山梨県ブロガー、勇のブログ 『富士山より先に噴火したいっ!!』

2006年06月 個人ブロガー勇がムービーを撮影して動画作ったりクチコミ体験して感想を綴るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

民事介入暴力対策の書籍を御紹介差し上げます。

さて、

くだらなさに定評のある当ブログですが、

読んだ友人にあまりにも心配されたため、

「たまにはちょっとマジメは話でもしようかな。」

と。

眠れない時に読むとすぐ眠れます。


 ↑ 暴力団対策関連の書籍です ↑

  ☆こんな方にオススメです☆

    不眠症で夜眠れない方!

     
この類の書籍はほとんど読破しています。

たま?にですが、

書き込むネタに困った時にでも、

一冊ずつ本を紹介していきますね。


スポンサーサイト

テーマ:IR&CSRとしての反社会的勢力対策 - ジャンル:その他

  1. 2006/06/28(水) 15:16:36|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマナシミライ会

山梨県には【無尽会】という文化があります。

これは、

特定の利害関係者(メンバーは変わらない事が多い)が毎月同日同場所に集まり、

一緒に酒を呑んで親睦を深めます。



私も、

その類の会を主宰してみたくなったのですが、

従来の古いやり方では面白みがありません。

もっと合理的なシステムは作れないかな?

と考えていました。



私は学生時代より、

同じ法学部の有志等とともに、

知人等の相談事を聞くことが多いのですが、

この有志の多くも別の活動があり忙しく、

なかなか思う様に個別の相談者の期待に答えてあげられない現状がありました。

有志各人の専門分野は違っても、

そんなことお構いなしに様々な分野の相談事があります。

そのくせ各有志の窓口がバラバラですから、

 「 俺も以前にその類の相談を受けたことがあるよ。
おまえがいちいち調べなくても、
俺に一言言ってくれれば早く解決できたのに…。」

なんて不合理な話になることも多かったのです。

合わせて、

活動していく中でストーカーやドメスティックバイオレンスに民事介入暴力等が複合した「暴力による強要」が大変大きな問題だと私たちは確信しました。

このようなトラブルは、

被害者が孤立してしまうのが現状で、

それによって受けた心の傷は非常に大きく、

また、

いつ自分や自分の大切な人に振り掛かるか分かりません・・・

では、

「暴力による強要」から被害者を救うことはできるのでしょうか。

これは大変に難しいことです。

メンバーにも守るべき家族がいて、仕事もある。

暴力に対する恐怖もあります。

他人との相談によって解決できることなど限られているのです。

仮に救えるケースであっても、

「暴力による強要」の被害者の多くは、

いわゆる「暴力に対する依存期」が長引くケースが多く、

周りの意見を聞きたくないときもあります。

私達ヤマナシミライ会のテーマは「私たちは弱い、でも逃げない」です。

「逃げない」とは「戦う」という意味では無く、

「見守り続け、見捨てない」という意味です。

人は思いつめると周りが見えなくなることがあります。

そんなときは、

ただそばにいることが何よりも大切になってきます。

相談者の不安を和らげるためには孤立させないこと。

そのためには相談者がメール1本を気軽に打てる環境を維持し、

少しずつでも話を聞き続けることが大切なのです。

多くの場合、

自分の中にしか答えは無いのですから。

そして、

有志のみならず問題を克服した相談者も新しい有志となって新しい相談者の相談を聞いてアドバイスをできるよう、

有志の皆が食事をとりながら纏まれる場所が必要でした。

そんなこんなの経緯と、

 「 休み位飲ませろ!」

という飲兵衛さんの意向により、

日々のオフ会等を通して相談しあえる環境を維持することと飲み会を一つに纏めたのが、

 「 ヤマナシミライ会」です。

会員のみんなで「逃げずに見捨てない絆を維持し続ける」ことを実践しています。

推薦製ですので誰でも参加出来るわけではないのですが、

ゆっくり順調に会員は増えてます。

1年後が楽しみです。



さーて、

今日は土曜の夜にもかかわらず、

予定はありません。

ボーッっとしていると、

どっこいしょ。 さてと…、大きいの出るかな…


 ↑ よっこいしょ。 さてと…、今日は大きいの出るかな…?

