0^)/ ヨカッタネ!!



テーマ:山梨 - ジャンル:地域情報

  1. 2007/01/07(日) 01:13:51|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

鍋と言えば 「かんずり」

お正月は、

友人であり、

尚且つ大切なクライアントでもある宅へお呼ばれしました。

新潟の濃縮辛味調味料 かんずり


ここで、

越前は上杉謙信公陣中兵糧と記載のある、

「かんずり」なる濃縮辛味調味料に初対面。

新潟の濃縮辛味調味料 かんずり


唐辛子を雪にさらして塩、

柚子等と合わせ、

発酵させた自然食。

料理好きの私としては、

雪にさらす工程の理由が想像出来なかったのですが…。

(;^_^) ナニカ リユウガ…?

とりあえず舐めてみることに。

そうは言ってもそんなに辛く無いだろうと、

あまり期待せずに舐めてみたのですが、

わりとしっかり辛いんで大喜びしました。



山梨県は武田信玄の影響で、

歴史物のTVは戦国時代がメイン。

よって、

その武田信玄とドラマを繰り広げた上杉謙信も並んで有名です。

オーダースーツへ名入れ 清和源氏新田勇介


ところで、

私の先祖は1333年に鎌倉幕府を滅ぼし、

南北朝時代の南朝側の総大将である、

新田義貞とのこと。

昔、

「笑っていいとも」で敵対した足利尊氏の直血(たしか私の同級生でした。)が出演していたので、

 「 指を銜えてテレビを見ている俺を無念のご先祖が見たらどう思うだろう、こいつを斬るべきかな…。」

と神妙に考えました。(笑)

所で、

全国的な知名度で言ったら、

武田信玄より新田義貞の方が断然有名ですよね? 

(;^0^)ア、チガッタ? 

 ↑ 先祖びいき

なんて勝手に納得していたら、

先日、

塾講師もしているだいすけさん(前号参照)に現行の中学歴史の教科書を見せてもらったのですが、

私の中学時代の日本史では太字記載だったはずの新田義貞が、

現行の教科書だと細字どころか記載がありませんでした…。

(;´□`) ソ、ソンナバカナ…。

ちなみに、

戦争に勝って系図がハッキリしている足利家と違い、

何処で戦死したのかも伝説になっている新田の本家の血は、

石川県の能登説と、

福井県説と京都県説があるようで、

私の家は石川の能登の住職より、

「あんたが直血よ。」

と言われているのに過ぎず、

そもそも石川県に移り住んだ一族が直血か否かも解らないので、

どうにもハッキリしないようです。



ちなみにここの住職は昔、

自分の娘と私をくっ付けようと、

お見合いを勧めてきた、

だいそれた悪事を試みたワル住職。(笑)

私の耳にその情報が入ってくる間に、

普段自宅でグッタリしていそうな一族のご長寿達が急に元気になって

 「 おらの最後の一仕事!! 」 

と言わんばかりにどんどん話を進めていたので、

父から私へ話しがあったときには

「 ははは!! 
おい、
能登の住職が娘とのお見合いを勧めてきているんだけどどうする? 
腹くくるか!! 
会ったら断れん段階まできているぞ!! 
ははは!! 
うふふ!! 」

電話越しですが、

普段は鬼軍曹の父が、

あんなに笑っていたのは初めてでした。

(#^_^#) ウレシカッタ。

あれに纏わる電話が過去最大の父子のスキンシップだったような気がします。(笑)

当時の私には大切な彼女がおりましたので、

丁重にお断り差し上げましたが、

周囲は、

「 凄く綺麗な子で、20歳で、まだ綺麗な状態だぞ!! 」

とか、

聞いてもいない訳の解らないゴリ押しが続きました。(笑)

「 写真を交換して、お顔を確認してみてからでもいいんじゃないか?」

なんて、

顔を確認して断る訳にもいきませんよね!! (笑)

この周囲の過剰な過熱振りを聞く限り、

イケニエに等しいその娘さんに申し訳無い気持ちで一杯でした。



所で、

こういうことって承諾出来ませんよね?

いや、

仮に彼女が居ようと居まいと。

だって、

とりあえずお見合いをして付き合ってはみたものの、

価値観等の違いがあってお互いに結婚は出来ないから仕方ないね、

バイバイって訳に行かないですよね。(笑)

ですから、

父を介してその娘とお見合いをしたら、

付き合わずに結婚するか、

一生会わないか2つに一つみたいなね。(笑)

あ、

ちょっと考え方古いですかね?(笑)

とまあ、

そんな感じで今まで3人の父親から娘を勧められたことがあるのですが、

言いだしっぺの娘の父親も、

断る事を解って半ば冗談で私に娘を勧めているんでしょう。

押しが甘いというか…、

そ?ですね?。

もし、

私に娘がいると仮定して、

本気で自分の娘を相手に勧めたいと考えたら、

まずは相手にたっぷりと恩をかけて、

頃合を見計らい、

 「 うちの娘は昔から入れ食い状態で、
この辺の町内全体はもとより、
星の数ほど、
もの凄い数の男に騙され続けて、
引きこもって明日にでも死にそうだから、
頼むからメールでもしてやってくれないか?
一日のノルマは最低3本な。 」

位のことは言いますよ。(笑)

私も、私の娘も本気だったらね。(笑)

こう言うことによって、

相手も

「 普段お世話になっているし、
人助けだと思って、
娘さんと連絡を取ってあげよう。」

と思うじゃありませんか。

まあ、

ここからは娘のテクニック次第ですがね…。
(-?-)ニヤリッ

あ、ここでいうテクニックっていうのは、

いわゆるトークテクニックですよ!!
(;^_^) マダハヤイヨ…。

当たり前でしょ! 私の娘に限ってそんなことは…!!
(;´д`) ←親バカ

まだ見ぬ娘よ、バカなパパでゴメンね!!
(;>_<) ヒー ユルシテ!! 