…、フローラルな香りだろ!! ふんっ!!


 ↑ 何かっ!?


飼い猫にちょっと睨まれました。


テーマ:山梨 - ジャンル:地域情報

  1. 2006/06/24(土) 21:45:27|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

しほちゃんといくみちゃんを御紹介いたします。

お友達のしほちゃんといくみちゃんが子供を連れて遊びに来ました。

あれっ! 横から見ると可愛いですねっ!


一緒にすき焼きを食べながら語らいました。
すきやきの具です。


いくみちゃんの所は結婚以前より、

もう暫く営みが無いようで、

今回の出産は奇跡だ!(記憶に無いのよね…。)と喜んでおりました。

PS↑ 人生のラストチャンスを物にできて良かったですね。

「旦那に相手にしてもらえないから出会い系でもしようかしら(笑)」なんて言っているので、

2万円分使って結局誰とも出会えなかった甘酸っぱい自分の経験を伝えました。



しほちゃんは10日で仕事を辞めたようです。

PS↑ 次は勤務日数1桁を目指してください。


あれ、近所の子供の落書きですね。


やい! 降りて来いこのクソ猫!!


いくみちゃんの子供がいるんでニャン坊共を表に出したら、

早速私の車に登ってます。

汚れるので、

私はサンルーフを開けられないのです。(怪談 開かずのサンルーフ)

ついでにこのバカ猫、

私が車で出かけようとすると車の運転席から乗り入れてきますし、

それを阻止されると、

車の上に登ってドライブを一緒に楽しみます。(町内くらいまで。)

しほちゃん、いくみちゃん共に、

9年の付き合いになります。

車繋がりで、

一緒にVIPをいじっていました。
(ビッグセダン車にキット等を付けて改造すること)

どちらも気持ちの優しい良い子です。

子供はきっと幸せに育つでしょう。
(子供に得意のキットを取り付けたら、セイント・セイヤになれますね。お子さん大喜びです。)



しほちゃんはたまにうちの仕事のお手伝いをしてくれるボランティアスタッフです。

またおいでねっ!!



そこで、

全国のちびっこビッパー共に一言。

「上納して威張るな! チームに入らず、謙虚な気持ちで、一人で回れ!」 


テーマ:山梨 - ジャンル:地域情報

  1. 2006/06/22(木) 17:53:55|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東京に行ってきました。

東京にはわりとよく行くのですが、

満員電車が苦手です。

電車の満員ぶりを見たとたん、

ちょっと躊躇しましたが、

そうも言ってられませんのでしぶしぶ乗りました。



万が一痴漢呼ばわりされると身の破滅なんで、

両手でつり革にしっかり掴まって周囲を観察しました。

私に背を向けている前の女性が小説を読んでいます。

ちょっと覗いて読んでみたのですが、

どうやら官能小説のようでした。

偶然そういう内容のページだったのかもしれませんが…。



東京ではこれが「OKサイン」なんでしょうかね(笑)。

もう、

私にはこの女性が、

無言のおねだりをしているようにしか思えない訳です(笑)。

欲しがり上手とまでは言わせない、

一歩すすんだ洗練された東京の現代おねだり情事を垣間見ました。



まあ、

釣りえかもしれませんので、

世の男性は気をつけて下さいね。

世の女性は、「こうゆうふうに考えるバカな男(新田)もいるんだね。」

と、しっかり学びましょう!!



☆今日のポイント☆

 ?満員電車での官能小説はおねだりとみなす?

あ?、またブログ用の写真取って来るのわすれたよ!!

って、 仕方なくまた自分の写真です。


帰りは最終の各駅停車便で甲府へ。

足を伸ばしてのんびり帰りました。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2006/06/20(火) 14:47:29|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

素行調査

今日は夕方からず?っと素行調査をしておりました。

猫の浮気調査。 結果は黒でした。

 
 ↑ 猫の浮気調査。
   結果はもちろん黒でした。(笑)

最近、

のきなみ新しい探偵社が増えているようです。

うちの場合は、

ストーカーやDV対策の際に必要な証拠収集の活動が、

結果的に探偵業となってしまいました。(笑)



探偵業界の実際は暴力団OBの集まりの職場。

ヤクザなんぞの指示は受けたくないので、

どこぞの関係機関には入らずなるべく独自路線でやって行ければな?と考えています。

新田勇介


この辺の話はちょっとディープになってくるので詳細は控えますが、

色々なケースがあります…。

うちで多いのが、

素行調査→浮気調査。

離婚する気は無いんだけど旦那が何をやっているか知りたい!!

というケース。

昔はこのケースが一番の困り(悩み)でした。

だって、

証拠として活用し慰謝料請求しなければ、

私達の活動は何の費用対効果も無いからです。



ですが、

この考えは変わりました。

クライアントと一緒に悩んで苦悩を分かち合い、

そこからどうするのは当然、

クライント次第だということを。

離婚だけが解決方法ではありません。

私達は、

全てのクライントが好きです。

調査はクライント無くして完結しません。

一緒に計画を話し会う内、

たまに別の結論に達します。

浮気を追うのではなく、

浮気をさせない、

心に響く方法を…。




この話はまた書き加えられる範囲で書き足しておきますね。

ではまた。

おやすみなさ?い。


テーマ:山梨 - ジャンル:地域情報

  1. 2006/06/16(金) 03:28:30|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

個人レッスン

今日は肉じゃが(前号参照)を作り終わって

以前御紹介したいずずさんにマンツーマン個人レッスン。

これからの小規模ビジネスの変化を学ぶ為に、

まずホームページとメルマガとブログと動画の用途の違いを簡単に指導させていただきました。

ギャ??!!     うっふ??ん!!  


いすずさんは名門大卒のお嬢様。

お花を生けたり、

ピアノを弾いたりは得意なのですが、

仕事柄、

パソコンを使わなければいけない事情も特に無かったので、

こっちのほうは全くの初心者です。



さて、指導と言っても、

9割は聞き役に徹することが大切です。

いすずさんの場合、小規模ビジネスの管理者として、まず、パソコンを自主的に使えるようにしたいと意気込んでいます。

自主的に使うようになるには、

やっぱり好きにならなきゃいけません。

ですから、

私の最も重要な指導内容の一つが、

「私を通してパソコンの作業を好きになるきっかけを作ること。」

だと考えています。



ず?っと 聞き役に徹すると、今まで人に聞けなかった、本人の素朴な 「?」 が本人の口から言葉になって一斉にあふれ出てきます。

「ねえ、所で、このブログって無料なんでしょ?」

「うん。」

「じゃあ、このFC2って所は何のメリットがあってこの活動をしているの?」

私が、しめたっ!! と思う嬉しい一瞬です。

「いい所に気がついたね!! 何故だと思う?」

彼女は今、興味を持って、自主的に、自分で考えたくて考えたことを素直に聞いてきました。

これの繰り返しが一番大切です。




「何故?」にこだわる方は、用心深く、思慮深い方かと思います。

納得しないと取り組めません。

だから、押し付けられる学習は苦手なタイプでしょう。



逆に、押し付け型の学習が好きなタイプの方は、

人から指導される事を素直にそのまま受け入れます。

ただ、逆に、

悪い言い方をすると、

独創性に欠けるかもしれません。



そこで、これらのケースを大きく別けて2つの仕事力に分類してみるとどうでしょうか?