おっと、

よく話が飛ぶblogですね。

かんずりの話でしたよね

^_^) ドウデモヨクナッチャッタ。

纏めると、

かんずりはこの↓お鍋↓の薬味に使いました!!

鍋

ヒレ酒


ひれ酒も飲みました。

フグの味かどうか? 

って言われると正直よく解らなかったのですが、

乾物の風味がしてとっても美味しかったですよ!!

ご馳走様でした!!
(^0^)/ ヨハ クッタデ オジャル



テーマ:山梨 - ジャンル:地域情報

  1. 2007/01/06(土) 07:32:23|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

明けましておめでとうございます!!


昨日は大掃除をしながら、

モスバーガーの「匠味」バーガーにチャレンジ。

モスバーガー 「匠味」


セットで1食900円の禁断の領域です。

食べ終えた後に、

納得いかず、

首を傾げるヨッシー君(前号参照)は、

カトキチという量販製麺メーカーのカップめんにお湯を注ぎ始めました。

加ト吉のカップうどん


「 うん。美味いっ!! 
やっぱり一部上場企業では、
カトキチ以外は信用出来ないな。」

トヨタの車より、

ソニーのウォークマンより、

製麺業のカトキチが見よう見まねで作った、

少し小麦粉の混ざった車やウォークマンの方が、

彼にとっては信用に値するのでしょう。



自称ウドン博士の彼は、

讃岐ウドンのモチモチ感や、

吉田のウドンの芯の硬さとか、

そういった特別な物を求めている訳ではなく、

かといって、

ダシ汁はかくあるべきっ!!

と言った哲学がある訳でもありません。

普通に3玉100円で売っているウドンを食べさせても、

「 美味いっ!! これはカトキチでは!?」

正解はマルちゃんなのですが、

どちらも似たり寄ったり。

私は彼の良き友人として、

彼の研究や、

情熱を傾けることに応援をしてあげたい気持ちは山々なのですが、

いかんせん、

彼はただの小麦粉好きの域を脱していません。(笑)



これで年越しです…、トホホ。


夜はスーパーで売れ残っていた半額のギョウザとサバ味噌缶詰と発泡酒をお供に、

1人でパソコンに向かって事務仕事をしながら年越し。

そして間もなく、

友人の知子ちゃんと夏澄ちゃん(前号参照)から電話。

甲府駅近郊のクラブのカウントダウンパーティーに参加した帰りに私の所へ寄りました。

ともこちゃんとかすみちゃん


「へ?、そんなイベント有ったんだ。呼んでくれればよかったのに…」

「…、一緒に行くのはちょっと…。」

一緒に行くのはイヤでも自宅へ遊びにくるのはいいんでしょうか?

乙女心って難しいですね。

(^0^)/ボク コドモダカラ ワカンナイヤ 

ともこちゃんとかすみちゃん


食べかけの半額ギョウザを勧めたのですが、

「 勇介からニンニクの匂い凄いよ。
でも食べてもいいけど、
ギョウザ1個しかないじゃんっ!!
そのギョウザ1個の為にこの匂いのリスクは背負えない!!」

と、

丁寧に断られました。



気持ちを新たに、

いかに結婚するかをテーマに語らっていたはずが、

何時の間にか、

どんな結婚式(前号参照)を好むかの話に飛躍してしまいました。

この、

問題が当初の問題を飛躍する点が、

お互いにとって一番大きな問題点だろうということで、

一同の意見は一致しました。



近くで飲んでいた信吾と恒星(前号参照)を乗せて、

ラーメン屋を探したのですが、

どこも営業していなかったので、

すき屋へ。

信吾、恒星、かすみちゃん、ともこちゃん


そのまま、

初日の出を見に行こう!!

と女性陣から提案があり、

竜王のドラゴンパークへ向かったのですが、

「こんなに寒いとは思わなかった…。」

と、

あまりの寒さに怖気づいた彼女達は車内から出ません。

しかし男達は、

せっかくここまで来たからには、

一応高台まで歩いて見に行こうと、

初日の出を眺めました。

ドラゴンパークから見た、あまりパッとしない初日の出


結果、

(;´д`)コ、コンナモンカ…。 

って感じでしたっ!!

でも、

私にとって、

良い友人等と年を迎えられて良かったです。

こうしてたまに会い近況を聞くだけでも、

本当に安心します。

本年も良い年でありますよ?に!!

(^0^)/ ミンナモネ?

テーマ:山梨 - ジャンル:地域情報

  1. 2007/01/01(月) 18:40:18|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9