1つは労働力、もう一つは、想像力です。



作れば売れる売り手市場時代、

例えば家電製品を作る仕事、

作れば売れる時代だったのですから、

企業は優秀なYESマンを集めました。

文句を言わず、

マニュアル通りに動き、

決まった作業を繰り返す人、

労働力です。

事実、

以前は労働者の頭数で、

既に来年の決算書が作成できた解りやすい時代です。



ですがそのうち、

物を作っても売れなくなって来ました。

みんな、テレビ、洗濯機、冷蔵庫もエアコンもぜ?んぶ持っています。



こうなると、

それら家電製品を作っていた会社は困ってしまいます。

新しい研究にどんどん初期投資が出来るお金持ちの大きな会社は従来の利益が減ってもやっていけるのですが、

ありきたりの家電製品を作る中くらいの規模の会社は、お金持ちの大きな会社と勝負出来なくなってきたのです。



そして、消費者の欲しいものの対象が変わってきました。

目に見えないサービスにお金を払うようになって来ました。

さて、

ここで言う目に見えないサービス。

それらの業種は多種多様です。

そして、それらの業種の多くは、

昔は無かった仕事なのです。

それを生み出した人は、

労働力ではありません。

その人は、

「何故…?」そして…、だから…、

5年後のこの業界は…!!を考え抜いた人、

つまり、想像力です。



話は戻って、

「何故?」を繰り返す「押し付けの学習が嫌いなタイプ」と、

「素直に押し付け学習を受け入れるタイプ」

どちらが労働力に向いていて、

どちらが想像力に向いたタイプでしょうか?



まあ、ちょっと強引な例でしたが…、



私は、

あなたの 「?」 を歓迎しますよ!!

そして、

「それが最も重要なことなので、どうか遠慮なさらないで下さいね。」

と言うことをいすずさんに伝えたかったのです。

いすずさん、一緒に頑張りましょう!!


※授業終了後に一緒に肉じゃがを食べました。

テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育

  1. 2006/06/14(水) 01:52:40|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

肉じゃがを作りました。

私は料理も趣味です。

何故今まで秘密にしていたかと言うと、

レシピの説明が長くなってめんどくさかったからです (笑)。



今日は勢いで掲載しますね。

肉じゃがです。



前日に水出しした煮干(頭、綿取り済み)入りの鍋を超弱火にかけじっくり煮出します。

煮干はかなり我慢強く、ちょっとやそっとじゃダシを出しません。

PS うっかり煮干の代わりに 「あご(とびうお)」 を代用してしまうと、とても臭くて食べれません。ご注意を。(当然失敗済み)

みじん切りのタマネギをかなりじっくり炒めます。

タマネギに油は使いません。3時間位炒めます。


タマネギは油を使わず超弱火で3時間炒めて、

スープは水出しの煮干は超弱火で6時間!!

煮干を1つ取り出して食べてみて、味がしなくなったらしっかりダシがとれた証拠です。

粉末ダシです


スープにカツオとサバの粉末を混ぜ、超弱火で30分。

おっ、タマネギそろそろいいですね?。


煮立たせてアクを取り、煮干と粉末を取り出し、また弱火に戻して1時間水出しした昆布ダシ、炒めたタマネギと合わせ、みりん、三温糖、黒糖、りんごジュースとミックスジュースまで!! ※ジュースの果糖は焦げやすいので注意!

沖縄黒糖


昆布だしです


 ↑ 昆布はまだ味が残っているので、これはこれでごま油、ニンニク、フォンドボー(牛ダシベースの物)、塩とあえて一品にします。

煮干ダシはグルタミン酸、昆布ダシはイノシン酸です。イノシン酸は相対的に微量でいいです。




↓ この大切りのタマネギは最後に使います。 

火を止める間際に入れ、蓋をしてじっくり冷まします。

水分だけ抜いてシャキシャキ感を出す。(漬物の原理です)

この大切りタマネギは漬物にして食感を残します。


じゃがいもは本能の赴くままに大きいもので結構です。


他にはこんな材料です。


 ↑ ダシだけちゃんと取れば、何を入れてもいいと思います。



ラードでジャガイモを炒めます。


 ↑ 開いた鍋で今度はジャガイモ炒め。油はなるべくヘッドかラードで動物性の物を。

こんにゃくは熱湯に通してレンジアップ


 ↑ コンニャクは湯引きして後で入れます。でないと、カルシウムで肉が硬くなるようです。

この揚げは欠かせません!!

臭み抜きです。

あ、、もう酒が無いや。今夜買いに行かないと。


 ↑ ナツメグを入れて、バーボンでフランベ。焼き汁が多く出ていると、火が付かずかっこ悪いので気をつけてください。

いいですね?。


 ↑ 梅干を入れて煮崩れを防ぎます。私は酸っぱい物が苦手なんですが、こうすると酸味と塩分が抜けてすんなり食べられます。

で、大切りのタマネギと薄切りのニンジン以外は全部入れ、火を通して沸騰したら…、

タマネギは罰としてピクルスになっていただきます。


 ↑ タマネギには罰としてピクルスになっていただきます。タマネギ(大切り)、醤油を入れてよく混ぜ、火を止めます。この段階で塩分は、かなりしょっぱい位がちょうど良いです。

ニンジンにも罰です。


 ↑ ニンジンにも罰です。暫く寝かせると塩分が回って綺麗なオレンジ色に変わりますよ。

おやすみ。オマエのこと、絶対忘れないよ…。 


 ↑ ゆっくり寝かせて冷めると味が染み込んで完成です。

御飯はこんもりと日本昔話風に!


ちょっと感動するおいしさですよ!!


ダシをちょっと残して、生春菊と紫蘇と長ネギのみじん切りをゴマ油と唐辛子であえたものを乗せてスープもどうぞっ!!


 ☆ 夏は冷やし肉じゃがはいかがですか? ☆

肉は豚肉の代わりに鶏肉を使います。鶏肉は冷めても油を舌で溶かせるので、冷めても美味しく食べられますよ。


 ☆ 冷やし肉じゃが煮こごりはいかがですか? ☆

上記のダシに豚骨からじ??っくり取ったダシを加え、冷えるとゼラチン質でゼリー状に!! インパクト大で美味!! こちらもお試しあれ!!

※冷やしメニューの場合動物性の油を控えて下さい。白く固まります。

せっかく日本人なんだから!!

より良い肉じゃがライフをお楽しみ下さいねっ!!

(^0^)/  肉じゃが命っ!







テーマ:手作りしましょ。 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2006/06/14(水) 00:57:34|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オーストラリア戦どうでした?

負けましたね。

き??!!

悔しいけれどしょうがない。

後半には既に、

7対3位でオーストラリアのぺース。

 ↓ 明日の肉じゃがのダシ用に煮干の下ごしらえをしながら見てました。 ↓

母方は広島なんで、じっくりダシをとるほうです。


左が煮干ダシ、右が昆布ダシ。




完全に相手の方が強かったです。

ジーコ監督や川口キーパ?に世論の批判が集まるんでしょうが…、



2点目、3点目なんかは特に、川口さんしょうがなかったと思いますし、苦渋の決断であの布陣を指示したジーコさんもしょうがなかったと思います。



それにしても解説って結構いい加減ですね (笑)

「日本は良いペースですね?」とか、

「自分のスタンスを保ってますね?」等と。

素人の私が聞いて、

「おいおい、そうかよ!? 押されまくってるじゃん! まずいんじゃないのっ!?」

ってずっと思ってました。




世論は何かと解りやすい責任を特定したがりますが、

今回は圧倒的な力不足なんじゃないんですかね?

監督やキーパーのみの責任ではありませんので、

あまり深く悩まず、

じっくり御養生下さいね。

また次回期待してます。

 ↓ こいつでサッカー観戦しました ↓ 
かなり多機能で、仕事にも大活躍です。


この写真は、ガチャピンみたいなヤツが一丁前に英語を教えている番組です。

昔、ブラウン管の向こうで一緒に同じ遊びをしていた、

しがない下積み時代のガチャピンを知る世代の私にとっては、

「は?、ガチャピン、偉くなったんだな。もうオマエにタメ口はきけねえな?。」と…、

ガチャピンさんが、

ちょっと遠くに行ってしまって、

ちょっぴり残念です。




 ……、

「おい、ガチャピン!!、いつでもいいからよ! 疲れたらっ! こっち戻って来いよ!!」

テーマ:ご飯日記(写真付き) - ジャンル:日記

  1. 2006/06/13(火) 01:20:21|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神様を信じない私の宗教観。

先ほど友人より、

宗教活動のお誘いがありました。

「今日?先生のビデオを放送するから??に来て欲しい。私のお願いじゃなくて、あなたの為なんだよ!!」

とのこと(笑)。



普段はわりと付き合いの良い私ですが、

この手のお誘いは、

お誘い当初よりスッパリお断りすることにしております。



6年位前、まだ私が学生の頃です。

友人で1級後輩の女の子から電話がありました。

「新田さん? 今から一緒に御飯食べに行きたいんだけど…、どう?」

おっ、なんだ、こいつ、

俺のこと好きだったのか…。 

かわいいヤツ。 

今夜はおしおきだな。

なんて思ったのもつかの間。



お店でテーブルに着くと、正面に、ちょっと怒った顔の知らない年配の女性がおいでになりました。

既にちょっとイヤな予感はしていたのですが、

案の定です。



でも、

せっかくだから楽しんで行こうとアグレッシブに気持ちを切り替えて、

女性に

「メニューです。何食べますか?」

「食事は後にして下さいっ!!」

「そう…、でも俺は飯を食いに来たつもりだから食べるよ。おばさんもお腹がすいたらちゃんといわなきゃダメだよ。あ、自分の分は自分で払ってね(笑)。」

すごい睨んできます。

とりあえず私はビールを注文します。

「飲み物もやめてください。失礼ですよ!!」

これはもうシカト…。

「おばさんの飲み物は? 1杯は何か注文しないと…、お店に悪いよ…。」

「いいんですっ!! 結構ですっ!!」


…、


「あっ、じゃあ、とりあえずお話をどうぞ…。」

ビールを呑みながらお話を一通り伺いました。

要約すると、どうやら、地震が来るようです。

その地震を回避して、あんたを助ける為に、私達の仲間になれと言って
います。

そこで私は、地震は周期的に来るものなので、地震の日時と震源地を特定してくれとお願いしたのですが、これは出来ないとのこと。

聞くことは大体聞きましたが、

返答内容はどんどん感情的になって行きます。

これに参加しないとあなたの今のビジネスが失敗する等、
最後はもうゴリ押しの力技です。


…、


この女性は、私の目で見て、不幸な方です。

この為に、自身の子、旦那様等、多くの人に失望されて、色々なものをなげうって、失ってきたことでしょう。

ですが、人生を自己満足であると仮定するならば、自分を不幸と思っていないこの女性は、不幸では無いはずです。布教活動に熱心に参加されている、少なくとも今のうちは…、

ですが、私にとって、この女性のことはどうでもよいことです。

そんなことよりも私は、この友人のことが心配です。

あの人の言ってることおかしいぞ。

なんて言うと、この友人のことも否定してしまう。

否定してしまうと、この友人は口をつぐんでしまう。

でも、ひょっとして、この友人は、彼女の今日のそのおかしさに気が付いていてくれているんじゃないのか?

なんて淡い期待もありました。

軽くジャブを出します。

「きっと俺の事をきずかって言ってくれたんだろうけど、あれじゃ伝わらないな。」

「そうなの。あの人すごいんだよ。新田さんも、そのことにいつか気付けるといいね。」

「 ………、  そうだな。」



彼女は世間の表向きの情報を疑わず、

真に受けて育ったのでしょう。

むしろ、疑うことは悪いことだとして、自身で考えることを諦めたのかもしれません。

そう、彼女を支配するものは、彼女の意思では無いのです。

但し、本人は自分の意思、もしくは自身で課した使命だと思い込んでいます。

ある意味、純粋なのかもしれませんが…。



私はこの友人に、

なんて教えればいいのか解らない。

何処から教えればいいのか解らない。

思い出に残る、

とても悔しい思い出です。



私は、神を自分以外の誰かだとおもいません。

もっと厳密には、神は、自分の心の中の良心だと考えています。

自分の解らないことはする必要がありません。

それをしようとするから何かにすがってしまう。

解らないことをしようとするから解らない人にすがらねばならなくなる。

こうなると、すでに自分の良心ではないので、ここからは宗教です。



私の良心は結構頻繁に私の私利私欲に負けます。

ただ、負けることが悪いのではなくて、例えば、良心に忠実に行動するならば、クライアントから料金は頂かず、ずっと仕事に明け暮れることとなります。

ですが、それでは続かないので、自分の生活の為に、やっぱりお金を貰わなくちゃということになります。

ただ、そのお金は私利私欲です。

でも、必要なものです。

要は、そのバランスが大切だということです。

だから、私利私欲に負けない(傾斜しない)為に、良心を磨かなくてはなりません。

その為には、勉強の為の資料が必要かもしれません。

必要だから買うのであって、同じ本を何冊も買う必要はありません。

ただ、宗教の本はあまり参考にならないかと思います。

筆者である宗教家は皆様を教化することに既に利害関係をお持ちなので…、

特定のイデオロギーに限らず、色々な分野の、色々な考え方の本をよめば良いと思います。



そして、

もっとも大切にしなくてはならないのは両親です。

あなたの崇拝する宗教の創設者ではありません。

ブッダでも、キリストでも、アラー等でもありません。

仮に彼らが実在したとしても、彼らはただの他人です。

もっと厳密に言うと、あなたを育てるために苦労してくれた人、産みの親と育ての親がいれば、大体のケースでは育ての親がそれです。

私の母親は状況によっては情緒が不安定気味になる場合があり、過度の過干渉も重なり、私はあまり自宅へ戻らなくなりました。

仮に居ても居間におりません。

食事は5分で済ませました。

世話になりたくない気持ちでか、なるべく御飯ばかり食べました。

今でも、間食は一切せず、大変に早飯です。

ダメな子になる黄金コースです。



以下プチコラム 
「 子供にとっては、母親が最も大きな影響を受ける人間ですので、この人格の一部でも否定せざるをえなくなった場合、もしくは自分でその必要性に気が付いた場合に、母親を批判し、本来自身があるべき姿へと修正を加えていくことは、子供にとっては大変な試練です。
 そして、この段階を経過出来なかった子供は、(A)突然に暴力性が突出するか、(B)もしくは引きこもりとなり、(A)(B)共に最終的には家庭内暴力を行うようになります。このケースで行くと、暴力の対象は母親となります。 」



でも、両親が世界で一番大切です。

辛い思い出もあったが不幸だったとは思いません。(今となっては。)

何故かと言うと、この経験を乗り越えたことが、今の私の土壌を作ったと思うからです。

ですが、部分的ですが、一連の環境は悪かったのです。

これはこれでしっかり自覚し、強く信念を待ち、何の過程に間違いがあったのかを哲学しなければ、間違いなく自身の子に連鎖します。



母親は私のことをずっと愛し続けているでしょう。

そして、母親にとってそれは、私の為にならない事だと気付かなかったのです。

ですが、

事実、

私を育てるために一番苦労してくれた人です。

ですから私は、

この母親を愛し続けます。



おっ、ちょっと話が飛びましたね。

でも、ブログは書き換えれるのがとても良いです。

メルマガなんて勢いで書いたのが即時全国配信されるんで、
翌日には「あ?、やっちゃったなー。」なんてしばし思います。

とりあえずこの辺でアップして、また翌日書き直しますね。

おやすみなさーい。

テーマ:虐待を受けた子供たちに何ができるか - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2006/06/12(月) 03:01:54|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いすずさんを御紹介いたします。

今日は友人宅の鍵の付け替えです。

GOALのディンプルキーに変えて、

ピッキング対策を強化しました。

実はこのお宅、

私が鍵を変えるのはもう3度目です(笑)。

これはスムーズに行くと5分位で終わってしまうんで、ちょっと物足りないです。


理由が気になりますよね。

でも、

聞くとたいした事情じゃ無いので、

私のことを可愛がってくれて適当に仕事をくれているのかな?? 

とも思います。

ありがたいことです。

↓ さて、その友人とは ↓
甲府の隠れ家的学び舎!!


当ブログにてコメントを打ってくださるマックさんこと、

いすずさんです。

ぶっかけ上手って言われます…、 ぽっ…。


ちなみに、

マックとは愛犬の名前。

来客に反応してひっくり返ったり、

足にしがみ付いてしょんべんを漏らす優秀な犬です。

嬉しくって嬉しくって、

もう、漏らさずにはいられない訳です (笑)。

テーマ:山梨 - ジャンル:地域情報

  1. 2006/06/10(土) 02:39:19|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハル君がワイロを持ってきました。

以前御紹介した友人の有泉晴樹(前号参照)さん。

いよいよワイロを持って来ました。

何のメリットがあって畑違いの私にワイロを持ってくるのか解りませんが…。



プルル…、電話です。

「ゆうすけ? 実は、要らない物があって貰って欲しいんだけど…。」

「また? いいよ。悪いから。売れるものなら売ってきてよ。どんな物なの?」

「クレープ焼き機なんだけど。
 まだ未使用だし、
 会員IDを伝えればネットで調理方法を教えてもらえるんだよ。
 ゆうすけの料理のレパートリーが増えると思って。」

「本格的じゃん。いよいよワイロの領域に来たね。そんな高価な物は貰えないよ。ゴメンね。」

「いや、もう現物を車に乗せて向かってる所。要らなかったら捨ててよ。」

さすがはタフガイ。

強引です。

↓ 実際のクレープ焼き機 ↓
クレープ焼き機というか、重い鉄板1枚です。


「機」と言うか、ただの重い鉄板に「トンボ」(生地を延ばす竹製のタケコプターみたいなもの)のみのしょぼいセットです。



ぱっと見て

「ハル君、これじゃ貰えるよ。ありがとう。」

「う?ん、買った時はトンボが2個付いてたんだけどね?。」

 …、そおゆう問題じゃありません。


「でも、生地がパリッと、薄く作れるんだよ!!」

「だって使ったこと無いんでしょ?」

「ああ、そうだった。」

 …、

「家庭用じゃ使わないな?。業者じゃないと。」

「今から的屋を始めればいいじゃないの?」

「…、(笑)。」 



そんな所で、この機材!? の貰い手を募集します。

▼こんな方にオススメです▼

・場所を取らない漬物石が欲しい方。

・むやみに重いものが好きな方。

・500円玉より紙幣のほうが価値があることをどうしても認められない方。



送料の御負担だけお願いいたします!

(凄く重いのでなるべくなら直に取りに来て下さいね。)

1ヶ月位問い合わせが無いと捨ててしまう可能性大です!!

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2006/06/07(水) 22:55:19|
  2. そのうち分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0